2018年11月05日

100円で保険の税について詳しく学べる一冊

生命保険文化センターが「知っておきたい生命保険と税金の知識」という小冊子を販売しています。
この内容をざっと読みました。

一見すると、生命保険と税金について分かりやすく書かれていて、親切さを感じられる印象です。
しかしよく読んでいくと、かなり細かく詳しい税の記述も見受けられます。

例えば、契約者が変更になった場合、保険金受取人が変更になった場合、保険金を受け取らずに据え置いた場合、などでどのように税の取り扱いがなされるのかが書かれています。

一般的なケースだけでなく、広く深い生命保険の税知識を高めたい方には良い1冊だと思いました。
しかも書かれている内容は、FP1級試験でも出題されている上に、1級の試験対策テキストに書かれてない事もたくさん含まれています。
ですので、試験対策の1冊としても使えると思いました。

保険販売に関わる人、保険のコンサルを行う立場に人には必須ともいえる知識が得られます。
しかもこの小冊子の価格は、たった100円です。
良心的すぎる価格なので、上級の知識を求める方は、この一冊を読み込むとよいでしょう。

下記URLから購入することができます。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html

意外なところに、学びの良書はあるものですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■11/25(日) 家計シミュレーションソフトを、将来の家計改善に役立てよう
FPも使う家計分析専門ソフトを使って、将来の収入、支出、貯蓄額を予測し、
簡単にキャッシュフローも作って課題解決に役立てる方法を学びます。

■11/25(日) 年金とお金の将来不安をなくせるライフプランニングを提案しよう
年金不安を払拭し、FPとして生きがいを感じられるライフプランの立て方・
話し方を、一線で活躍する講師をお招きして学んでいきます。

■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
税や社会保険などFP6分野にわたる制度改正を、広く深く学べる内容です。
時代に合った提案ができ、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■11/10(土) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■11/10(土) 難関FP1級学科で高得点を取るための合格ガイダンス会
■12/16(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理

2018年09月20日

3年に1度発表される保険調査データ「生命保険に関する全国実態調査」が発表されました

保険に関する調査データとして有名(?)な、「生命保険に関する全国実態調査」の最新版が、先日発表されました。
3年に1度行われている調査で、今回は約4000世帯に対して調査を行っています。
保険の加入状況、支払っている保険料、どこで(誰から)契約したか、満足度はどうか、など多岐にわたっての調査結果がまとめられています。

保険の必要性を説明したり、世間一般的にはどんな保険に加入しているのかを説明するときなど、保険マーケットを説明するときに、引用されることが多いですね。

この調査データは、生命保険文化センターから発表されています。
生命保険文化センターが発表した調査結果の概略を、下記に引用します。

============================
・生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率は88.7%と前回調査とほぼ同水準
・若年層(29歳以下)の民保の世帯加入率は72.2%と前回調査から8.4ポイント増加
・医療保険の加入率は88.5%、生活障害・就業不能保障保険(今回新たに調査を実施)の加入率は12.0%
・世帯の普通死亡保険金額は平均2,255万円であり、引き続き低下傾向
・世帯年間払込保険料は平均38.2万円と前回調査とほぼ同水準
・保険加入時の情報入手経路は生命保険会社の営業職員が最も多く46.5%、保険代理店やファイナンシャル・プランナーなどは増加傾向
・実際の加入経路(加入チャネル)は生命保険会社の営業職員が53.7%、次いで保険代理店が17.8%
・直近加入契約(民保)の加入目的は「老後の生活資金のため」が10.8%と前回調査から3.1ポイント増加
・今後増やしたい生活保障準備項目は、「世帯主の老後の生活資金の準備」が27.1%、「配偶者の老後の生活資金の準備」が25.1%と上位を占める
・個人年金保険の給付開始年齢は後ろ倒し
============================

私も一通り目を通しました。
この3年で、顕著な特徴がある印象は持ちませんでした。
ただ、10年20年という期間にわたって、少しずつ保険に対する変化が読み取れるました。

以上は概略ですが、調査データ自体は、下記のURLからダウンロードできます。
http://www.jili.or.jp/research/report/zenkokujittai.html

100ページ以上の、ボリューム感満載の資料です(笑)
FPとして、いろいろな気付きがあると思いますし、これを読んで「ピンとくる」ものは、FPによって異なると思います。
ご興味ある方は、読み込んでみて下さいね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理

2018年09月10日

大きな災害発生時の、保険料・保険金に対する特別な取り扱い

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、民間の生命保険会社が、大きな災害時にとっている対応についての話題です。

先日の北海道で起きた地震に関して、すべての保険会社において、地震による免責条項を適用しないと発表しました。
http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180907.html

原則として地震による死亡やけがは、保険金支払いの対象外とされています。
しかし今回の災害では、地震による死亡やけがの場合であっても、保険金が支払われるということです。


また、北海道内の全市町村に災害救助法が適用されたため、
・保険料払込猶予期間の延長
・保険金支払い手続きの簡素化
などの処置がとられています。
http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180906.html


過去の災害でも、同様の措置が取られています。

FP試験で勉強した内容は原則であるものの、このように現実には、別のルールや例外事項が適用されるケースがあります。
被災者支援の際に役立つ知識として、ご認識いただければと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理

2018年07月17日

災害の被災者に対する、保険業界の特別対応について

今月初めから、西日本を中心に大雨による大きな被害が出ました。
被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

大雨や地震など災害が発生すると、被害の大きかった都道府県・市町村に対して、災害救助法が適用されます。
災害救助法が適用されると、国や自治体が被災者の救助、生活支援に加わり、それらにかかる費用も負担します。
今回の大雨でも、大きな被害が報じられた翌日に、被災地に災害救助法が適用されています。

 
保険業界も、この災害救助法が関連しています。
災害救助法が適用された地域の保険契約者に対しては、次のような措置が取られます。

・保険料の支払いを、払込猶予期間を特別に延長される
・保険金の請求手続きが一部簡略化され、迅速に保険金を受け取れる
・親族が保険会社に問い合わせると、保険契約があるかどうかを回答してくれる

ただ、上記いずれも申し出が必要であり、保険会社側が自動的に行ってくれるわけではないことにご注意ください。

 
上記の取り扱いについては、災害が発生する都度、生命保険協会のホームページで公表されます。
今回の大雨災害に関しては、下記URLになります。
http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180707.html

保険業界では、このような被災者に対する特別な措置を行っていることを、ぜひ知っておいてください。
災害発生後のいざという時に、役立つ知識になりますから。

 
ちなみに現在、FP技能士1級〜3級の受験申込期間ですが、これに関しては受験申込の期間延長などの特別な措置は全く発表されていません。
もし被災地にお住まいの方が受験を希望される場合は、現状では規定通り、期限内に受験申し込みが必要ですので、ご注意ください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■8/30(木) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断

<姉妹勉強会のご案内>
■7/22(日) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理

2018年05月09日

長生きリスクに備える年金保険は、加入に厳しい診査がない

平均寿命が伸び続けていることから、長生きした場合に備えてのお金の工面を考える人が増えています。
国からもらえる公的年金だけでは、長期の家計の維持が難しいと考え、個人年金やトンチン年金に加入を検討している人も増えているようです。

生命保険や医療保険では、不健康な人が加入するのを防止するために、事前に告知や診査等があります。
持病・症状などがあれば、加入を制限されてしまいますね。

しかし個人年金やトンチン年金は、加入時に告知や審査がない、またはあっても生命保険・医療保険ほど厳しくないのが一般的です。

というのも、個人年金やトンチン年金は、死亡時に支払われる保険金額が、払い込んだ保険料とほぼ同じというケースが多いためです。

トンチン年金の場合、死亡保険金が払込保険料総額を上回ることもあり得ますが、それは平均寿命を大きく超えて長生きしたケースに限られます。
しかし確率的に考えると、死亡保険金が払込保険料総額を下回る可能性のほうが高くなっています。

ちょっとひどい言い方をすれば、早くに亡くなる人ほど、保険会社側に残るお金が多くなることから、事前の診査はそれほど厳しくはないのです。


実務上は、告知や審査の内容は、各保険商品によって異なります。
ですが個人年金やトンチン年金は、持病がある方も加入できる可能性があるので、生命保険と同じように考えて「きっと加入できない」と思いこまないようにしたいところです。

どんな人にも、将来のライフプラン設計は大切です。
思い込みで選択肢を失うともったいないですから、相談者のためになる選択肢をたくさん用意し、老後のプランを考えて行く姿勢が、FPには求められますね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理