2019年07月15日

葬儀代のプランニングについて その2

前回に続いて、葬儀代についてのお話です。

葬儀代をだれが負担するのか?
というのは、事前に計画が立てられていないことが多いものです。
実務上は、遺族の方が自己の財産から支払うケースが多いように、個人的には感じています。

ライフプランニングの資金計画において、この葬儀代をどのように見積もるかは、考え出すとなかなか答えが出なくて難しいところです。
その見積もり方で、私がこれまで見聞きしてきたパターンを、本日はご紹介したいと思います。

 
まず一つは、自分が亡くなった場合に、葬儀代くらいは相続財産で残して、そのお金で遺族に使ってほしいというパターンです。
このとき、キャッシュフロー表を使ったライフプランシミュレーションで、次の2つのやり方があります。

(その1)
亡くなる前年の年齢時点で、葬儀代を支出として計上する。
そのうえで、老後に貯蓄が底を尽きないことを確認する(老後破産しないことを確認する)

(その2)
葬儀代を、支出として計上しない。
ただし生涯にわたって、貯蓄の額が、葬儀代の金額未満にならないことを確認する。

 
つぎに、親や配偶者など親族の葬儀代を、自分が払うケースを想定するというパターンです。
予想外のタイミングで親族が亡くなり、多額の葬儀代を急遽捻出したことで貯蓄に余裕がなくなり、生活の不安を抱えてしまう、というケースもありますよね。
仮に、親族が亡くなった時に備えて葬儀代を予算に組み込んで、しっかり貯蓄をしていれば、いざという時にお金の心配を抱えることはなくなります。
(が、その分だけ自由に使えるお金が減ってしまうというデメリットもあります)

このようなケースに備える場合には、キャッシュフロー表を使ったライフプランシミュレーションにおいて、考えられる回数分の葬儀代を支出に計上しておき、貯蓄が生涯にわたって0を割り込まないことをチェックする、という方法があります。
事前に備えておけば、もし葬儀が発生しなかったらそのお金を老後の資金として使うこともできます。

 
以上の通りパターンをご紹介しましたが、どこまでを想定し、どこまで対策を考えるのかによって、FPが提供するアドバイスにも差が出てきますね。
葬儀代のプランニングで、参考になれば幸いです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/28(日) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■7/28(日) 身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例
■8/10(土) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186269334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック