2018年07月05日

証券会社のサービスで、積立投資はあるのに、定期取り崩しはない

前2回にわたって、資産を取り崩す老後生活の話題をお届けしました。
今回は、この話題の最終回としてお話を続けていきますね。

老後に年金だけでは生活費を捻出できない場合は、資産を少しずつ取り崩して生活していくことについて、これまで説明してきました。

資産を取り崩しながらも低リスクで運用したいというニーズもあります。
ところが、証券会社のサービスには、定期的に資産を取り崩して現金化するサービスが残念ながらありません。

これの逆で、定期的に証券口座にお金を入れる定期積立(積立投資)は多くの証券会社で取り入れられていますよね。
でも、老後のニーズである「定期取り崩し」はどの証券会社でも行っていません。
これを半ば実現してくれるのが、毎月分配型の投資信託ではありますが・・・。

定期取り崩しのサービスは、証券会社にとっては自社の口座からお金が流出することになります。
それを恐れて、このようなサービスとしては行えないという判断なのでしょう。
でも定期自動取り崩しのサービスには、ニーズがあると思います。

老後に向けて資産を形成し、それを取り崩しながら生活するという考え方を多くのFPの方がしていますよね。
それに共感する方も、それなりの数はいると思うのです。
もしかしたら、この資産の定期取り崩しサービスは、有料(月額300円とか)であっても利用者は増えるかもしれないと、個人的には考えているのですけれどね。

 
いずれにしても、老後に資産を取り崩して生活をしていくためには、老後の貯蓄額と毎月の生活費をしっかり計算の上で、ライフプランニングを立てて計画的に資産管理をしていくのが望ましいですよね。
これからはますます高齢者が増える世の中になりますから、資産の上手な形成と取り崩しのアドバイスが求められる時代になるでしょう。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

<姉妹勉強会のご案内>
■7/22(日) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済