2019年04月18日

法人向け定期保険の損金算入ルールの改正について

先日に国税庁から、法人向け定期保険の損金算入ルールについて、改正案が発表されました。

FP2級以上の資格試験でも、法人向け定期保険の損金算入について出題されていますが、なじみがないという方も多いかもしれません。
ただ、法人を顧客に持つ保険代理店の方は、この定期保険の改正について関心は高いと思います。

この保険は、損金にできる金額の多さから、節税のために活用できる保険という見方もありました。
しかし節税目的としての保険販売が問題視されるようになり、今回の改正が行われたという背景ですね。

 
改正後は、加入時の年齢や保険期間ではなく、解約返戻金の返戻率によって経理処理が変わる方式になっています。
(返戻率 = 解約返戻金の額÷払い込んだ保険料の総額)

払った保険料のうち、その年分の保険料にあたる部分と、翌年以降の保険料の前払とみなせる部分とに分けるのが本来的な経理処理になるわけですが、それに近い方式を改めて国税庁のほうで考えた、ということのようです。

この改正案の詳細については、下記URLよりご覧ください。
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=410300052&Mode=0

この改正はあくまで案であり、まだ正式決定ではありません。
ただ、この通りに改正される可能性はもちろんあります。

改正後の法人向け定期保険においては、従来のように強く節税を前面には打ち出しづらくなりますから、保険提案時に話す内容も当然変わっていくことでしょう。
法人向けに保険を提案されている方は、この改正を見越して、FPとしてどのようなコンサルを行うかを、先手を打って考える機会にしていただけたらと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■4/28(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/5(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185877912
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック