2019年06月18日

最近話題の「老後に2000万円必要」に関して思うこと

「老後に2000万円必要」というフレーズが、大変世間をにぎわせていますね。

一人一人、収入も違えば支出も違う。
人生設計(ライフプラン)も違えば、安心や満足の基準も人それぞれ違う。
私は仕事柄、様々な方の個別の人生設計に沿ったライフプランニングに頻繁に触れています。

その立場から思うことは「老後に2000万円必要」という言葉は、将来への気付きにはなっても、信頼できる指針にはならないということです。

なぜなら、人によっては「老後に実は3000万円必要」かもしれません。
もしかしたら「1000万円あればよい」かもしれません。
また、将来のお金に心配な気持ちはあっても「老後にいくら必要か」なんて気にする必要すらない人だっています。そういう方が、不用意にこのようなフレーズに左右され、誤った判断をしてしまう可能性もあります。

メディアはこのネタでもちきりです。
私としても、これに関していろいろ思うことは山のようにあります。
ただ、私はこの手の論評に加わるのではなく、別のアプローチを考えています。
私は、一人一人の人生設計に沿ってお金のサポートを、ITを活用して支援する立場です。
その立場から、今回の話題に関して、

・一人一人が、自分はいくら老後に必要なのかを知ることができる
・「老後にいくら必要か」よりも、もっと大切なことに意識を向けられる

機能を、私がフリーソフトで開発しているライフプランソフトFinancial Teacher Systemに入れることにしました。

今週中にその機能をご提供できそうです。
ただ、その機能を付けても、

・その機能を、どのように使いこなせばよいのか
・お金の面で最終的に安心するには、どうしたらいいのか

は、少々複雑な話なので、リテラシーが高くないと答えを出せないところです。

なので、6/30(日)に行うライフプランソフト勉強会と、7月にできれば「老後2000万円問題」に関連した勉強会を開催して、まずはFPなどお金の専門家の方に情報提供をしていきたいと思っています。
「老後に2000万円必要」を超えるアドバイスができる人が増えてほしいですし、最終的には全ての人が安心できるお金の付き合い方を知って実行できるようになってもらいたいと思っています。

このような取り組みを行っていることを、まずは皆さんに知っていただければと思います。
そして皆さんも、不安を抱えている方に、一人一人の事情・人生設計も抱えたうえで、適切なアドバイス・不安解消の活動につなげていただければと思っています。

 
ちなみに・・・
ライフプランニング関連システムの開発を通して、人々の多様なお金の悩みに触れ、あらゆる方のお金の課題解決方法を考えてきた私の結論としては、「老後にいくら必要かは、そもそもこだわるところじゃない」なのです。

どうでもいいところに専門家も意識が行ってしまっているし、必要以上に話をややこしくする人たちが増えたのは、世間の動きを見てちょっと残念に思っているところ。
だからこそ、不安や課題を解決するためにもっと大切なところにこだわる人が増えるよう、私としての取り組みを行おうと思った次第です。

 
もひとつちなみに・・・
こういう取り組みを、事業として行っている人や会社があればいいのに、っていつも思うんですけどね(笑)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6/30(日) ライフプランソフトの新機能紹介と、FP相談での使いどころ
■6/30(日) FP相談の実践力向上!(ねんきん定期便&投資相談コンプライアンス)
■7/28(日) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■7/28(日) 身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■7/15(月・祝) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/15(月・祝) 難関FP1級学科で高得点を取るための合格ガイダンス会
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2019年03月04日

個人でライフプランを作れない人もいるので、FPの力がまだまだ必要!

私がフリーソフトで開発しているライフプランソフトFinancial Teacher Systemが、先日、日経WOMANの雑誌で紹介されました。
FPスキル実践活用勉強会でもお世話になっているFPの佐藤麻衣子さんのご協力もあって、ライフプランを立てることをテーマにした記事の中で、紹介をいただいています。

その雑誌の反響もあって、ライフプランソフトの利用者が急激に増えました。
多くの方に将来のお金について考えるきっかけになってほしいと思っているので、ソフト利用者が増えたのはうれしい限りです。

 
日経WOMANの内容を参考にしながら、自分のライフプランを作れた方が多いとは思いますが、利用者から次のような連絡もいただきました。

・ソフトが使いこなせなくてライフプランを作れないけど、どうしたらいい?
・ライフプランを作ったけど貯蓄がなくなる結果になった、どうしたらいい?

 
一つ目のソフトを使いこなせないという声は、ソフトの操作が難しいからだと思います。
当ライフプランソフトは、金融機関の中で使われるような詳細なシミュレーションができるのが特長です。
もとはFP向けに作ったソフトなので、設定内容も細かく調整できるようになっていますが、そこが初めてライフプランを作る人にとってはちょっとしたハードルになってしまっているようです。

二つ目の声は、将来の家計に問題があるのが分かったけど、どう改善すればよいかが分からない、というものです。
スキルを身につけたFPであれば、いろいろ解決案が出るでしょうが、一般の方はそれができず、解決の道が見えなくて困ってしまうのでしょう。

 
ライフプランをつくろう!と呼びかけるのは簡単でも、ライフプランを作るところまでサポートするのは簡単ではないなあ、とこの一軒で改めて感じました。
だからこそ、FPの皆さんが日々活躍されていらっしゃるわけですし、対面相談でヒアリングしながら将来について一緒に考えていらっしゃるわけですよね。

 
このライフプランソフトをフリーソフトで無料開放しているのは、「1億2000万人のお金の課題解決」という理念にもとづいてのものです。
全ての人のお金の課題を解決するには、すべての人が長期的な視点でライフプランを描けることが欠かせません。

私としては、ソフトをもっと簡単に使えるよう改修したり、ライフプランソフトの使い方をしっかりと利用者に伝えていく必要があると感じました。

FPの皆さんも、FPスキルを発揮しながら、ぜひ周りの人の力になれるように行動してほしいと思っています。
私はそのみなさんのお力になれるよう、勉強会の運営や、FPコンサルのノウハウの共有を、これからも続けていこうと思っています。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3/17(日) 家計シミュレーションソフトで損をしない住宅購入・住み替えプランを立てよう
■3/17(日) FP相談事例研究:全財産を1世代飛ばして相続させたいという相続相談編
■3/21(木・祝) 日経WOMANに登場FPが教えます!100歳安心のライフプランの作り方

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■3/21(木・祝) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■3/21(木・祝) 難関FP1級学科で高得点を取るための合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年11月30日

好きなことをして長生きできたら、素晴らしい人生かな、と思った出来事

今日は、個人的なお話をちょこっとさせていただきます。

この夏、我が家でカブトムシを飼い始めました。
親戚の方から「いる?」と言われて、もらったものです。

カブトムシなんて育てたことは全くなかったのですが、これを機会に飼ってみることにしました。
飼うと言っても、虫かごに入れて定期的にえさの昆虫ゼリーを入れ替え、土を霧吹きで湿らせて・・・を繰り返したくらいです。

そのカブトムシが、なんと先日の11月末まで生きてくれたのです。
普通、夏が終わる時期にはカブトムシは寿命を迎えるものです。
セミの鳴き声が聞こえなくなり、秋の虫の声が鳴りやんでもまだ、我が家のカブトムシは元気で生きていたのです。

もしかしたらお正月も一緒に過ごせるんじゃないかと思っていましたが、やはり自然の法則には逆らえなかったのか、寿命を迎えてしまいました。

 
我が家で買っていたカブトムシは、毎日おいしい昆虫ゼリーを独り占めしていました。
クワガタなど他の昆虫と取り合いすることもなく、好きな時に好きなだけ、おいしい食べ物を食べられる毎日でした。
ストレスのない一生を送ったことでしょう。

気が向いたら、広くはないものの、虫かごを自由気ままにお散歩もしていました。
木の上を歩き、土を掘って何かを探したり、落ち葉のトンネルをくぐってみたりと、カブトムシなりに楽しんでお散歩しているように見えました。
1回だけ、飼育ケースのふたを持ち上げ、脱走したこともありましたけど(笑)

ただ亡くなる1週間ほど前から、歩き方がぎこちなくなり、6本ある足の1本を動かせませんでした。
木から落ちてひっくり返ると、もはや自力では元の姿勢に戻ることも、できませんでした。
私も飼育ケースの様子を見る頻度が上がり、ひっくり返っていれば元に戻してあげる、を続けていました。
まるで、お年寄りを定期的に見回りながら、介護をしているような感じでした。

亡くなった日は、カブトムシは静かにじっとしていました。
寝てるのかなーと思って、ツンツンと突っついてみました。
いつもなら、突っつくと何かしら反応を示してくれたのですが、最後の日だけは、全く動いてくれませんでした。
弱っているなあと感じてはいたものの、あっさりと寿命を迎えてしまったことに、ちょっと驚きました。
まさに「ピンピンコロリ」です。

 
カブトムシの世話をした最後の1週間は、人間の老後と重ねるように、カブトムシを見ていました。
この飼育ケースは、いつも世話をしてくれる人がいる優良老人ホームのような環境でありながら、ずっと生まれ育った自宅のような環境でもありました。

食事も、昆虫ゼリーを毎日飽きずに食べていました。
好きな時に食べ、運動し、ボーっと過ごすこともできた老後だったでしょう。
最後まで、好きなことを自由にできる環境でした。
遊ぶお友達もできず、婚活する相手もいないところは、不満だったかもしれませんが。。。

カブトムシが亡くなったら、自然のカブトムシの幼虫がいそうな土の中に埋めてあげようと考えていました。
実際、その計画通りの場所に、埋葬をしました。
カブトムシ的、終活でしょうか。

 
現実にある人間の老後を考えると、生きるためにお金の工面が必要、住まいの確保に苦労する、時々訪れる怪しい訪問販売を追い払わなけれならない、健康を維持するためにも運動しなきゃいけない、認知症防止のため人との会話も絶やさないようにする、そういうたいへんなことも行いつつ、自分のしたいこともする。
なんて苦労の多い老後なのでしょう(笑)
自分の直系尊属を含め、私の周りでのびのび悠々と暮らしているお年寄りを見聞きしないだけかもしれませんが・・・

 
なので、このカブトムシのように、死ぬまでずっと好きなことをして暮らし、しかも圧倒的に長生きしたことが、ちょっとうらやましいと思ったのでした。
私もこんな老後を送れたら幸せかな・・・と思いますし、そういう老後を送るためにできることを、早いうちから考えておこうと思いました。

一言でいうなら「元気で長生きできるライフプランニング」という言葉がぴったりですね。
カブトムシの一生を見とどけながらも、最後に頭の中に浮かんだのがライフプランニングという・・・
これはもう、職業病なのかもしれません(笑)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
税や社会保険などFP6分野にわたる制度改正を、広く深く学べる内容です。
時代に合った提案ができ、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
グループワークや相談シミュレーションの形式も採用し、皆さんで楽しく
議論しながら、老後生活に関するFP提案スキルを高められる内容です。


<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■12/16(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■12/22(土) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1月予定 FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年09月29日

若い世代への金融教育は、そのコツと情熱があれば、必ずできるようになります!

金融教育に関連して、下記の記事を読みました。

「18歳成人」で詐欺被害増加!?若者への経済リテラシー教育が急務だ
https://diamond.jp/articles/-/178696

まだまだお金のことに慣れていない若い人たちが、だまされたり損をしている事実に目を向け、若い世代への金融リテラシー向上が大切だ、という趣旨で書かれています。

 
若い世代の方が、言葉巧みに騙されたり、儲かると錯覚してしまって損をしてしまう、という事例は昔からあります。
この記事でも、その点が指摘されています。
小さい子供をお持ちの方は、子供が将来、同じような目に合うのではないか、と心配されるかもしれません。

皆さん自身も若いころを振り返っていただくと、十分なお金の教育を受けていない・・・と思う人が多いのではないでしょうか。
それと同じことが、私たちの子供の世代にも言えるなら、心配になるのもわかります。

 
私が多くの人にお会いしている中でも、若い世代への金融教育は重要だ、お金のことを学ぶ機会は若いうちからあった方がいい、と考える人は多いですね。
ところが、自らその金融教育に乗り出そうと考える人は、少ないのです。

金融教育の実施が難しいと思うのは、金融教育の授業を見聞きしたことがなく、自分でもやったことがないから、が理由なのではないでしょうか。
ならば、金融教育の授業を体験し、その実施のコツを理解できれば、金融教育を行う人が増えるのではないか。
金融教育の大切さを理解し、実践する人が増えれば、若い世代への金融教育も普及していくのではないか。

という考えもあって、FPスキル実践活用勉強会では「これを真似をするだけで、あなたも金融教育を実施できる」という一つの授業例を取り上げて、金融教育をテーマにした勉強会をたびたび開催しています。

次回は10/21(日)に「若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう」というテーマで勉強会を開催します。
グループワークで楽しく学べる進め方も、真似していただけますよ。

定員の半分近くが埋まりましたが、まだまだ参加者募集中です!
詳細なご案内と参加申し込みは、下記URLよりご覧ください。
https://money-study.net/schedule.htm

若い世代への金融教育に興味関心をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
皆様のお越しを、お待ちしております!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

<姉妹勉強会のご案内>
■11/10(土) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■11/10(土) 難関FP1級学科で高得点を取るための合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年09月15日

「電力を20%減らそう」の難しさは「支出を20%減らそう」と似ている

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

先日の北海道の地震で、電力供給の点でも被害が出ています。
火力発電所が稼働できないことで、北海道の全域に十分な電力を供給できていません。
そこで北海道地域の方に「20%の節電を」と呼びかけています。
20%の節電ができれば、電力消費のピーク時にも何とか電力を供給し続けられるからです。

ところで、「電力を20%削減」と言われて、皆さんは自分の家庭の消費電力を20%減らすことを、確実に実行できるでしょうか?
電気機器の使用時間を減らしたり、一部の照明をOFFのままにしたり、待機電力を減らすためにコンセントから抜いたり、といったことをして対応すると思います。
しかし、本当に20%削減できたのかどうかは、確認のしようがないですよね。
「たぶん2割くらい減ってるだろう」という気分・感覚で判断するしかないでしょう。

 
これは、FPの方が家計相談で「支出を2割減らしましょう」と言って、なかなか簡単には実現できないのと似ていますね。
なぜできないかといえば、何にどれだけ支出しているかを、数値で把握できていないからです。

外食を控える、おしゃれをちょっと控える、無駄な会員制サービスを解約する、といったことで支出削減を実現しようとします。
しかし、それで本当に支出全体の2割を減らせているのか、不透明な場合も多いものです。

ですから、支出を2割減らすためには、まずは支出の内訳を理解することが欠かせません。
(家計簿をつけて、支出を見える化するのが第一歩ですね)
そのうえで、何をすればどれくらいの金額削減になるのか、という対策案を積み上げて、合計の節約金額が全支出の20%を超えることを確認し、以後はそれに沿って実行する(FPの方は実行支援)ことで、ようやく本当に支出の2割削減が実現できるわけです。

 
「電力を20%節電」もこれと同じです。
家庭内で、何にどれくらいの電力が消費されているのかを数値でつかんだ上で、節電策を検討し実行しないと、正しく実現ができません。
そのためのツールとして、コンセントに差し込んで使う電力測定機器が、最近は多くの店で売られています。
amazonで「消費電力 測定」と検索すれば、関連商品がたくさん見つかります。

ご自身の消費電力が気になった方は、利用してみて下さい。
消費電力量が正確にわかると、自分の節電策がただの思い込みだった、ということがたくさん発見できますよ。

 

消費電力と家計支出を例にとりましたが、見えないものを見えるようにすることは、正しく判断し行動するために必要です。
これは、節電や支出の削減以外にも、役に立つ発想ですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計