2018年01月14日

貯蓄があれば医療保険はいらない=貯蓄があれば何もしなくてよい?

「貯蓄があれば医療保険はいらない」

このような言葉を、皆様はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは、万が一病気や入院で治療費がかかる状況になっても、貯蓄があるならそこから治療費を出せばよいので、わざわざお金を払って医療保険に入る必要はない、という意味です。

まったくそのとおりだ、とお考えの方も多いでしょう。
しかし、ちょっと突っ込んで考えてみると、

・貯蓄があれば、FP的な対策は、本当に何もしなくてよい?
・貯蓄があっても、貯蓄額を食いつぶすような治療費がかかることが、ないとは言えないけれど、それすらも考えなくていいの?
・「貯蓄がある」とは、具体的にいくら以上の貯蓄額を指しているの?

という疑問が出てきますね。
もしみなさんがこのような質問をされたときに、質問者に納得してもらえる回答をお話できるでしょうか?

貯蓄があるからといって何も対策していないと、意外なところでライフプランニング上の問題が生じることがあります。
万が一の時には300万円の治療費がかかる可能性もありえますが、確率的に言えばとても低いでしょう。
だからといってこの300万円の貯蓄を、一切手を付けずに、万が一の治療費のためとして使わずにとっておく、というのも資金的には非効率です。

万が一の入院で高額な支出を余儀なくされる場合、蓄えていた貯蓄を取り崩して対応することができても、そのせいで当初描いていたライフプランが崩れてしまう可能性もあるでしょう。

それがどうしても困るのであれば、医療保険は検討に値します。
その万が一に備えるのが、保険の役割とも言えます。

貯蓄があるから保険は不要と単純に考えるのではなく、もう一回り考えを巡らせて、相手の支援ができる(応用のきく生活設計を提案できる)FPが、価値あるFPではないかと思っています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)
●2018/2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182144310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック