2017年06月25日

投資のプロとサル、どちらが投資で勝利したのか、という話

「投資のプロは、サルにも負ける」という格言(?)があります。

どういう意味かというと、投資のプロであるファインドマネージャーが選んだ銘柄で資産運用をするのと、サルが適当にダーツを投げて選択された銘柄での資産運用とで、勝負するとどちらがパフォーマンスが高いか、という議論のことです。

要は、ファンドマネージャーが選んだ銘柄よりも、市場平均(サルがランダムに選んだ銘柄の組み合わせが市場平均になるという考え方による)のほうが投資パフォーマンスが良い、ということを表現した格言(?)です。

一部の投資評論家が、パッシブファンドのほうが優れていることを強調するため、またアクティブファンドを批判するため、このように表現することがあります。

 
これに関して、先日面白い話を聞きました。
この格言(?)が真実かどうか確かめてやろうじゃないか、ということで、実際にサルに銘柄を選ばせて、ファンドマネージャーと勝負させる取り組みが企画されたことがあったそうです。

個人的にも、とても興味深い対決です(笑)

ところがこの企画には、大きな難点がありました。
それは、「サルに銘柄を選ばせる」事に対して、高いコストがかかるという現実です。

 
まず、企画立案者はサルを保有していません。
そのため、サルの調達にお金がかかります。この費用が意外に高いそうです。

それと、サルにダーツを投げるということを教えなければなりません。
その期間、サルの調達コストがかかり続けます。

ダーツで銘柄を選ぶということは、人間なら簡単にできるますが、これをサルにやらせるのはとても大きなハードルがあるのです。
結果的に費用対効果の観点から、若くて人件費の安い人材(要はその企画を立てた会社の社員)にダーツを投げさせて、ファンドマネージャーと対決することになったそうです。

 
で、投資の結果はどうであったか。
結果は、ファンドマネージャーの勝利となったそうです。

サルが勝つんじゃないかと期待されていた読者の皆様には、ご期待にこたえられず申し訳ございません(笑)

この勝負ではファンドマネージャーが勝ちました。
ファンドマネージャーの実力がいかんなく発揮されたのかもしれませんし、それともダーツで選んだ銘柄がたまたま運悪かったのかもしれません。
もっと真剣に調査するなら、このような取り組みを十分に数多く実施し、調査上の誤差を小さくして判断する必要がありますが、それだけの回数をこなす機会が果たしてあるのかどうか。。。

 
さて、世間では、アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない、という様々なデータもあり、結局インデックスファンドとアクティブファンドのどちらが良いのか、という議論は尽きません。

賃貸と持家とどちらがいいのか、という議論と似たようなものでしょうか。

そこで次回は、アクティブファンドとインデックスファンドの勝負の裏側にある、いくつかの理論をお伝えしたいと思います。
私自身、いろいろな個人投資家やファンドマネージャーと話をしてきましたが、世間で言われている「インデックスファンド至上主義」のような見解とは異なる見解を持っています。
それについてもご紹介しながら、この話題を続けたいと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、FP1級/CFPレベルのオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180156888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック