2018年07月03日

「定率引き出し」は、FPの提案としては適切ではない、という考え方

前回に続いて今回も、資産を取り崩す老後生活の話題にします。
前回は、下記の記事をご紹介しましたが、今回はこの記事で触れられている「定率引き出し」について考えます。

退職後は運用しつつ引き出す 「タコ足投信」悪くない
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31648350S8A610C1000000

この記事の2ページ目後半から3ページ目にかけて、資産額の2%とか4%とかを引き出して老後生活を送ることについて書かれています。

この記事では、資産額の一定割合を引き出すことで、資産を長持ちさせる効果があると述べられています。
なぜそうなるのかについて記述がないのですが、ドルコスト平均法と同じ考えに基づく考え方であり、相場が上下変動する前提においては、定額で引き出す場合に比べて定率で引き出したほうが、資産の額を維持し続ける効果があります。
(詳細は割愛しますが、一定の条件下で比較すればそういう結論が導かれると、ひとまずこの場ではとらえてください)

 
この話を聞いて、定率引き出しという手法に魅力を感じる方もいらっしゃいます。FPの方でも、この話に感動される方もいらっしゃいますね。
ですが、これは定率引き出しの一面だけを見ての判断です。実はライフプランニングを考える場面では、定率引き出しには致命的なデメリットがあります。

そのデメリットとは、事前に支出額が確定できない(支出の計画を立てられない)、相場の状況によって使える金額を変えなければならない、ということです。

将来のお金の使い方を考える場合、一般的には支出額を予定し(予算を決める)、その枠内に収まるように支出計画を立てて日々を過ごします。
FPが家計診断をするときには、王道の方法ですよね。
しかし定率引き出しだと、相場環境が悪くなったら取り崩し額を抑えなければならないので、場合によっては「いつもの食事を我慢する」「定期的な通院を我慢する」などしなければならなくなってしまいます。

こんな暮らし方を、世間の人が望むとは考えられないです。
たとえ、資産額の減少を減らしたい、というニーズがあったとしてもです。
ある意味無計画な暮らし方を要求する方法論ですから、これをFPが責任をもってサポートする内容としては不適当だと感じます。

 
関連して、そもそもの話になりますが、相場環境によって以後の老後資産の取り崩しに影響が出る(老後生活が危機に陥る)可能性があるならば、そのお金はリスク商品に投じてはいけません。
FPとしてお金を切り口に人生のサポートをするならば、運用しない選択肢も提案できなければなりません。

 
老後の資産取り崩しがテーマの話題ではありますが、紹介した記事に定率引き出しについて書かれていたので、この点についてフォローが必要と思い、今回の話題をお送りしました。

次回はこのシリーズの最終回として、資産を取り崩したい生活者に対して、証券会社側のサービスが不十分な点について、書いてみたいと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

<姉妹勉強会のご案内>
■7/22(日) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年06月08日

チケットショップの値段の差。お得な方法を知れば家計も改善

今日は、ちょっとした家計改善のネタです。

私は京都出身で、ときどき京都へ行くことがあるので、チケットショップで東京−京都間の新幹線チケットの価格をよくウォッチしています。
東京−京都間の指定席の正規料金は片道13700円くらいですが、最近の新宿チケットショップの価格は11900円くらいです。
千の位が1になることはなかなかないので、今が底値かなーと思ってます。

ところが池袋のチケットショップでは、同じく東京−京都間の新幹線チケットが12900円くらいで売られていました。
1000円ほどの価格差です。
往復なら2000円の差、家族4人で出かけるなら8000円の差です。
お得な旅行をしたい方は、参考にしてください〜

ちなみに、他の新幹線の区間も同様に、池袋で売られているほうが高額でした。
新宿と池袋とで、これだけ価格差が違うことにちょっと驚きました。
新宿のほうが、価格競争が激しいのでしょうかね。

 
このチケットに限りませんが、同じ商品が場所によって異なる価格で手に入ることがあります。
モノやサービスの内容が少し違うだけで、値段に大きな差が生じる場面もあります。

限りある貯蓄や財産を有効に活用するためにも、支出を抑える方法をたくさん知っておくことは大切ですね。
自分の家計を改善することができますし、周りの人たちのお役に立てる場面も増えますからね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
■6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
■7/22(日) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年05月12日

キャッシュフロー表は、何のために作る?

先日5/10(木)に、FP協会内部で行われている勉強会「スタディグループ」で、講師を担当しました。
国分寺SGという、東京都国分寺市で行われていた勉強会ですが、そこで「顧客が納得する、精度の高いキャッシュフローつくりのコツ」というテーマの中で、次の観点でお話をしていきました。

・キャッシュフロー表の意義やメリットは何か
・キャッシュフロー表をExcelで作ることと、専用ソフトで作る違いは何か
・FPがキャッシュフロー表作りで悩んでいるところは何か
・キャッシュフロー表で失敗したFPの事例
・顧客が納得するキャッシュフローつくりには、顧客とのヒアリングが欠かせない


この内容の一部を、こちらでも共有したいと思います。

キャッシュフロー表は何のために作るのでしょうか?
その答えを私なりに簡単に説明してみたいと思います。

まず一つ目は、「将来の貯蓄の変動を確認するため」。
もし将来に貯蓄が底を尽きると分かったら、今のうちから手を打てますね。
貯蓄がいつごろ、どれくらいの額不足するのかわかれば、それをどのように回避すればよいのか、生活設計をどう変えていけばよいかのヒントになりますね。

二つ目は、「自分の家計の正確さを再確認するため」
キャッシュフロー表を作るためには、収入や支出の金額が明らかにならなければなりません。
家計の基本となる数字を、自分で正しく把握できているかを再確認することができます。
現状を正しく理解できていないと、問題の対応策を考えたところで、絵に描いた餅となってしまいますから。

三つめは、「自分の将来設計を考える機会とするため」
家をいつ買うのか、何歳まで働くのか、といったライフイベントを思い描き、将来の夢とかやりたい事を頭の中で整理する機会になります。


この3つの目的を掛け合わせることで、お金を切り口として顧客の夢を後押し、問題を回避できる家計の考え方や、よりよい人生設計をコツを伝えることができるわけです。
FPは、保険、投資、住宅購入などのお金の知識を生かしてアドバイスをする職業、といわれています。
もう少し踏み込むと、相談される方の夢を実現する役割でもあるわけです。

それを達成する道具として、キャッシュフロー表を活用することができるのですよ、というお話を説明しました。

キャッシュフロー表の作成は、FPのスキルを発揮した、FPらしい業務といえます。
ただしその価値は何なのかを、正しく相談者に伝えることが大切ですし、そのうえで相談業務の中でキャッシュフロー表を活用していただきたいと思います。


本日は、FPの基本を再確認するような内容でしたね。
次回も、こちらのSGでお話したことの内容の一部を、共有する予定です。

久しぶりのシリーズ投稿ネタとして、何回かに分けて書こうと思っています(笑)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年02月03日

子供のお小遣いは、どのようなルールであげるべきか

以前よりご案内を差し上げておりますとおり、2週間後に下記のテーマで勉強会を開催します。

・若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

今回の勉強会は、高校生向けの金融教育をテーマにしたものです。
金融教育としてどのような授業を展開すればよいのかを、体験しながら学べる内容になっています。
中学生、大学生、若い社会人を対象にした金融教育にも応用でき、FPとしての活動の幅も広がると思います。

まだ参加申し込みを受け付け中です。
ご興味をお持ちになりましたら、下記URLよりお申し込みくださいね。
https://money-study.net/schedule.htm


さて、今日は子供の金融教育に関連して、お小遣いの話題をお届けします。

子供へのおこづかいのあげ方として、代表的なのが次の3パターンです。
・毎月定額制
・必要に応じて、都度渡す
・お手伝いをすることでおこづかいが増える、歩合制

このそれぞれにデメリット、デメリットがありますし、どのあげ方を選択しているかは家庭によってさまざまでしょう。
先日の勉強会後の懇親会でも、おこづかいのあげ方の賛否についていろいろ話が出ました。

懇親会に参加者の方のお一人は、必要に応じておこづかいを渡す方式を採用しているとのことでした。
この方式は、おこづかいを渡すタイミングで、計画的にお金を使おうとしているのかどうかをチェックできる一面があります。
しかし、子供が「お金をほしくなったら親に言えばいい」という習慣づけになってしまうのではないか、と心配する声もありました。

また、お手伝いに応じておこづかいを渡す歩合制の場合は、誰かの役に立つことでお金をもらえるという経済社会の縮図を家庭で学ばせることができる一面があります。
一方で、お金をくれなかったら何もしない、お金のために行動する、というように子供が学んでしまわないか心配する声もありました。


このように、おこづかいをどの方法であげるかは、親も悩むところですね。
ですが、おこづかいは子供の金融リテラシーを高めていける、よい機会にもなります。
こどもがお金のことを勉強できる機会を、うまく作っていきたいですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●3/17(土) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●3月中旬(予定):受験前に役立つ情報満載!FP3級2級合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年01月25日

移住に関するライフプランニング、移住後の収支の見積もり

先週に開催した勉強会の懇親会で、移住が話題に出ました。
ライフスタイルの変化や、あこがれの暮らしを実現するために、移住を選択する方もいらっしゃいます。

その懇親会の時には、移住のメリットだけでなく、注意点や失敗談についても話題が広がりました。
そのときの内容を、こちらでも共有したいと思います。

 
移住といえば、都会から田舎へ、というイメージが強いと思います。
老後に静かなところで暮らしたいとか、子供と一緒に自然がたくさんあるところで暮らしたい、という理由で移住するする人もいます。

一方で、次のような理由で、田舎から都会へ移住する方もいます。

・車が必須の地域から、電車で気軽に移動できる環境に住み替えたい
・スーパー、病院、娯楽施設が近くにそろう便利な環境で暮らしたい

暮らしに関する希望は人によって実に様々ですね。
ですが、現実としてお金の問題が切り離せません。
移住におけるお金の心配として、例えば次のようなものが挙げられます。

・移住先での収入源をどうするか
・現地での生活費はどれくらいになるか(今とどれくらい変わるのか)
・予想外の支出として、どのような費用を見積もっておけばよいか

どこで暮らしていくにも、収入と支出のバランスは切り離せない問題ですよね。

移住を希望される方へのライフプラン相談では、単に収入と支出の金額を予想して当てはめるだけではなく、どのような暮らしをするのかをしっかり見定めたうえで、できるだけ精度高く家計のやりくりを見通しておくことが重要です。

・住まいにかかる費用を、現地の不動産屋で事前に確認する
・スーパーで売られているものの価格を確認し、生活費の変動を予想する
・日々の生活でどれくらい移動するかを予想し、ガソリン代やバス代などの交通費を予想する

といったチェックにより、移住後の生活費を精度高く予想できます。
このような観点を持って、移住の資金計画を行うとよいでしょう。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●3月中旬(予定) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●3月中旬(予定):受験前に役立つ情報満載!FP3級2級合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計