2018年02月03日

子供のお小遣いは、どのようなルールであげるべきか

以前よりご案内を差し上げておりますとおり、2週間後に下記のテーマで勉強会を開催します。

・若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

今回の勉強会は、高校生向けの金融教育をテーマにしたものです。
金融教育としてどのような授業を展開すればよいのかを、体験しながら学べる内容になっています。
中学生、大学生、若い社会人を対象にした金融教育にも応用でき、FPとしての活動の幅も広がると思います。

まだ参加申し込みを受け付け中です。
ご興味をお持ちになりましたら、下記URLよりお申し込みくださいね。
https://money-study.net/schedule.htm


さて、今日は子供の金融教育に関連して、お小遣いの話題をお届けします。

子供へのおこづかいのあげ方として、代表的なのが次の3パターンです。
・毎月定額制
・必要に応じて、都度渡す
・お手伝いをすることでおこづかいが増える、歩合制

このそれぞれにデメリット、デメリットがありますし、どのあげ方を選択しているかは家庭によってさまざまでしょう。
先日の勉強会後の懇親会でも、おこづかいのあげ方の賛否についていろいろ話が出ました。

懇親会に参加者の方のお一人は、必要に応じておこづかいを渡す方式を採用しているとのことでした。
この方式は、おこづかいを渡すタイミングで、計画的にお金を使おうとしているのかどうかをチェックできる一面があります。
しかし、子供が「お金をほしくなったら親に言えばいい」という習慣づけになってしまうのではないか、と心配する声もありました。

また、お手伝いに応じておこづかいを渡す歩合制の場合は、誰かの役に立つことでお金をもらえるという経済社会の縮図を家庭で学ばせることができる一面があります。
一方で、お金をくれなかったら何もしない、お金のために行動する、というように子供が学んでしまわないか心配する声もありました。


このように、おこづかいをどの方法であげるかは、親も悩むところですね。
ですが、おこづかいは子供の金融リテラシーを高めていける、よい機会にもなります。
こどもがお金のことを勉強できる機会を、うまく作っていきたいですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●3/17(土) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●3月中旬(予定):受験前に役立つ情報満載!FP3級2級合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182317334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック