2018年09月18日

年金受給開始が70歳になるのかも、と思った最近のニュース

ちょっとドキッとするタイトルですが、最近の報道を見てそう思ったのです。

まず、確定拠出年金の掛金を原則65歳までに延長する案が出ています。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34791290Q8A830C1MM8000/

現在の確定拠出年金は原則として、60歳までしか掛金を拠出できず、受給も60歳からです。
確定拠出年金を受け取れる年齢を、さらに後ろに倒す案なので、早期に年金をもらえる制度がなくなることになります。
65歳まで働くのが当たり前、がさらに推進される環境になりそうですね。


さらに別の報道で、70歳まで働きたい人は働けるように義務付ける、という案も発表されています。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018090501002095.html

もし70歳まで働けるのが当たり前になったら、いよいよ老齢年金の受給も70歳開始からになるのでは・・・と思ったのです。

老齢年金の受給開始をいきなり70歳にしても、「70歳までの収入はどうするんだ」という問題があります。
しかし70歳まで収入があるのが当たり前になれば、老齢年金を70歳から受け取るルールにしても大丈夫という方向に、話を持っていきやすいですよね。

受給年齢を引き上げても大丈夫な土壌が、徐々に出来上がりつつあるように感じた報道でした。
以上の制度改正はまだ決まったわけではなく、今時点では一つの案にすぎません。
でもライフプランを描くうえでは、年金は70歳から受け取れるという前提が重要になりそうだと、感じました。

皆さんは、いかがお考えでしょうか?
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険