2017年07月05日

投資のプロとサル、どちらが投資で勝利したのかという話 その3

「投資のプロは、サルにも負ける」という格言(?)から始めた話題です。
前回から、アクティブファンドとインデックスファンドの比較の話題を、取り上げています。

今回は、あるアクティブファンドのファンドマネージャーを務めていた方から、私が以前に聞いたお話をご紹介します。

 
その方は「アクティブファンドの成績を下げる一因は、投資をした顧客側にもある」ということを言っていました。
どういうことかというと、ファンドマネージャー側では投資成績を上げるために、どの銘柄を売るか、どの銘柄を買うか、という方針を立てています。
それに沿って売買を行うのですが、相場が急変した場合にはそのファンドを解約する投資家が増えて解約資金を捻出する必要があります。そのため、資金的に買いたい銘柄をなかなか買えない、という事態になり、それが投資パフォーマンスの向上を妨げる場合があるとのことです。
ファンドマネージャーより顧客の戦略(?)を優先せざるをえない事情もあるため、ファンドマネージャーの思い通りにいかないこともあるのだそうです。

 
ファンドのパフォーマンスが落ちるのを、顧客のせいにするのもどうかと思うのですが(笑)、事情は理解ができます。
相場急変時のそういった事情で、市場平均と比較して大きくパフォーマンスを下げてしまうと、その損を取り戻すのも大変です。

 
でも、ファンドマネージャーの思い通りに売買できないというのは、頻繁にあることのようには思えません。
そういうときもある、という話なのでしょう。
なので、ほとんどのケースでは、ファンドマネージャーの戦略の通りの売買が行われていると考えられます。

 
アクティブファンドのパフォーマンスが悪化する原因は、戦略通りの売買ができない一面はあるかもしれませんが、それでもファンドマネージャーの力量が発揮された結果のパフォーマンスと考えるのが自然かな、と個人的には思っています。

 
さて次回は、インデックスファンド側に話を移します。
インデックスファンドの優位性について、私なりの私見も交えながらお伝えしたいと思っています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、CFP/1級技能士レベル相当のオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180256250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック