2013年07月03日

5月のFP技能士試験の合格発表が行われています

本日は5月に行われたFP技能士試験の合格発表の日です。
きんざい、FP協会の両サイト上にて、受験番号をもとに合格したかどうかが分かるようになっています。
受験された方は、お早目に合否の確認をしておきましょう。

みごと合格された場合には、合格証書が後日郵送されますので、到着をお待ちください。
3級に合格した方は、興味があれば次に2級にチェレンジしてみてください。3級と2級とで試験の範囲はほぼ同じです。ただし、より深い知識が求められますが、3級合格直後であれば学んだことを思い出しやすいですから、合格しやすくなるはずです。
2級に合格した方も、1級やCFPなど上位の資格も興味があればチャレンジしてみてくださいね。
より高い専門性を身に着けることもできますよ。

一方で不合格だった場合には、次回の試験にぜひトライしていただきたいと思っています。
勉強してきた記憶が残っている今の段階で、再度学習を重ねることにより、さらに合格に近づきますからね。
数回の受験を経て合格された方も多くいらっしゃいます。あきらめずに目標に向かって努力を続けることも大切だと思います。

笑いあれば涙ありの合格発表ではありますが、合否のいずれの結果に関わらず、受験された皆さんにとって一つのステップとなり、次のステージへの第一歩となることを期待しております。

今後も当勉強会は継続して開催をしていきます。
一人でも多くの受験者の方が、合格に近づけるきっかけとなれるよう運営を続けていきたいと思っています。
次回の勉強会の参加申し込みも現在受付中です。9月に受験される方でご都合がつきましたら、ぜひご参加いただければと思っています。
難しい内容も、楽しく学べる環境で学習していく勉強会ですので、よろしくお願いします!


=================================================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
ファイナンシャルプランナー資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。

■8/24(土) 3級2級頻出重要ポイント対策勉強会(前編)
■8/31(土) 3級2級頻出重要ポイント対策勉強会(後編)
■8/31(土) 2級応用問題/難問攻略勉強会

いずれの勉強会も、学科と実技の試験対策を含んでいます。グループワーク形式もあり、参加者同士で交流や情報交換しながら、楽しく学べる勉強会です★

皆様のご参加をお待ちしています。参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士試験関連

2013年06月03日

FP2級からFP1級までの取得の道のり

先日の試験で2級に合格したので、次に1級の取得を目指したいと考えている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、2級を取得したひとが1級を取得する方法についてお伝えしたいと思います。

FP2級取得者が、FP1級の資格を取得する方法は、次の2通りがあります。

・CFP→1級実技
 2級取得⇒AFP取得⇒CFP合格⇒1級実技合格 という方法です。
・1級学科→1級実技
 2級取得⇒1級学科合格⇒1級実技合格 という方法です。

この2つの方法の特徴や違いについて下記で説明していますので、どちらの方法での取得が向いているかを、皆さん自身で考えるきっかけにしていただければ幸いです。


■CFP→1級実技

2級取得⇒AFP取得⇒CFP合格⇒1級実技合格

という順序を経て、FP技能士1級を取得する方法です。
こちらの方法は、おもにCFPの資格と1級技能士の資格を両方取得することを目指す人たちが、選択しています。
まず、2級取得後すぐにAFP資格を取得します。AFPの資格を取得したら、CFPの受験資格が得られるので、そのままCFPの6課目を受験し、すべてに合格をします。この6課目の合格により、1級実技試験の受験資格が得られ、実技試験に合格することで、正式に1級技能士の資格を取得できます。

CFPの6課目に合格した日の翌々年度末までの間であれば、1級の実技試験の受験資格が得られます。
なお、CFPの6課目に合格すればよく、CFPの資格を取得する必要はありません。(CFP6課目に合格した後に研修を受け、FP協会に既定のお金を払うことで、正式にCFPの資格取得となります。6課目の試験に合格しただけではCFPの資格を取得したことにはならないことに注意が必要です。)

こちらの方法は、CFPとFP1級のダブルライセンスを効率よく取れるメリットがあり、両方の資格を取っている人はほとんどこの方法で取得しています。

一方、後述の1級学科に合格する方法よりも、多くの費用が掛かってしまうというデメリットがあります。
こちらの方法では1級実技試験を受験するまでに、AFP取得のためにかかる費用(約2万円)、AFPの年会費(毎年12000円)、CFPの6課目受験料(最安で25000円ほど)が必要になります。
また、CFP合格に向けて学習するときに使うテキストや過去問も、1分野ごとに値段がついているので、一通りそろえると2万円ほどにはなってしまうと思います。



■1級学科→1級実技

2級取得⇒1級学科合格⇒1級実技合格

という順序を経て、FP技能士1級を取得する方法です。
こちらの方法は、CFPの資格を取得するつもりがない人、とにかく最短で1級の資格を取得したい人に向いています。

CFP6課目合格を経る方法と比較し、学習の量はやや少なくてすみます。かといって、楽に学びきれるものではありませんが・・・。
1つの学科試験に合格すればすぐに実技試験の受験資格が得られので、学科試験に合格する自信がある人、急いで1級を取得したい人は、こちらの方法が向いています。
また、1級実技試験を受けるまでに必要なお金も少なくて済みます。1級学科の受験料は8900円、1級学科対策の資格テキストと問題集がそれぞれ4500円ずつくらいかかりますが、CFPを経由する方法に比べて少ない費用で取得ができます。

一方のデメリットとして、CFPは1課目ずつ合格していくことができますが、1級学科試験は6分野がまとめて出題される1回の試験で合格点に到達しなければなりません。1分野ずつ合格していくことができないので、再受験の場合は再び6分野の試験をクリアしなければなりません。
また、これが一番のネックになろうかと思いますが、1級学科試験対策のテキストや問題集だけでは十分な合格圏に届きにくいという問題があります。
市販されている1級学科試験対策のテキストの数は少なく、またそのテキストに載っていない事項が実際の学科試験で多く出題されているのが現状です。試験対策テキストが充実しているCFP試験とは、ここが大きな違いになります。

また、1級実技試験合格後に、CFPの資格も取得したくなった場合、改めてAFPの取得と、CFP6課目試験の合格が必要になります。ダブルライセンスを目指す場合は、「CFP→1級実技」の方法よりも経る過程が増えてしまう点に注意が必要です。


以上が1級取得の方法についての説明でした。
1級までの道のりは、3級⇒2級 のときよりも長く難しいものではあります。今後1級を目指し、より高度な資格を武器に活躍していきたい方は、以上の内容も参考にしていただければと思っています。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士試験関連

2013年06月01日

FP技能士2級取得者がAFPを取得する方法

FP技能士2級または1級の資格を取得した後、AFPの資格を取得するまでの方法について説明します。
先日の5月試験で2級の合格が予定されている方、またすでに取得済みだけれど、AFPの取得方法がわからない、という方のご参考になればと思います。


■AFP認定研修の修了

まず最初に、「AFP認定研修(技能士課程)」を受講します。どこで受講できるかは、下記URLに列挙されています。
https://www.jafp.or.jp/learn/auth/nintei.shtml

AFP認定研修の期間は1年間です。認定研修開始1年以内の間に、認定研修の講座を修了しなければなりません。ただし、研修の期間は最短でも1か月はかかるものとなっています。

認定研修においては、提案書を提出する必要があります。提出しないと認定研修は修了となりません。
なお、提案書提出後に、採点まで2週間ほどかかる場合があります。
たとえば、近いうちにCFPの受験予定があり、早急にAFPを取得しなければならないといった場合は、提案書も早急に提出するようにしましょう。


■AFP登録手続き

AFP認定研修修了日の翌々年度末(3月末)までに、FP協会に対して、AFP登録手続きをする必要があります。
このAFP登録手続きの期限を過ぎた場合、AFP認定研修を再受講しなければならなくなりますので、注意が必要です。


■AFP登録までにかかる費用

AFP認定研修:最安で1万円弱。内容によっては3万円のものもあります。
AFP登録:年会費12000円(非課税)が必要です。


■まとめると
2級取得後にAFPを取得するには、特別な試験などはなく、AFPの講座を受けたあとにFP協会に登録するだけでAFPを取得できます。
そのために幾分かの時間と費用が掛かりますが、AFPの取得を計画している方は参考にしてみてくださいね。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士試験関連

2013年05月30日

5月のFP試験を実際に解いてみました

前回のブログ記事で、FP相談業務についてこれから書いていくと書きましたが、もう少しだけFP技能士試験関連について書きたいと思います。
5月試験のことや、2級取得後に1級、AFP、CFPを目指す方向けの記事も書きたいと思いますので、来週くらいまで試験関連の話題にしたいと思います。
それ以降は、FP相談業務について書いていく予定です。


さて、先日5/26(日)に実施されたFP技能士試験の問題と模範解答が公開されました。
どんな試験だったのか、興味がある方はきんざいやFP協会のサイトでご確認ください。

私もいつものように、問題をダウンロードして全ての問題を解きました。
2級と3級のそれぞれで、学科も実技も、実技試験はきんざいもFP協会もすべて解きました。

今回の試験の私個人的な手ごたえですが、3級と2級共に、わずかながらマニアックな難問がありましたが、全体としては標準的な難易度だったかな、と感じました。

今回の試験の内容を踏まえて、当勉強会で扱う問題を一部リニューアルするとともに、多くの受験者が悩んだと思われる問題については、追ってブログでも解説をしていきたいと思います。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士試験関連

2013年05月27日

昨日のFP技能士試験を終えて

昨日のFP技能士試験を受験された皆さん、たいへんお疲れ様でした。
模範解答が、きんざい、FP協会のいずれのホームページでも公開されています。
受験された皆様は、ご確認のうえ、自己採点をしてみてください。6割得点できてれば合格です。合格発表を待たずに合否を判定できますので、ぜひ活用してくださいね。

自己採点の結果、合格された方、おめでとうございます!
合格後は、次の資格に挑戦すべく勉強を開始したり、資格で学んだことを仕事やプライベートで活用するなど、次のステップに向けて進んでいただければと思っています。

その一方、残念ながら不合格だったかたもいらっしゃることでしょう。
次回の試験で必ず合格できるよう、対策をしていきましょう。解けなかった問題を含め、学習が不十分だった点を徹底的に補強し、次回の試験に備えていただきたいと思っています。再受験される場合は、改めて別の問題集を購入し、その2冊を徹底的にこなすという方法もあります。問題集を1冊だけこなした人と、2冊以上取り組んだ人とでは、問題を解く正確さやスピードには違いが出ますからね。
問題集を2冊解き終えるのはかなり大変ではありますが、一つの方法として参考にしていただければと思っています。

合否いずれの場合も、受験された皆様にとっては一つのステップだと思います。
今日から、みなさんそれぞれの次のステップに向かって、歩み始めていただければと思っています。

私も近いうちに試験問題をすべて解いてみて、出題内容について今後の勉強会に役立てて行こうと思っています。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士試験関連