2019年07月10日

医療費控除から差し引ける保険金の種類について

FPの方とのお話でちょこっと盛り上がった、医療費控除のおはなしをこちらでもお届けします。

※基本的な医療費控除のことをご存知という前提で書きます。

ガン保険や医療保険でよくある、ガン診断給付金(ガン診断一時金)は、医療費控除において医療費から差し引かなくてよいと言われています。
一方で、入院給付金は、医療費控除において医療費から差し引かなくてはなりません。

例えば、年間のガンに関する医療費自己負担額が80万円で、ガン保険から入院給付金で15万円、ガン診断給付金で100万円の保険金を得た場合に、医療費控除として、

 80万−15万−10万=55万円

が所得控除の扱いとなります。
かかった医療費以上の保険金をゲットしてるのに、所得控除があるのです。

保険金を医療費から差し引く/差し引かないの違いですが、差し引くことになるのは「医療費の補填を目的として支払を受ける医療保険金や入院費給付金、傷害費用保険金」と国税庁は説明しています。
つまり、入院給付金は医療費の補填を目的とした保険金、一方でガン診断給付金は医療費の補填を目的とした保険金ではない、という解釈になるわけです。
(私が調べた限りでは、国税庁がここまで具体的な解釈を説明しているものは見つけられませんでしたが・・・)

FPが保険のアドバイスをするときに「がんの治療にはお金がかかります。
ガン診断給付金をもらったら、そのお金で以後の医療費の支払いに充てられ、便利です」と説明することもありますよね。
その説明をするFP自身が、ガン診断給付金を医療費控除の際に差し引いてしまうのも無理はないかなー、なんだかややこしいなぁー、と思ったのでした。

 
最後に、一つだけ補足です。
この記事は、私が伝えたかったところだけに注目して書いています。
なので、医療費控除の詳細な適用要件などには、あえて触れていません。

実際の申告や税のアドバイスにおいては、この記事では触れなかった細かい点も含めて考慮・情報提供をしていただきますよう、よろしくお願いいたします。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/28(日) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■7/28(日) 身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例
■8/10(土) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■7/15(月・祝) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/15(月・祝) 難関FP1級学科で高得点を取るための合格ガイダンス会
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186255667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック