2018年01月12日

健康でいることが、国民のお金と国家のお金を改善する

日本経済新聞社のサイトで、興味深い記事を見ました。
健康を維持し、病死しなければ、医療費の削減につながるという調査結果です。

死因には、がんやそれ以外の病気など、様々なものがあります。
しかしそのどれにも該当せずに「老衰」で亡くなられた方、つまり病気やケガが原因ではない死亡の方は、かかる医療費の額が小さいことが調査結果から分かったとのことです。

健康のままあの世に行ける、ピンピンコロリ、などともいわれるものですが、元気なまま寿命を全うするところに多くの人はあこがれのようなものを感じていますよね。


医療費がかからないということは、年金生活者がその中から医療費をねん出する必要性もなくなり、ゆとりある生活を送れるきっかけになります。
老後の家計改善に、有効な暮らし方ですね。

また国としても、医療費の増大を抑えることができるメリットがあります。
今後医療費の増大が予想される中、その財源をどうするかも問題となっています。
国民みんなが健康であれば、税や社会保険料などを抑えられ、国家のファイナンシャルプランニングにも貢献できますね。


病気の治療も大切ですが、病気の予防にも国をあげてもっと取り組んでもいいんじゃないかなーと思いながら、記事を読みました。
国民みんなで健康になれたら、いっそうよい社会になるような気がします。

とはいえ、お医者さんは商売あがったりになるのかも・・・
お医者さんのファイナンシャルプランニングにおいては、逆境となるかもしれませんね。

参考記事:
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/health-expenditures-topics6/
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)
●2018/2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険