2018年09月09日

団信でローンが完済されたときに、所得税がかかるケースがあるというお話

共働き夫婦が住宅ローンを組む際に、連生団信を利用できるケースがあります。
連生団信とは、団体信用生命保険の種類の一つで、夫婦の一方が死亡したら、もう一方の債務も全額免除になる団信です。
フラット35でも取り扱っていますし(もちろん上乗せされる金利は少し高くなる)、民間の銀行でも取り扱っているケースはあるかと思います。

 
さて、夫婦ともにローンを組み、それぞれが事前に定められた返済額を返済をしている途中に、不幸にも夫婦の一方が死亡したとします。
このとき、連生団信により、夫婦が抱えていたローンが完済されます。
しかし生存している方が本来負担すべきだったローン残額が、その方の一時所得として課税の対象になります。
返済免除された金額=所得、とみなされるわけです。

ローンが完済になるのはありがたいことですが、収入が発生しないのに所得が発生するケースです。
ローン残額が高額だった場合は、翌年の所得税と住民税が高額になる可能性もあるので、納税資金の手当てが欠かせません。
所得税は延納があるにしても、延納期限は最長でたった2カ月ですから。

納税資金対策としては、下記のような基本的な方法で対処可能です。
・ある程度の預貯金を確保しておく(その預貯金額で納税)
・団信とは別に生命保険に加入しておく(保険金を原資にして納税)

 
今後共働き世帯が増えて、連生団信を利用するケースが増えるかもしれません。
この一時所得は、ほとんどのFPの方に知られていないお話だと思います。
ぜひ、頭の片隅にでも置いていただければと思います。

まあレアケースだし、意識しなくてもいいだろう・・・
と考える方も多いかもしれませんが、この件がかつて税務訴訟となっています。

 
連生団信をお客様に提案される場合には、万が一のことがあった場合の翌年の確定申告で正しく申告してもらえるよう、情報提供とサポートをしてあげたいところですね。

 
連帯債務免除による一時所得については、下記の記事が参考になります。
http://farsight.co.jp/report/%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%89%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AF%E3%81%9A%E3%81%AE%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E7%AD%96/

本文で触れた税務訴訟については、下記サイトが参考になります。
国税不服審判所のサイトなので、難解な文章ですが。。。
http://www.kfs.go.jp/service/JP/72/14/index.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
国際分散投資で使われているポートフォリオ理論を学び、Yahooファイナンスと
Excelを使って実践的なポートフォリオを無料で作る実習もあります。

■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184354670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック