2018年04月07日

お金・FPをテーマにした、勉強会・メールマガジンのご案内

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

私はFP・お金に関する複数の勉強会とメールマガジンを運営しています。
皆様にとって、お金に関する専門的な情報を得られるきっかけになればと思い、これらの勉強会・メールマガジンのご案内をさせていただきます。

※定期的に、このご案内を配信しています。
※複数のメールマガジンをご登録されている方には、重複してこのご案内が配信されますことを、ご了承ください。

 
■FPスキル実践活用勉強会
FP試験で学んだ知識を実生活で活用し、ご家族・友人・お客様のお金の課題解決をテーマにした勉強会です。
住宅ローン(住宅購入)、投資&貯蓄、保険、老後年金、相続、節税、日々の家計改善など、お金に関して多岐にわたるテーマを扱っています。
FP相談実務・FPビジネスに関する内容もたくさん取り扱っています。
事例を使った相談シミュレーションや、グループワークなども取り入れ、「みんなで楽しく学べる」雰囲気で運営しています。

公式サイト:https://money-study.net/life-plan/index.htm
メールマガジン:https://money-study.net/life-plan/mail-magazine.htm

 
■FP技能士3級2級合格勉強会
FP3級と2級の受験者を対象に、試験合格をサポートする情報や、FP試験の過去問解説を、メールマガジンで配信中しています。
過去問解説では、FP実務と関連付けて説明しているので、資格取得済みの方も復習を兼ねて勉強できますよ。
定期的に合格ガイダンス会と、直前対策勉強会も開催しています。
まわりにFP3級・2級を受験される方がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください。

公式サイト:https://money-study.net/fp/index.htm
メールマガジン:https://money-study.net/fp/info/mail-magazine.htm

 
■FP技能士1級合格勉強会
ファイナンシャルプランナー最上級国家資格である、FP技能士1級。
その1級試験の合格をテーマにした勉強会です。
定期的に、1級試験の受験者を対象とした勉強会を開催しています。
メールマガジンでは、FP1級受験者をサポートする情報や、1級試験の通信添削企画も行っています。
FP1級レベルの内容を実践活用したい方も、参考になりますよ。

公式サイト:https://money-study.net/1fp/index.htm
メールマガジン:https://money-study.net/1fp/info/mail-magazine.htm

 
■FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランシミュレーションソフト
FP業界では「ライフプランニングソフト」と呼ばれているソフトです。
世間の平均年収や平均支出額を当てはめるのではなく、一人一人の収入・支出・人生設計を的確にくみ取って将来の資産を計算できます。
複雑なキャッシュフロー表も簡単に作れ、顧客の家計も細かく分析できるため、類似ソフトより高精度な家計分析&シミュレーションができます。
このソフトは私が開発しており、FP業務であっても無料で利用できます。
利用者の要望を反映する取り組みのもと、毎週バージョンアップしています。

公式サイト:https://financial-teacher.net/

 
以上が、お金・FPをテーマにした勉強会・メールマガジンのご案内です。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひメールマガジンのご登録、勉強会へのご参加を、よろしくお願いいたします。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●4/22(日) 家計シミュレーションソフトで損をしない住宅購入・住み替えプランを立ててみよう
●4/22(日) 金融商品販売でなく、顧客から報酬をいただく資産運用ビジネスにチャレンジしよう

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2018年04月05日

傷病手当金を受給後に復帰したが、容体が悪化したら再び傷病手当金を受給できるのか

前回は、転職直後にまた離職したとき、雇用保険の基本手当は受給できるのかどうかについて書きました。

本日もそれと似たような話ですが、病気やけがで傷病手当金を受給したあと、症状が回復して就業再開したものの、まもなくして再び病気やけがで会社を休んだ場合に傷病手当金は支給されるのか、という質問にお答えしますね。


まず、直前に傷病手当金を受給したのと異なる症状で、2度目の休職となった場合についてです。
この場合は2度目の休職において、改めて休業3日目から1年6ヶ月の期間、傷病手当金を受給できます。

次に、同一の疾病で再び休業することになった場合ですが、この場合は最初の傷病手当金の起算日から、1年6ヶ月の期間まで受給できます。
ただし同一の疾病であっても、いったん治癒して相当の期間が経過した場合には、別の疾病とみなして再度1年6ヶ月の期間が設定され、受給できる場合もあります。

以上は概略ですが、下記の厚生労働省のサイトなども参考にしていただければと思います。

http://kokoro.mhlw.go.jp/mental-health-qa/mh-qa007/
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●4/22(日) 家計シミュレーションソフトで損をしない住宅購入・住み替えプランを立ててみよう
●4/22(日) 金融商品販売でなく、顧客から報酬をいただく資産運用ビジネスにチャレンジしよう

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2018年04月02日

転職直後にまた離職したとき、雇用保険の基本手当は受給できるのか

前回3/23(金)に、FP相談シミュレーションを題材にした勉強会を開催しました。
その勉強会で、次のような話題が出ました。


あるA社に一定年数勤務し退職。
雇用保険の基本手当を受給した後に、B社に就職。
しかし、そのB社を短期間で退職した場合に、雇用保険の基本手当を再度受給できるのかどうか


今日は、これについて簡単にご説明します。

まず、再就職先(B社)で新たに雇用保険に加入したのであれば、雇用保険の受給の資格期間がいったんリセットされ、その会社に入社してから12か月以上が経過しないと、原則として基本手当を受給できません。
なぜなら、基本手当の受給要件が「過去2年間で12か月以上の被保険者期間がある者」となっているからです。
これはFP3級試験でも、お勉強します(みなさんは覚えていますよね? 笑)

一方で、B社で雇用保険に加入しない働き方をしていたのであれば、A社退職の際の基本手当を、再び受給できる可能性があります。
A社退職後に、基本手当の受給日数を残して就職したのであれば、その受給日数の残りのをB社退職後も受け取ることができます。
名目上は、A社退職後の就職活動がその時まで続いている、という見方によるものです。
ただし、A社を退職してから1年間という制限もありますので、この点も注意が必要です。


さらに話をひっくり返すようですが、B社で雇用保険に加入していたとしても、同様にA社退職の際の基本手当の受給日数が残っていれば、それを受け取ることができるようになっています。

雇用保険のルール上、このように規定されています。
以上が概要となりますが、詳細を学びたい場合はハローワークのサイトや、インターネット検索等で調べてみましょうね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●4/22(日) 家計シミュレーションソフトで損をしない住宅購入・住み替えプランを立ててみよう
●4/22(日) 金融商品販売でなく、顧客から報酬をいただく資産運用ビジネスにチャレンジしよう

<姉妹勉強会のご案内>
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険