2018年04月19日

健康保険組合が負担に耐え切れず、解散が増えている

ニュース報道で知りましたが、健康保険組合の解散が増えているそうです。
その理由は、財政的負担が増えて保険料率を上げていったところ、協会けんぽの保険料率を上回ってしまうためです。
上回るなら協会けんぽに切り替えたほうが、会社も従業員も、保険料負担は小さくなりますよね。


健康保険組合は自力で運営をしていますが、協会けんぽのほうは税金が投入されているそうです。
そんな違いもあったのですね・・・


健康保険組合は、協会けんぽよりも上乗せの給付が充実しているものが多いです。
例えば、1か月の医療費の自己負担額が4万円までとなり、それ以上は健康保険組合が負担してくれる、といったものがあります。
高額療養費だと8万円までは自己負担ですが、それよりも負担が小さくて済むのは助かりますよね。

健康保険組合が解散してしまうと、そのメリットも失われてしまいますのが残念です。
しかし企業側にとっては、何百、何千人分の保険料の会社負担分が軽減されることのほうが、重要な経営判断になるのでしょう。

厳しい運営財政状況の中ですが、健康保険組合には何とか頑張ってほしいものですね。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29467010X10C18A4EE8000/
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●4/22(日) 家計シミュレーションソフトで損をしない住宅購入・住み替えプランを立ててみよう
●4/22(日) 金融商品販売でなく、顧客から報酬をいただく資産運用ビジネスにチャレンジしよう

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183022193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック