2018年06月05日

動画の倍速再生と、早口のセミナー講師、メリット・デメリットが似ている

動画の倍速再生(1.2倍速、1.5倍速、などの高速再生のこと)は、短時間で動画を見られる事から、時間を有効に使いたい人にとって有益な機能です。
YouTubeなど動画配信サービスや、テレビの録画機器で、この倍速再生機能がついています。

この倍速再生は時間を効率よく使えるメリットがあるものの、音声が高速で流れるため、集中しなければ聞き取ることができません。
別のことをしながらの「動画のながら視聴」は、通常の再生速度ではできても、倍速再生するとそうはいきません。
ながら視聴ができなくなるというデメリットにはなるものの、見方を変えると、動画に対する集中力が高まるという効果を生みます。


以上のような話を先日聞いたのですが、これってセミナーでも当てはまると思いました。
ボリュームある内容を早口でしゃべるセミナーは、比較的参加者の食いつき度合いが高いですよね。
しゃべる内容についていかなければ話の内容も分からなくなるため、みんな真剣に話を聞きます。

内容の濃いセミナーにする一つの方法として「早口」って使えるなあと思いました。
だけど話についてこれなくなる参加者が増えてしまうと、セミナーの満足度も下がってしまいます。
参加者の年齢層が高くなるほど、早口を好意的に思わない人が増えていきます。

そのあたりのバランスをとるのも大切ですが、皆様もセミナーで話すときに、話す速さを調整することも、意識してみてくださいね。

私はどちらかといえば、ちょっと早口になる方かなあ(笑)
短い時間の間でいろいろなことをお話したい、っていう気持ちが、早口にさせているのかも。
その早口がいいのか悪いのか、改めて考えようと自分でも思いました(^_^)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
■6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
■7/22(日) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2018年05月26日

FP相談で大切なことは、対話を通した課題解決の提案

先日5/10(木)に、FP協会内部で行われている勉強会「スタディグループ」で、講師を担当しました。
国分寺SGという、東京都国分寺市で行われていた勉強会ですが、そこで「顧客が納得する、精度の高いキャッシュフローつくりのコツ」というテーマの中で、次の観点でお話をしていきました。

・キャッシュフロー表の意義やメリットは何か
・キャッシュフロー表をExcelで作ることと、専用ソフトで作る違いは何か
・FPがキャッシュフロー表作りで悩んでいるところは何か
・キャッシュフロー表で失敗したFPの事例
・顧客が納得するキャッシュフローつくりには、顧客とのヒアリングが欠かせない

このお話の内容の一部を、こちらでも共有してきました。
本日はこのシリーズの最終回です。


これまでキャッシュフロー表についていろいろ書いてきました。
キャッシュフロー表を作るときに大切なことは、何でしょうか?
年金知識、保険知識、投資に関する知識など、お金の知識はもちろん大切です。

でも、もっと大切なことは、顧客との対話によって
・顧客は、何に困っているのか、何が不安に思っているのか
・顧客が期待していること、興味を持っていることは何か
・顧客が持っているお金の知識や考え方
を把握することです。


顧客は、キャッシュフロー表が欲しいと思い、相談に来るわけではありません。
顧客が本当に欲しいのは、不安を解消するアイデアや、今抱えている課題を解決する方法、なのです。
キャッシュフロー表は、課題解決のための一つの参考資料にすぎないのです。

FP相談の中で作り出すべき雰囲気は、「顧客に情報提供をして、分からせる」ではありません。
「顧客と打ち合わせをして、これから何をするかを一緒に考える作戦会議」の雰囲気です。
顧客相談が上手なFPは、この雰囲気を作り出すのが上手ですね。

「顧客に寄り添うことが大事」といわれますが、一方的な情報提供では、寄り添う雰囲気は出ませんね。
FPと顧客が互いに話をしながら、一緒に一つのゴールを定義し、そのゴールに向かって一緒に走っていく雰囲気が、大切だと思います。

皆様が作るキャッシュフロー表の中に、顧客の課題を解決する要素は含まれているでしょうか?
顧客が前向きになれてうれしいと感じる要素も、含まれているでしょうか?
今後にFP相談をされる場合は、この観点を取り入れてみてくださいね。



このシリーズで、キャッシュフロー表をテーマにしつつも、FPとして大切な考え方について触れてきました。
この考え方は、FPスキル実践活用勉強会でも取り入れており、2,3ヶ月に1度の頻度で開催している「FP相談やってみよう」シリーズで、この考え方を学び体験できる内容にしています。
この勉強会に参加された方は、私が今回述べたような観点を勉強会の中で話していることに、気づいていただけたのではないでしょうか。

顧客と向き合って課題を解決するときに必要なのは、お金の知識も当然ですが、「顧客はそれを望んでいるか」「その提案を嬉しいと思うか」という心の通い合いのほうなのです。

この相乗効果が、FPとしての価値を高められるものとなるのですが、この感覚を学べる機会が、FP業界の中にもほとんどないのが残念です。
満足度の高いFP相談にはもれなく含まれている要素なので、多くのFPの方、またこれからFPを目指す方に体験しながら学べる機会を提供したいと思い、この勉強会を続けています。

この勉強会では、FPが行った悪い事例(問題がある事例)も、具体的に紹介しています(笑)
いい例と悪い例を見ながら、FPとしてのスキルアップに役立てていただければと思っています。

次回のFP相談やってみよう勉強会は、6/23(土)に「価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編」というテーマで開催します。
この勉強会の詳細と参加申込は、下記URLよりご覧くださいね。
https://money-study.net/schedule.htm

皆様のお越しを、お待ちしております!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
●7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2018年05月22日

キャッシュフロー表で失敗したFPの事例

先日5/10(木)に、FP協会内部で行われている勉強会「スタディグループ」で、講師を担当しました。
国分寺SGという、東京都国分寺市で行われていた勉強会ですが、そこで「顧客が納得する、精度の高いキャッシュフローつくりのコツ」というテーマの中で、次の観点でお話をしていきました。

・キャッシュフロー表の意義やメリットは何か
・キャッシュフロー表をExcelで作ることと、専用ソフトで作る違いは何か
・FPがキャッシュフロー表作りで悩んでいるところは何か
・キャッシュフロー表で失敗したFPの事例
・顧客が納得するキャッシュフローつくりには、顧客とのヒアリングが欠かせない

このお話しした内容の一部を、こちらでも共有したいと思います。

前回までで、「キャッシュフロー表を何のために作るのか」「こだわりのキャッシュフロー表」についてお伝えしました。
今回は、FP相談でキャッシュフロー表の使い方を誤り、顧客の信頼を損ねた事例についてお伝えしたいと思います。


キャッシュフロー表は、相談顧客のお金の課題解決につながるように作ることが重要です。
逆に、顧客の不安を増幅させたり、FPから受けたコンサルティングに妥当性がないと思われてしまうと、顧客からの信頼を損ねる結果となってしまいます。

まず1つめの失敗事例として、顧客が望んでもいないのに、いくつもの多様なシミュレーション結果を見せた事例です。
FPとしては、ローンの繰り上げ返済の有無による違いや、年金の繰上げ/繰下げによる違い、さらには物価上昇率が高まった場合や、思いがけず介護費用がかかった場合など、いろいろなお得な制度を紹介したり、数多くのリスクに備える大切さを顧客にしっかり説明したいと思って、たくさんの事例を当てはめて説明したいがために、このようなことを行ったというものです。

お金の勉強をしたFPはいろいろなことを知っています。
だからこそ、顧客に人生設計を立てることの重要性を説明したい、という気持ちになるのは分かります。

しかし、顧客からすれば、いろいろなグラフや表を見せられたものの、課題解決のために結局何が大切なのか、FPが次々に見せるどの資料が最も重要なのかが分からなくなり、FP相談に対する満足度が下がってしまったのです。

顧客が抱える課題を明らかにし、その解決策を伝えることがFPとして大切なことです。
顧客もそれを期待しています。
そうではなく、FP側が「情報提供」に徹してしまったことが、失敗の原因であったといえます。

このような接し方をするFPは、FPになって間もない人や、自分で行うサービスメニューが具体的に固まっていない人、また他のFPが書くのブログや記事に強い影響を受けてしまった人に見受けられます。


次に、顧客の信頼を損ねた別の事例をご紹介します。

キャッシュフロー表の作成にあたり、相談者の収入や支出の情報、さらには将来のライフイベントに対する考え方などを把握することが重要です。
そこでFPが、顧客から収入や支出の情報をヒアリングをしていきました。ところがその途中で、顧客が「そんなに個人の情報を聞き出して、どうするつもりなんだ!」と不信感をもってしまったのです。

その顧客は住宅購入の資金計画についてFPのところへ相談に来たのですが、住宅購入と関係のない将来のライフイベントや子供の人数などを聞き出されたことで、住宅とは全く関係のないもの売りつけられるような気がして、不信感を示したということなのです。

FPは、住宅購入後の資金計画(子育て費用や老後資金)のことも含めてアドバイスをしてあげたいと思っていましたが、そのことを事前に顧客には説明をしていませんでした。
顧客はてっきり、住宅に関することを中心に話を展開し、家を買っていいのかどうかの判断がもらえると期待をしていたのですが、この両者の間で「FP相談で一体何をするのか」という合意が取れていなかったのです。

キャッシュフロー表を何のために作るのか、その作成のためにどのようなヒアリングを行うのかを、事前に説明しておけばよかった事例ですね。
そうすれば顧客側にしても、期待を超える提案になったかもしれません。


今回は、キャッシュフロー表づくりの失敗事例をお届けしました。
キャッシュフロー表は、顧客の課題解決に有益な効果をもたらす価値のあるものです。
ですがその使い方を誤ったり、キャッシュフロー表の意義を顧客に説明しなかったら、逆に失敗してしまうこともあるということをお伝えいたしました。

皆様もキャッシュフロー表を活用されるときに、参考にしていただけますと幸いです。


なお、当勉強会でも、キャッシュフロー表を活用したり、顧客の相談事例に向き合うテーマの勉強会を定期的に開催しています。
次回は6/23(土)に開催しますので、ご都合付く方はぜひお越しくださいね。

次回はこのシリーズの最後として、FP相談における「顧客との対話」の大切さについて、お届けしたいと思っています。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
●7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2018年05月15日

相談内容に応じたこだわりのキャッシュフロー表を作ること

先日5/10(木)に、FP協会内部で行われている勉強会「スタディグループ」で、講師を担当しました。
国分寺SGという、東京都国分寺市で行われていた勉強会ですが、そこで「顧客が納得する、精度の高いキャッシュフローつくりのコツ」というテーマの中で、次の観点でお話をしていきました。

・キャッシュフロー表の意義やメリットは何か
・キャッシュフロー表をExcelで作ることと、専用ソフトで作る違いは何か
・FPがキャッシュフロー表作りで悩んでいるところは何か
・キャッシュフロー表で失敗したFPの事例
・顧客が納得するキャッシュフローつくりには、顧客とのヒアリングが欠かせない

このお話しした内容の一部を、こちらでも共有したいと思います。
前回は、キャッシュフロー表を何のために作るのか、というテーマでお伝えしました。
今回は、「こだわりのキャッシュフロー表」がテーマです。


そもそも、キャッシュフロー表にこだわりなんてあるの!?だいたい同じようなものでしょ!?と思われた方もいらっしゃるでしょう。
相談に来られた方のお金の課題解決のツールとして、キャッシュフロー表を使うわけです。
FPとしては、相談に来られた方がいちばん心に引っかかっている課題を重点的に解決し、アドバイスしたいと考えます。

したがって、キャッシュフロー表の中には、顧客の課題解決につながることが記載されていることが求められます。
例えば、介護にかかる費用を心配されている方であれば、介護にかかる費用をいつごろからどれくらいかかるのかを試算し、キャッシュフロー表に支出として計上してあげるとよいです。

保険の見直しのケースでは、世帯主(または配偶者)が亡くなられた前提において、家族死亡後の収入や支出の額を試算し、また支払われる死亡保険金も収入として計上し、適切な保障の保険に加入できるかをシミュレーションします。

このように、計算に加える収入や支出の項目を、相談内容に応じて変化させて計算できるスキルも、FPにとっては大切です。


私自身、多くのFPの方と接している中で、お客様からの相談内容が非常に多岐にわたっていることを実感しています。
専業主婦/共働き、賃貸/持家/老人ホーム/シェアハウス、多様な保険への加入意欲、結婚/離婚/相続、などなど、それぞれの相談事例で中心的テーマとなる内容も実に様々です。
それだけ、人々のお金の悩みは多様化しており、またそれに向き合うFPに求められる知識も幅広く深く求められているように感じます。

お客様一人一人に、納得感のあるキャッシュフロー表を作るためには、相談の個別ケースに応じたこだわりも必要でしょう。
多様な相談ケースにも対応できるFPが、増えてほしいと個人的には思っています。


このような背景もあって、FPスキル実践活用勉強会では、定期的にFP相談シミュレーション形式の勉強会も開催しています。
多様な相談ケースをご紹介しながら、FPとしてどのような考え方が必要であり、お金の専門知識を発揮すべきかを、みんなでグループワークをしながら考えています。
次回は6月に、FP相談シミュレーション形式の勉強会を開催します。詳細は、末尾のご案内をご覧くださいね。


軽くご案内を挟ませていただきましたが(笑)、こちらのSGでお話したことの内容の一部を、数回にわたって配信予定です。
次回はキャッシュフロー表つくりで失敗した事例とその原因について、お伝えしたいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2018年05月06日

取得したドメインが、過去にどんなサイトで使われていたか分かるサイト

あるFPの方に、ドメイン取得上の注意点についてお話する機会がありました。
今回は、そのお話の一部をこちらで共有します。

 
あるドメインが、過去にどんなサイトで使われていたかを調べられるサイトが、じつはあるのです。

例えばFPとして活動するため、新しいドメインをとってサイトを作ってみたところ、そのドメインは以前に消費者金融のアフィリエイトで使われていて、いろんなところからその手の方のアクセスが増えてしまった、なんてこともあるわけです。
そんな時、そのドメインが過去にどんなサイトで使われていたのか、どこからリンクされているのかを事前に調べることで、変なトラブルを防止できますね。

また、取得したドメインが、過去にGoogleから悪評価とみなされていた場合、SEO的にも不利に働きますので、注意が必要です。
Googleから悪評価とみなされるドメインかどうかは、以前にそのドメインが使われていたサイトの画面をチェックすることで、ある程度想像がつきます。

このように、ドメインの過去の利用状況が分かる、下記のサイトをご紹介しますので、気になる方は調べてみて下さいね。
https://web.archive.org/

 
ちなみに、私がこの勉強会で利用しているドメイン「money-study.net」は、過去に利用者がおそらくいない、ということも分かりました。
「お金の勉強」という考え方はかなり昔からあったと思うのですが、このシンプルなドメインをだれも使っていなかっんだー、という発見がありました(笑)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/23(土) FP相談:価値観の違う夫婦の夢を実現していくライフプランニング編
●6/23(土) FPとして知っておくべきお金の新制度&制度改正 クイズ形式勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス