2018年07月11日

実績連動報酬のファンドマネージャーは、投資家と利害が一致するとは限らない

私たち国民の財産である年金を運用してくれるファンドマネージャーの、報酬に関する話題です。

先日、興味深い記事を見ました。

・GPIF、アクティブ運用で新報酬体系 実績連動強める
https://jp.reuters.com/article/gpif-idJPKBN1J70SY

運用益を上げたら、その分だけファンドマネージャーの報酬を高く設定するという実績連動型の報酬形態を採用するとのことです。
国民の年金資産が増えることで、ファンドマネージャーの報酬も高くなることから、一見すると国民利益に合致した、望ましい報酬体系のようにも思えます。

しかし、この体系だと、ファンドマネージャーにしてみればコールオプションがかかった状態、つまり「損は限定、利益は無限」という構図になっています。

というのも、運用益が上がったら報酬が上がるのは、だれしも想像できる通り。
しかし運用で損失をだしても、クビになったり報酬減額で済み、損失の補填までは責任を負いません。
これが、「損は限定、利益は無限」というコールオプションと同じ性質というわけです。

 
このような報酬環境の下では、とにかくリスクを取って収益が出る可能性に賭ける戦略に出るほうが、確率的にはファンドマネージャーの報酬が高くなります。
もし、実績連動型のファンドマネージャーが、自分の報酬を大きくするために、そんな運用を始めたとしたら・・・
我々の年金が、そんな思惑で運用されては困りますよね。

記事を読む限り、この思惑が働きそうな環境になっていくのではないかと、心配になります。

 
実績連動型を採用したなら、運用者より権限の強い人が、運用方法を監視したり定期的な評価を行いながら、国民目線で望ましい運用をしているかチェックをすることが必要だと思います。

ただ、このチェック体制を敷いてしまうと、運用の短期的な評価という概念が入ってしまうので、長期運用の評価の妨げにもなります。また、どっちがファンドマネージャーかわからなくなる、という見方も出てしまいます。

 
自分の財産を自分で運用するなら、こういう問題は起こりません。
公共の財産を運用するとなった時に出てくる、根深い問題です。

私たちの年金資産がどのような方針で運用されるのかは、国民目線&投資家目線でチェックすることが大切ですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

<姉妹勉強会のご案内>
■7/22(日) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済