2018年06月30日

毎月分配型投信は、資産を取り崩す老後生活にマッチする、という考え方

分配金を出す投資信託は、投資の効率性が悪いから買うべきではない、と主張する人も多いでよね。
一方で、毎月分配型投信は老後生活にマッチする一面があり、私はその観点でお話をすることがあります。

老後にもらえる毎月の年金だけでは生活が難しいときに、資産を取り崩しながら生活することになります。投信の分配金がその取り崩し機能を担ってくれるのであれば、それは合理的なことだと思っています。

 
これに関する記事が最近出ましたので、参考にご覧ください。
以下では、こちらの記事をお読みいただいた前提で、話題を続けていきます。

退職後は運用しつつ引き出す 「タコ足投信」悪くない
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31648350S8A610C1000000

 
この記事にもあるように、資産を形成する若い世代は分配金はないほうがよく、資産を取り崩す世代は分配金にも有用な役割があることが分かります。

FPが書く記事の中に、毎月分配型投信は何一ついいところがないから買うべきでないと主張するものもあります。
投資信託を単に資産を形成するためだけのツールと考えるなら、確かに分配金はないほうが合理的でしょう。
金融商品というくくりだけで物事を考えるなら、その考え方もアリでしょう。

しかし、100万人の人がいれば、100万通りの人生設計があります。
それぞれの人生設計に目を向けると、資産を形成することに重点を置くべき人もいれば、資産を取り崩すことを前提に暮らしを立てていく人もいます。多くの方の家計に向き合うほどに、さまざまな資産のニーズ・悩みが見えてきます。そのニーズや悩みを解消するために、毎月分配型が合理的となる場面もあるものです。

 
とはいえ、毎月分配型は、毎月一定額が分配金として払い戻されることが保証されているものではありません。
分配金が支払われないこともあるでしょうし、分配金が月によって増減することもあり得ます。
分配金が少ないと、手元の流動性資金が不足することにもなるので、その場合は面倒でも投資商品を解約するなどの作業が発生する場合があります。
安定した分配金を期待している人に対しては、丁寧に伝えるべき注意点になりますね。

 
このように、一人一人の人生設計・ライフプランニングに照らし合わせて、金融商品の提案ができる人こそが「ファイナンシャルプランナー」ではないでしょうか。
金融商品の特性だけを論じるなら、「金融商品評論家」という肩書のほうが適していると感じます。

これをお読みの方の中には、いろいろな人たちのお金の課題解決に向き合っている方もいらっしゃるでしょうし、これからそういう立場で活躍していきたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
その場合には、人生設計と金融商品のマッチングによるプランニングも意識していただき、課題解決の質向上に努めていただければと思います。

 
次回は、上記でご紹介した記事に関連した話題を、引き続きお届けしたいと思います。
この記事で、ちょっと気になる(あまり望ましいとは言えない)内容もありましたので、それにも触れていく予定です。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

<姉妹勉強会のご案内>
■7/22(日) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183680914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック