2019年10月21日

預金や国債が安全資産にならなくなったら・・・というお話

「預金や国債は安全資産、株や投信はリスク資産」

というイメージを、ほとんどのFPの方がお持ちでしょう。
預金や国債は、元本が保証されます。
そのことから安全資産と呼ばれていますが、ご存知の通り金利はほぼ0%です。

将来もしかしたら、という前提付きでの話題ではあるのですが、もしも預金がマイナス金利になったり、金利はマイナスにしないけど預金口座に対して管理手数料を取られて事実上預金額が目減りすることが実現されたら、それでも預金や国債は「安全資産」と認識すべきでしょうか?

もしそうなったら、お客様へのアドバイスを変える必要は、出てくるでしょうね。

 
実は、FP相談の現場で、お客様からこの話題を切り出してきた事例がありました。
そのケースでFPは「まだ現実になっていないので、そこまで今は考えなくていいですよ」という趣旨の回答をしました。

ただ、保険、投資、老後資金に関しては、まだ現実になっていないけれど先のことを想定して対策しよう!と言っているのに、預金がマイナス金利になることに関しては、まだ何もしなくていいなんて言ってしまって、本当に良かったのだろうか? とそのFPはモヤモヤしていたようです。

次に同じ質問が来た時に、ちゃんとした回答ができるよう、がんばって考えをまとめておいてほしいと思いました!
(^_^)

今時点で、これらが安全資産だとお客さまに伝えているFPの方も多いことでしょう。
もちろんその説明で問題はありませんが、もし将来にこの前提が変わった時にどうアドバイスするかを、今のうちから考えておいてもよいかもしれませんね。
(^o^)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/27(日) 営業スキルを高め、有償サービスに次々と申込が入るFPになろう!

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■11/23(土) 合格に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■11/23(土) 難関FP1級学科で高得点を取り、合格を勝ち取るガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186707865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック