2019年08月24日

ファンドの好成績な点ばかり見ていませんか?報じられていない点も確認してみよう

今日は、投資に関する話題です。

ロボアドバイザーで有名な「THEO」が、参照している指数を上回るリターンを出していると説明した記事があるので、まずはこの記事をご覧ください。
以下では、この記事をお読みいただいた前提で、話を続けていきます。

・相場の大きな変動とTHEOの運用について
https://blog.money-design.com/marketvolatility-1fa5dd26404f

 
この記事では、THEOが参照指数より高いリターンを出していたことが示されています。
ところで、THEOが出している情報は参照指数を上回る記事ばかりで、参照指数を下回る記事はほとんど見かけません。
(私が見ている範囲の中だけかもしれませんが)

なので、このような記事ばかり目にすると、THEOに投資したほうが儲かるという錯覚に陥ります。

 
一般の方が「よし、これに投資しよう」と決意するのは、資産が減るイメージを上塗りするほど資産が増加するイメージを持った時、また自分が行おうとしている投資法が他の投資法より優れている実感を得たとき、でしょう。
ある程度の儲かる心境にならなければ、人は投資をするという行動には移さないです。

なので、証券会社に限らずTHEO等の投資サービス事業者も、投資のいい点を強調するのは、ビジネス上自然な取り組みではあります。

 
さて、金融リテラシーが一歩高い方は、このように参照指数より高いリターンを一方的に説明された場合に、次のような発想も持ちます。

・特定の期間だけ、参照指数を上回っただけではないのか
・参照指数よりリターンが下回ったことはないのか
・過去のデータを取り寄せて、複数期間でリターンを比較してみよう

これは、アクティブファンドの評価で、ぜひ持っておきたい視点です。
今回はTHEOを話題にしていますが、それ以外のファンドについても同様です。

多様な視点で優劣を比較して判断することは、投資家として望ましい姿勢です。
ですが、これはややハードルが高いです。
なぜなら、その検証は自分自身で行わなければなりませんし、例えば過去の価格データを取得してExcelで計算式を作って確認するなど、それなりに作業も必要になるからです。

でも、ファンド側が出す情報が偏っているかどうかを客観的に検証するためには、欠かせない取り組みです。
投資に関していい情報ばかリ得た場合には、「それ逆となるケースは本当にないのか?」という視点を持ってみて下さいね。

特に、顧客から直接対価をもらってアドバイスを提供する方には、客観的に良し悪しを分析し、顧客に報告できるスキルが必要ですから。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/26(月) ライフプランソフトを使いこなすFPのための質問会・情報交換会
■9/22(日) ポートフォリオ理論を学び、低リスク高リターンな国際分散投資

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186465670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック