2016年09月14日

死亡後でも預金の一定額を引き出せる日本初のサービス

みなさま、こんにちは。
FPスキル活用勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

通常、預金者が死亡すると、預金口座は凍結されます。
その場合、預金を引き出すには、遺産分割協議書を提出したり、相続人全員の合意が必要となります。
親族の死亡直後には、病院への支払いや葬儀費用など、やや高額な出費を余儀なくされることもあります。急な現金が必要になってもその口座から引き出せないので、遺族にとっては不便な制度です。

このように「死亡した人の口座からは引き出せなくなる」が業界の常識でした。
しかし福島銀行は日本で初めて、死亡者の口座から一定額まで引き出せるサービスを開始したそうです。

これは画期的なサービスであり、銀行の利便性を高めるサービスです。
このようなサービスはまだ福島銀行でしか行われていませんが、全国的に広がることを期待したいと思っています。

 
ただ、この福島銀行のサービスを利用するには、いくつかの条件があります。
まず、事前の申し込みが必要です。
年齢要件もあり、60歳以上の方の口座に限定されており、かつ引き出しができるのは契約時に申請した人物(預金者の配偶者または子供)のみです。

引き出せる預金の額は、
・500万円
・死亡時の預金残高の2分の1
のいずれか低い金額までです。

引き出す際も、葬儀・医療費・借金精算などお金の使い道が限定されています。ということは、このような書類も手続き時には必要なのでしょう。

そしてこのサービスは有料なのです。年間5000円の利用料がかかります。
預金の引き出しは無料という考えが根付いている日本において、この有料サービスはどれくらい受け入れられるでしょうか。(無料だったら多くの人が申し込みそうですけれどね)
一方で、銀行もマイナス金利によって収益が悪化しており、何とか収益源を確保したいという思いもあります。

 
利便性を高める画期的なサービスですが、家族死亡後のファイナンシャルプランニングにおいては、ほかの選択肢も含めて考えた方が良いでしょう。
この預金引き出しサービス以外にも、急な出費に備えるためには、
・生命保険に加入する(死亡を保険会社に届けてから数日で保険金が支払われる)
・誰が亡くなっても大丈夫なように、家族間で資金を分散して保有しておく
・あらかじめ自宅に現預金をおいておく
などの方法もあります。

万が一の急な出費に備えるなら、これらの選択肢の中から総合的に検討しておくのが良いですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2016/9/22(木・祝) 第5回 老後に向けて、賃貸と持家どちらを勧めるか

グループワークなどを取り入れ、明日から役立つ実践的な学びを得ることを
モットーに開催しています。
参加者同士で楽しく学ぶ、和やかで活気ある雰囲気も特長です。

・FP6分野の知識を、より実践的に活用していく知識・体験を得たい
・FP知識と技能を活かし、家族・知人・お客様の悩みを解決していきたい
・FPに関連した人脈を広げたい

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。
皆様のご参加を、お待ちしています!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/life-plan/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176877838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック