2017年08月26日

「空き家の譲渡所得の3000万円特別控除」の活用どころ

相続で得た建物に、誰も住むことがなく空家の状態で売却する時、所定の要件を満たすと「空き家の譲渡所得の3000万円特別控除」を使うことができます。

この特例の適用要件の解説は省略しますが、改めて詳しく知りたい方は、お持ちのFP・税金に関する書籍(試験対策テキスト)をご覧いただくか、下記国税庁のサイトをご覧ください。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3306.htm

本日は、この特例の活用どころについて、ご紹介します。

 
この「空き家の譲渡所得の3000万円特別控除」ですが、実は複数の相続人で共有している場合、共有している相続人全員が、この特例を使うことができます。
つまり、相続人3人が共有していたならば、3000万円×3=9000万円の特別控除になる、というわけです。

この特例の使いどころですが、空き家そのものを相続人が誰も欲しがらず、いわゆる換価分割の対象としたい場合に、あえて共有の状態でその空き家を相続します。
その後、売却をするときに、共有者全員がこの特例を使えるので、譲渡所得を軽減することができます。
評価額の高い空家であれば、効果的な方法となるでしょう。

 
不動産の共有は問題になることも多いですが、このような売却戦略を考慮すれば、あえて共有にして税務上のメリットを享受するのも一つの方法といえますね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●9/18(月・祝) FP家計診断やってみよう(1億円以上ある方の定年前リタイア編)
このテーマに関する2つの相談事例を使い、FPとしてどのように資産
コンサルティングを進めていけばよいかを、実践的に学びます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180782542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック