2018年01月21日

老齢年金の繰下げが70歳以降でもできるようになるかもしれない改正

ここ最近は、年金の繰下げ年齢を70歳以上に引き上げていくことが、報道されていますね。
まだ正式に決まったわけではなく、国のほうで検討されているという段階です。
実現するとしても、2020年以降と思われます。

現在は、65歳より後に年金を受け取ると、1か月につき0.7%ずつ年金が増額されて受取れます。
70歳まで待つことで、最大42%(0.7%×60ヶ月分)も年金を増額させることができます。
70歳を超えてから年金を受け取れるとなった場合には、もしかしたら50%、60%の増額された年金が受け取れるようになるかもしれません。


繰下げ受給を選択すると、その時から12〜13年ほど長生きできれば、65歳から年金をもらう(増額率なし)よりも、生涯でもらえる年金が多くなり、得になります。
例えば70歳から年金をもらったとしたら、12年後の82歳を超えて長生きできれば、70歳で繰下げしたほうが得ということになります。

長生きする世の中になってきているので、平均寿命より長生きするなら、繰下げをすることが有利であると計算上は言えるのです。


さて、70歳以降まで年金を繰り下げられるようになった場合、いつから年金をもらい始めるべきかはなかなか判断が難しくなっていきます。
70歳を超えてから年金をもらうことになれば、さらなる年金の上昇は見込めます。
しかし一方で、寿命年齢に近づくことになるため、1年あたりの年金が増えても、もらえる年数が少なければ損になってしまいます。


70歳以降も繰下げが可能になった場合、リタイアメントプランニングに幅が広がります。
いろいろな選択肢を考えたうえで、何歳から受け取るべきかを考えていくことが、重要になりそうです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)
●2018/2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険