2017年03月10日

金融機関に属するFPと、金融機関に属さないFP その2

FPという職業の分類として、
・金融機関に勤めている、企業系FP
・金融機関に属さない、独立系FP(公正中立なFP)
2種類があります。

この2種類のFPに関するお話を、シリーズ化してしばらく書いていきます。
今回は、「独立系FPになる」ということについてです。


FPの勉強を積んだ方の中には、お金の知識を使ってたくさんの方の役に立ちたいという思いから、独立系FPを目指そうと考える方がいらっしゃいます。
今の会社を辞めて転職してでも、FPを目指そうという意欲の高い方もいらっしゃいます。

そう思って転職サイトに登録し、FPの職業を探すと、思わぬことに気が付きます。
それは、転職サイトにあるFPの仕事は全て「企業系FP」、すなわち金融機関に勤める立場でのFPなのです。
転職サイトには、いわゆる独立系FPのお仕事はありません。
それでも独立系FPを目指すなら、転職サイトを離れ、別の切り口で探すことになります。

いろいろ情報収集をしていった結果、独立系FPの多くの方は、どこかの会社に雇われているのではなく、個人事業主であったり自分で会社をおこすなどしていることを知ります。
(注:独立系FP会社で人材募集をしているところもあります。しかし、ほとんどの人の目に触れないところで告知されているうえ、大手転職サイトに比べると開示されている情報も少なく、閉鎖的な印象も受けます)

独立系FPとなるためには、独立しなければならないのか・・・
独立系FPの「独立」って、そういう意味だったの!?

という思いに至るでしょう。


つまり、独立系FPになりたければ、安定した収入は得られないということになります。
そうとわかると、独立系FPになることをあきらめる人がどんどん出てきます。
ごく一部に、どうしてもFPとしてやっていきたいという思いが強い方が、独立したうえで独立系FPとしての活動を始めます。
こうでもしないと、独立系FPになれないという現状が、あるのです。


以上のお話から分かるように、独立系FPには、そう簡単にはなれないのです。
正確に言えば、独立系FPになるには、独立してしまえば簡単になれます。
しかし普通は、安定した生計を立てられる前提で独立系FPになると考えますので、その前提の下では「独立系FPには、そう簡単にはなれない」という結論になります。

これが、FP業界の構図なのです。
期待を持った人にとっては、ちょっとがっかりする業界構図ですよね。

では、なぜ独立系FPになるには、こうもハードルが高いのか、その裏側について次回はご紹介したいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3/18(土)午前 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
FP技能士試験の合格に役立つ、様々な情報をお伝えする内容です。

●3/18(土)午後 家計診断で学ぶ、50歳からのセカンドライフ
お金の問題を抱えた50歳ご夫婦の家計を診断をし、家計の問題点と、
その解決法を導きます。FP相談事例を模擬体験できる内容です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2017年03月07日

金融機関に属するFPと、金融機関に属さないFP その1

FPという職業の分類に、FPとは
・金融機関に勤めている、企業系FP
・金融機関に属さない、独立系FP(公正中立なFP)
の2種類がある、という考え方があります。

企業系FPは、自身が属する金融機関の商品を売ることで収益を上げるのが一般的です。
一方で独立系FPは、顧客から対価を直接いただき、真に顧客のメリットになることを第一に考え、必ずしも金融商品を売らないと位置付けられています。

この2つの分類において、以上のように表現されることが多くあります。
この両者の違いについては様々に議論されていますが、これを踏まえて次のような考え方がなされている場面も多くあります。

・独立系FPは顧客の損得のために行動するが、企業系FPは金融商品を売りつけるために行動する
・企業系FPより、独立系FPのほうに職業として価値がある
・FPとして目指すべきは、独立系FPである

皆さんも、どこかでこのような趣旨の記事を見かけたり、会話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
企業にお勤めのFPの方も、心のどこかで、この感覚を持っているかもしれません。

実際、FPの勉強を積んだあとの次のステップとして、独立系FPを目指そうと考える人がある一定数いらっしゃいます。
ところが、実際にその道を進もうとしたときに、いろいろな壁にぶつかります。

金融機関に属さないFPになりたいけど、そう簡単には、なれないのです。

今後しばらくは、独立系FPになるための話題、企業系FPと独立系FPの違いについて、書いていきたいと思います。
FP業界の外側からFP業界を深く見たときの、独自の視点も交えたいと思っています。

この話題に関心をお持ちの方や、自分なりの考えをお持ちの方も多くいらっしゃると思いますので、配信の都度、ご意見などございましたら、お気軽にコメントをお寄せいただければと思います。
皆様の声をご紹介したりしながら(特にご希望でない限り匿名でのご紹介とします)、話を進めていこうと思っています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3/18(土)午前 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
FP技能士試験の合格に役立つ、様々な情報をお伝えする内容です。

●3/18(土)午後 家計診断で学ぶ、50歳からのセカンドライフ
お金の問題を抱えた50歳ご夫婦の家計を診断をし、家計の問題点と、
その解決法を導きます。FP相談事例を模擬体験できる内容です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2017年01月25日

フィンテックに取って代わられないFPとは(後編)

みなさま、こんにちは。
FPスキル活用勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、前回に続き、フィンテックの話題をお送りします。
前回は、次の内容についてお伝えしました。
・フィンテック(Fintech / FinanceとTechnologyの合成造語)とは何か
・フィンテックに関する事例(ロボアドバイザーと、住宅ローンに関するサービス)
・FPが考える、フィンテックに対するFPの優位性
・「FPはフィンテックによって置き換われるのではないか」という考えについて

前回の内容は、下記URLからお読みいただくこともできます。
http://blog.money-study.net/article/178452542.html


さて、本日は「FPが考える、フィンテックに対するFPの優位性」について、さらに考察してみたいと思います。
前回の内容から引用しますが、「FPが考える、フィンテックに対するFPの優位性」は次のようなものでした。

==============================
例えばロボアドバイザーに対するFPの優位性の例として、次の点が挙げられています。
・ロボアドバイザーは10程度の質問しかしないが、FPはもっと多角的な観点で投資家の分析と提案ができる。
・投資家が抱える問題点をヒアリングによって明らかにし、その問題を個別に解消できる
・ライフプランニングを考慮したうえで、今だけでなく将来に大切な投資の考え方を伝えることができる

住宅購入においては、次のようなFPの優位性が挙げられています。
・住宅購入に失敗した事例とを突き合わせ、様々な角度から住宅購入における問題点を分析できる
・住宅ローン以外に、保険や老後資金を含めたトータルアドバイスを行うことができる
==============================

以上の観点は、確かに現状のフィンテックサービスでは実現できていないことですし、FPの方々が大切に考え、質の高いサービスを提供するために説明されている内容でもあります。
しかし、この理屈には次のような問題点があります。


まず1つ目の問題点は、上記のFPの言い分は、一般個人からすれば過剰サービスに見えるという点です。
確かにFPの方と話をしながら進めれば、上記のようなメリットがあるかもしれませんが、通常、お客さんはそこまで見えていませんし、望んでもいません。
例えば、顧客は住宅ローンのことが気になっているのに、保険や老後のことまでコンサルティングします!と言われても、過剰なサービスに見えるので「不要」と判断されてしまいます。
それよりも、手軽にスマートフォンで自分に適するとされるポートフォリオや住宅ローンプランが提示され、それに納得できれば、顧客が抱える不安や疑問は解消してしまうのです。

この手軽さは、ビジネス活動を行う人間にとっては脅威と言えます。
FPに限った話ではありません。

例えば食べ物を例にとって説明しますが、皆さんが日々食べているものは、料理の専門家が精魂込めて作ったものというよりは、機械化された工程の中で作られたものであろうと思います。
また、わざわざお店に出向かず、インターネットショッピングで済ませることもあるでしょう。

このように、手軽にそこそこのレベルのものが手に入る世の中においては、わざわざ専門家のところへ行きたい、自分から足を運んでまで欲しい、という思いは小さくなってしまうのです。
ロボアドバイザーやスマホでのローン借り換えサービスは、このような消費者ニーズをくみ取って展開したサービスともいえます。

FPから見れば、こういったフィンテックサービスは低品質なもの、本質をとらえていないもの、という風に考えるかもしれません。
そう思えるのは、専門的な知識を身につけたからこそです。
消費者は、そのような視点で考えていないのです。
「スマホアプリを超えるハイグレードのサービスが世の中に求められている」と頭から考えていると、IT化の波にのまれてしまうかもしれません。

 
さて、2つ目の問題点を指摘します。

上記のFPの観点は、フィンテックサービスが今のまま発展しないということを前提にしています。
だからこそ、フィンテックサービスとFPが行っているサービスとの差に注目し、そこを優位性をとらえています。
しかし、その差はいずれ埋まるでしょう。

その差は、フィンテック業者も認識はしています。フィンテック業者がより優れたサービスを提供するため、さらにはフィンテック業者間での競争の中で、その差は埋まっていくものと思います。
人間ならではと考えていることであっても、今話題の人工知能や言語処理プログラムを応用することでコンピュータでも実現できることは多くあります。

人が、コンピュータと同じ作業、同じサービスを提供すると、どうしてもコストは高く、消費者がサービスを受け終えるまでの時間もかかってしまいます。
コンピュータと競合するサービスに携わるなら、コンピュータができない差の部分に注目することは大切です。しかしその差は時間とともに埋まってしまうので、人間事業者はその差を広げる、つまりより付加価値の高いサービスを提供していくことも大切です。
しかし先に述べたとおり、消費者からみて欲しいと思えない過剰サービスになってしまっていないかは、よく検討しなければなりません。


私は長年金融業界を対象にしたITビジネスに身を置いていて、その中で、FP業界の動きも見ています。
私が数年前から思っていることですが、企業系FP・独立系FPを問わず、FPの方がしている作業や提供サービスのうち、ざっくり90%くらいはコンピュータに代行させることができます。どうすればできるか、その方法もおおよそ確立されています。
幸いにも、まだそのようなサービスが浸透していない、そのようなサービスを提供する業者が登場していないだけ、ともいえますが、フィンテックの普及により少しずつ実現されているのが現状です。


今回も文章が長くなってしまいましたが、FPの方があまり認識していないけれども、フィンテック業界で認識されている内容を、お届けしました。

これを読んで、皆様もいろいろ考えられることがあるかもしれません。
私が上記で述べた内容を超えるFPサービスを、やはり実現できると考えている方もいらっしゃるかもしれません。
私自身はIT業界の立場から、フィンテックに取って代わられないFPの姿を考えているところです。


2/12(日)に開催する「フィンテックがFPのビジネス・FPの存在をどう変えるのか」の勉強会では、フィンテックを切り口にして、
・消費者に求められるFPサービスは何か
・FPは、フィンテックとどのように関わっていけばよいか
・FPの仕事は、フィンテック技術に取って代わられてしまうのか
という点について皆様と語り合い、一つの答えを出してみたいと思っています。
私のほうからは、ここで語り切れなかった話題もたくさん提供をしますし、この記事で触れた2つの問題点をどのように解決するかについても触れていく予定です。


今FPとして活動中の方、FPとして今後活動してみたい方など、このテーマに興味関心をお持ちの方、どなたでもご参加いただけます。

勉強会の詳細と、参加申し込みは、下記のご案内よりお願いいたします。
皆様のお越しを、お待ちしています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/12(日) フィンテックがFPのビジネス・FPの存在をどう変えるのか
 こちらは、姉妹サイト「ハイレベルFP勉強会」での開催です

●2/12(日) 住宅購入における家計分析・家計シミュレーション方法を学ぼう
 こちらは、姉妹サイト「ライフプランソフト活用勉強会」での開催です

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/life-plan/session/
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2017年01月18日

FPは、フィンテックに取って代わらるのか(前編)

みなさま、こんにちは。
FPスキル活用勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

最近、フィンテック(Fintech / FinanceとTechnologyの合成造語)という言葉がはやり、ITを活用した新しい金融サービスも登場しています。

このようにITによる新サービスが登場すると、「今の仕事がコンピュータに取って代わられるのではないか」という議論が巻き起こります。
やはりFPに関しても、「FPはフィンテックによってなくなる職業だ」などと言う人も現れています。


ここで、FPと関連のあるフィンテックについて、二つほど例を出します。

一つはロボアドバイザーです。これは、パソコンやスマホで10個ほどの質問に答えると、その人に適したポートフォリオを提案してくれたり、業者によっては投資を代行してくれるというサービスです。
これまでFPが行っていた資産運用アドバイスを、コンピュータが代行したうえで、投資開始後のフォローまで行ってくれるITサービス、という見方ができます。

もう一つは住宅ローンの見積もりや借り換えです。
FPは、顧客のライフプランをもとに、どのようにローンを組めばよいのかを提案したり、住まいの購入への不安に対してアドバイスを行うなど、顧客の住宅購入を後押しする存在です。
しかし、一般の個人が簡単に住宅ローンを比較できる、専用サイトや専用アプリが登場しています。さらに、ライフプランシミュレーションと組み合わせたローン返済プランを個人が検討できる環境も整ってきました。
このような状況から、FPによるサービスは不要になる、と考えている人もいます。


このような背景もあり、FPの業務がフィンテックに取って代われるのではないかと言われているのです。
しかし、そのような話に対して、FPが反論する記事も見かけるようになりました。


例えばロボアドバイザーに対するFPの優位性の例として、次の点が挙げられています。
・ロボアドバイザーは10程度の質問しかしないが、FPはもっと多角的な観点で投資家の状況を理解し、投資の判断や提案ができる。
・投資家が抱える固有の問題点をヒアリングによって明らかにし、その問題を個別に解消できる
・ライフプランニングを考慮したうえで、今だけでなく将来に向けての投資の考え方を伝えることができる

住宅購入においては、次のようなFPの優位性が挙げられています。
・金利だけでなく、ローンの金利以外の細かいサービスの違いを理解したうえで、顧客に適した住宅購入プランを提案できる
・住宅ローン以外に、保険や老後資金を含めたトータルアドバイスを行うことができる
・顧客の未来を共に創造したり、夢の実現を応援するという、心のこもったサービスを提供できる


このように、ITにはない優位性を、人間のFPが持っている一面があります。
ITサービスにはないことを行う付加価値は、FPならではの強みであることは間違いありません。

ところが、このような「フィンテックにはないFPのメリット」は、覆す余地が十分にあります。
なぜならこの理屈は、FP業界に閉じた範囲で考えたものだからです。
フィンテックの業界では、個人が抱えるお金の課題解決のため、もっと広い視野・ビジネスモデルで考えています。

次回、後編では、このようなFPの優位性のどこに問題があるのか、フィンテック業界ではどのようなことが考えられているのかを、お伝えしていきます。
文章が長くなりましたので、このテーマで2回に分けてお届けさせていただきますことを、ご了承ください。


一方で、これらフィンテック技術をFPが活用することで、FPビジネスにメリットをもたらす面もあります。
そこで2/12(日)に「フィンテックがFPのビジネス・FPの存在をどう変えるのか」というテーマの勉強会を開催します。
フィンテック技術の詳しい事例もご紹介しながら、フィンテックがFPにもたらすメリットや、FPの仕事はなくなるのかについて、考えていく内容です。
未来のFPビジネスへの影響やFPの在り方などを、みんなでディスカッションする時間もあり、内容の濃い貴重な機会となるでしょう。

ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加ください。
この勉強会の詳細と参加申し込みは、下記のご案内よりお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/12(日) フィンテックがFPのビジネス・FPの存在をどう変えるのか
 こちらは、姉妹サイト「ハイレベルFP勉強会」での開催です

●2/12(日) 住宅購入における家計分析・家計シミュレーション方法を学ぼう
 こちらは、姉妹サイト「ライフプランソフト活用勉強会」での開催です

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/life-plan/session/
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2016年03月27日

【ご案内】FP知識を深めたい方は、FP技能士試験の解説配信もご活用ください

みなさま、こんにちは。
FPスキル活用勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

姉妹サイト「FP技能士3級2級合格勉強会」のメールマガジンにて、前回2016年1月に実施されたFP技能士試験の過去問解説を配信しています。

この過去問解説では、多くの受験者が間違えやすい問題や、試験対策テキストでの対策が難しい問題など、一歩踏み込んで深い点を出題された問題を中心に、解説しています。

すでに資格取得済みの方にとっても、さらなる知識の拡充に役立てられます。
また、実務上の話題と関連付けて解説していますので、学んだ知識をさらに応用していくアイデアにも触れることができます。

 

メールマガジンは、下記URLよりご登録いただけます(無料です)
http://money-study.net/fp/info/mail-magazine.htm


5月末ごろまで過去問配信を行う予定ですので、ご興味ありましたらこちらのメールマガジンをご登録ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開催日時、場所が正式に決まり、参加申込も受付開始します。
改めてご案内いたしますので、予定の調整をお願いします♪

 
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス