2019年07月31日

ライフプランソフトを使いこなすFPのための質問会・情報交換会 のご案内

新たに勉強会の参加申込を開始しましたので、そのお知らせです。
少し先になりますが、8/26(月)に、下記のテーマで勉強会を開催します。
・ライフプランソフトを使いこなすFPのための質問会・情報交換会

今回は、ライフプランソフトをある一定以上の頻度で使っている方向けの
内容となっています。
勉強会の開催概要は、下記のとおりです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
FPの相談業務をサポートするのが、ライフプランソフトです。
一人一人の収支、保有資産、将来人生設計を考慮して、お客様の将来のお金がどうなるかをシミュレーションし、お客様の課題の発見、改善提案に役立てられます。
そして簡単にキャッシュフロー表や貯蓄の推移グラフを作成でき、効率よく精度高くFP業務を進められるソフトです。

今回は、当勉強会のスタッフがフリーソフトで開発している Financial Teacher Systemというライフプランソフト(以下、当ソフト)をご利用の方で、すでにいくつもの相談事例で活用されている方向けの内容となります。
既に当ソフトをご利用の方から、次のようなお声をよくいただいています。

・○○な状況のお客様のシミュレーションしたい場合は、ソフトのどの画面にどのように入力すればよいか知りたい
・自分は○○の画面に○○を入力しているけれど、もっと効率的で精度高くシミュレーションできるやり方があるのかどうかを教えてほしい
・ライフプランソフトを使用して○○な悩みがあるので、それを解消したい
・○○なお客様へは今のソフトで対応しづらいので、○○を改善してほしい

 
そこで今回は、当ソフトの利用を重ねている方からの疑問・質問・ご要望にお答えしていきます。
参加申込者には、開催1週間前に、ご質問を受け付けるメールをお送りします。
特に知りたいことがありましたら、そのメールにご返信ください。
皆さんのご質問に回答しながら、当ソフトのどの機能をどのように使えばよいかを、当日に解説していきます。

FP業務に強い当ソフト開発者から、活用法をどんどん開示していきます。
当ソフトのさらなる活用ポイントがわかり、FPの皆さんの業務をさらにサポートいたします。

他のFPのライフプランソフト活用ノウハウも、習得できる機会にもなります。
当ライフプランソフトの活用法を全員で共有し、FP相談の効率化と満足度向上につなげていきましょう!

当ソフトをすでに利用されている方向けの内容ではありますが、これから当ソフトを積極活用したいという方の参加も歓迎です。
実務上、参考になる学びがたくさんあることでしょう。

今回は、勉強会の終了後に懇親会も行います。
(勉強会終了後に、参加者を募ってお店に行きます)
皆様のご参加を、お待ちしております!

この勉強会の参加メリット:
◎ ライフプランソフトでFP相談の質と満足度を高めるノウハウを多数紹介!
◎ 「そんな便利な機能があったのか!」という新しい発見がある!
◎ ライフプランソフトでFP相談の効率化を実現!
◎ ITにできることは任せ、FPの価値を発揮することに注力できる!
━━━━━━━━━━━━━━━━


以上がご案内となります。
ご興味ご関心をお持ちになりましたら、ぜひご参加下さいね。

この勉強会の詳細なご案内と参加申込は、下記公式サイトからお願いします。

【勉強会 今後の開催スケジュール】
https://money-study.net/schedule.htm

それでは、今回も皆様とお会いできるのを、楽しみにしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/10(土) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■8/26(月) ライフプランソフトを使いこなすFPのための質問会・情報交換会
■9/22(日) ポートフォリオ理論を学び、低リスク高リターンな国際分散投資

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2019年07月27日

なぜ「住宅ローン控除」という名前なのか、で盛り上がった話題

住宅購入において、土地を先に取得して後で建物を取得する場合に、先行取得する土地に対して住宅ローン控除を使えるのか?
と、FPの方から質問を受ける機会がありました。

本日は、これに関する話題をお届けします。

 
この質問に対しては、国税庁のサイトにQ&A形式で下記の記述があるので、参考になります。

==============
Q2
自宅を建築するに先だって土地を取得するためをの住宅ローンを組み、土地を購入しました。
建物は、住宅ローンを組まず自己資金と親からの資金贈与で建築しようと考えています。
この場合、土地の取得に係る住宅ローンについて、住宅借入金等特別控除の適用を受けることはできますか。

A2
建物の新築に係る住宅ローンがない場合は、住宅借入金等特別控除の適用を受けることはできません。
土地の取得に係る住宅ローンに関して住宅借入金等特別控除が適用されるのは、建物を住宅ローンで取得し、建物について住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローンの年末残高がある場合に限られます。

※下記国税庁のサイトより
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1225_qa.htm
==============

 
この記述から、土地のローンに対して、住宅ローン控除が使える場合と使えない場合があることがわかります。
建物に対してローンを組んでいれば、その敷地となっている土地のローンの額も「年末残高」に加算できる、という理屈ですね。
土地ではなく、建物購入の費用負担を抑えるための税制、という位置づけでしょうか。

だから「敷地ローン控除」じゃなくて「住宅ローン控除」っていうんだー、なるほどー!
とFPの方たちと盛り上がってました(笑) 覚え方のご参考に〜。

ちなみにこの国税庁のQ&Aのケースにおいては、親から贈与を受ける住宅資金は、先に土地に対して使った方がお得になりますね。
建物取得の時に、ローンを組む。そうすれば、住宅ローン控除が使えます。

国税庁のサイトで、そこまで親切にアドバイスしたらいいのに〜。
だからこそ、お得な情報を生活者にお届けするのは、国税庁じゃなくてFPだよな!

って、これまた盛り上がってました(笑)

いろいろなお金の制度を知ることも大事ですが、最終的にはお客様をサポートする力が求められるのがFPという職業かな、とこの一件で思ったのでした。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/28(日) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■7/28(日) 身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例
■8/10(土) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金

2019年07月24日

7/28(日)ライフプランソフト&金融オプション勉強会 参加申込者に案内メールお送りしました

以前からのお知らせの通り、7/28(日)にFPスキル実践活用勉強会にて、
・ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
・身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例
というテーマで、勉強会を開催します。
午前と午後に、分けて開催をします。


この勉強会に参加申し込みをされた方に、当日の案内メールをお送りしました。
申込みされた方は、案内メールのご確認をお願いします。

 
■もし、案内メールが届いていないという場合は

申込直後に参加を受け付けた旨の自動送信メールを受け取っていれば、参加申し込みは受理されています。
当日の最新情報は下記ページでご案内しております。
ご確認のうえ、当日は気を付けてお越しください。
https://money-study.net/schedule.htm

自動送信メールも受け取れていない場合は、お手数ですが下記お問い合わせのページより、お知らせ下さい。
https://money-study.net/contact.htm

 
勉強会当日は、集まった皆さんで、楽しく学べる雰囲気で進めていきます。
有意義な勉強会にいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!

なお、定員までまだ余裕はあります。
参加希望の方は、下記案内をご参照の上、どうぞお申し込み下さい。
皆様のお越しを、お待ちしております!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/28(日) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■7/28(日) 身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例
■8/10(土) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2019年07月18日

2020年4月から始まる、大学の授業料減免と給付型奨学金の拡充

本日は、教育費に関する制度改正のおはなしです。

来年2020年4月より、大学等の授業料減免制度が創設され、日本学生支援機構の給付型奨学金も拡充されることになりました。
この新しい制度に関して、今時点ですべてが決定しているわけではありませんが、今時点で決定していることについては、下記の文部科学省のサイトでご確認いただけます。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm

これをうけて、日本学生支援機構のサイトでは、来年入学者向け奨学金申込のパンフレットもすでに改定されています(給付額も改定されています)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

教育費プランニングの参考になりますので、必要に応じて詳細をご確認ください。

現行と比較して、2020年4月以降は制度がさらに複雑になっています・・・
複雑にすることで、いろいろな人に対して納得感が出るのでしょう。
でも、それを理解するFPの負担は、大きくなってしまいますね・・・。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/28(日) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■7/28(日) 身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例
■8/10(土) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2019年07月15日

葬儀代のプランニングについて その2

前回に続いて、葬儀代についてのお話です。

葬儀代をだれが負担するのか?
というのは、事前に計画が立てられていないことが多いものです。
実務上は、遺族の方が自己の財産から支払うケースが多いように、個人的には感じています。

ライフプランニングの資金計画において、この葬儀代をどのように見積もるかは、考え出すとなかなか答えが出なくて難しいところです。
その見積もり方で、私がこれまで見聞きしてきたパターンを、本日はご紹介したいと思います。

 
まず一つは、自分が亡くなった場合に、葬儀代くらいは相続財産で残して、そのお金で遺族に使ってほしいというパターンです。
このとき、キャッシュフロー表を使ったライフプランシミュレーションで、次の2つのやり方があります。

(その1)
亡くなる前年の年齢時点で、葬儀代を支出として計上する。
そのうえで、老後に貯蓄が底を尽きないことを確認する(老後破産しないことを確認する)

(その2)
葬儀代を、支出として計上しない。
ただし生涯にわたって、貯蓄の額が、葬儀代の金額未満にならないことを確認する。

 
つぎに、親や配偶者など親族の葬儀代を、自分が払うケースを想定するというパターンです。
予想外のタイミングで親族が亡くなり、多額の葬儀代を急遽捻出したことで貯蓄に余裕がなくなり、生活の不安を抱えてしまう、というケースもありますよね。
仮に、親族が亡くなった時に備えて葬儀代を予算に組み込んで、しっかり貯蓄をしていれば、いざという時にお金の心配を抱えることはなくなります。
(が、その分だけ自由に使えるお金が減ってしまうというデメリットもあります)

このようなケースに備える場合には、キャッシュフロー表を使ったライフプランシミュレーションにおいて、考えられる回数分の葬儀代を支出に計上しておき、貯蓄が生涯にわたって0を割り込まないことをチェックする、という方法があります。
事前に備えておけば、もし葬儀が発生しなかったらそのお金を老後の資金として使うこともできます。

 
以上の通りパターンをご紹介しましたが、どこまでを想定し、どこまで対策を考えるのかによって、FPが提供するアドバイスにも差が出てきますね。
葬儀代のプランニングで、参考になれば幸いです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/28(日) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう
■7/28(日) 身近な事例で学ぶ、金融オプションの正体・損得・活用事例
■8/10(土) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■8/10(土) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■8/11(日) FP1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■8/25(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■8/31(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計