2017年09月13日

リスク許容度を損失の大きさで測る場合の注意点

数千万円以上の資産を持っている方に対して資産コンサルティングや家計診断を行う場合、「資産運用」の提案をするケースがあるでしょう。
その場合、相手のリスク許容度を測り、その方に適した資産運用提案をすることが大切です。

リスク許容度の測り方は様々ありますが、その場合の一つの注意点をご紹介したいと思います。

資産運用における損失にどれくらい耐えられるかを測るために、
「100万円を投資した結果、20%の損失が出ることを許容できますか?」
というような質問をして、「許容できる」という回答を得たとします。

このとき、「この方は20%の損失まで耐えられるんだ」安易に判断してはいけません。
なぜなら「100万円ではなく手持ちの500万円を投資したとしたら、20%の損失は許容できない」と判断するかもしれないからです。

つまり、
100万円の20%=20万円の損失なら、許容できる
500万円の20%=100万円の損失なら、許容できない
というように、損失の絶対額で判断することがあるのです。

投資金額が大きくなるほど、同じ損失割合(マイナスリターン)であっても、損失の金額は大きくなります。
ですから、資産運用に投じる額も把握し、さらに万一の損失が生じた場合のライフプランニング(キャッシュフロー表)をも考慮して、リスク許容度を測ることが望ましいです。
資産運用提案を行う場合には、この点も参考にしてくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●9/18(月・祝) FP家計診断やってみよう(1億円以上ある方の定年前リタイア編)
このテーマに関する2つの相談事例を使い、FPとしてどのように資産
コンサルティングを進めていけばよいかを、実践的に学びます。

●10/22(日) 下記の2つの勉強会を、午前と午後に開催します
・家計シミュレーションソフトで家計の見直し&保険の見直しを自分でやってみよう
 (FPの方は、相談者の家計診断を効率よく行う方法を学べます)
・遺産が確定できず分割もできないという相続トラブルの解決&防止法

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180989894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック