2018年08月14日

FP1級やCFPの資格が、仕事でどう役に立つの? その3

FP資格の価値について、シリーズでお伝えしています。
FP資格が仕事でどう役立つかは、多くの人が気にしているところですよね。

本日は、私が過去にお会いした中で、FP資格は役に立たないと言った方のご意見をご紹介します。
 

その方は、お金の知識をいくら高めても、それだけではだれの役にも立たないから、FP資格は役に立たないのだ、と考えていました。
FPとして仕事をするには、お金の知識以外に、相手の困っていることを掘り出して解決へ導くことを会話を通して実現しなければなりません。だから、FP知識以上に、コミュニケーション力が必要だと話していました。
文章の執筆のお仕事もしているので、ライター並みの文章力が欠かせないとも言っていました。

また、FP事務所を開業したところで、すぐに売り上げになることはありません。
事業を行う以上は、仕事を取ってくる営業力や、商談を有利に導く交渉力も必要です。
そして自分のところに仕事が来るためには、認知度や知名度も欠かせません。
このように、FPとして活動するうえでは、FPの資格取得で学んだこと以上のスキルが必要であるため、FP資格自体の役目はとても小さいという意味で、FP資格は仕事で役に立たないと説明していたのです。

 
FPというよりも事業者、企業経営者の感覚になっている方は、こう答えるのにも納得できます。
実際、仕事の中で、FPスキルを発揮する時間の比率はかなり少ないとのことでした。
ただ、FPの仕事をするために、FPとは直接関係のない業務に明け暮れる時間が長いことが、少し残念だとも話していました。
もしかしたら、本当はもうちょっと効率よくFP業務にありつきたい、と考えていたのかもしれません。
仕事一つとるにも苦労していること、FPの資格を取ったって、それで食えるわけじゃないんだよ、という点を強調されていました。
FPとして独立されている方だと、この考えに共感される人も、多いのではないでしょうか。

 
今回は、FP資格が役に立たない、という方の声をご紹介しました。
一つ私から補足をすると、FP資格が仕事で役立つかという質問は、聞いた相手によって千差万別な答えが返ってくるということです。
FP資格をとっても仕事では役に立たないという人たちも、ある一定数います。
そういう声を聴いたら、なぜそう思うのか、その背景とともに確認して、総合的に判断するようにしてほしいと思います。

FP資格は役立つかどうかという質問をするときには、質問をする相手を考えることも、実は重要なのです。
このあたりは、回を追うごとに説明していければと思っています。

次回は、FP資格は役に立たないという別の方の考えをご紹介します。
お楽しみに!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
理解が難しいオプションですが、身近な買い物を例にとった説明でスッキリ
理解でき、資産運用やFP1級・証券外務員1種の試験対策にもなる内容です。

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
国際分散投資で使われているポートフォリオ理論を学び、Yahooファイナンスと
Excelを使って実践的なポートフォリオを無料で作る実習もあります。

<姉妹勉強会のご案内>
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184168419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック