2018年01月30日

姉妹サイトから「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」のご案内です

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、姉妹サイトである「FP1級技能士合格勉強会」で開催する、合格ガイダンス会のご案内となります。
これからFP1級を目指したい方にピッタリの内容だと思います。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひお越しください!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これからFP1級学科試験を受験される方を対象として、試験合格に役立つ情報をたくさん得られる「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」を、東京都内で開催します。
次回は、3/17(土)に開催することが決定しました。

・広く深く正確な知識をカバーするために学びの視点を広げ、
・初出題・未知の出題への対応力も高め、
・実践的な学びの感覚をもってFP1級合格を目指そう!

というテーマでお送りする、FP技能士1級学科のガイダンス会です。
前回は12月に開催しましたが、今回はさらに内容を拡張してお届けします。

このガイダンス会の参加申し込みは、本日より受け付けを開始しています。
得点アップにつながる勉強法のご紹介、さらには1級学科試験の合格者をお招きしてパネルディスカッションなども行います。
日本で唯一・独自の内容で、FP1級を目指す皆様を応援するガイダンス会です!

・2級に合格し、これから1級合格を目指したい方
・1級試験を受験するかどうか検討中の方
・1級学科不合格となり、自分に足りない点を補って次こそ合格したい方

など、FP1級にご興味ご関心をお持ちの方ならどなたでもご参加いただけます。
今回のガイダンス会の開催概要は次の通りです。

 
■最上級FP資格、FP1級技能士とCFPの紹介
まず、FPの最上位資格であるFP1級とCFPが、金融業界でどのような位置づけの資格なのか、どのようなスキルが求められているのかをご紹介します。
FP1級とCFPとの違いや、FP1級やCFPにまつわる様々なウワサ、都市伝説についても触れてみます。
FP1級の取得メリットや、一部の金融機関はなぜFP1級の資格を取らせようとしているのか、などもご紹介します。
合格に向けて、自分がこれからどのようなレベルを目指していくのか、資格取得に向けてのスタートラインとゴールラインを明確にしていきます。

■他の専門資格との関連性、FP資格と比較したメリット・デメリット
税理士・社労士など、6分野にわたって他の専門資格が存在します。それらの資格とFP1級との間に、どのような関連性があるのか、主に業務上の観点からご紹介します。
また、これら専門資格とFP1級の、どちらを取るのが有利なのかを、複数のケースでご紹介し、どの資格からとればよいかの判断材料にしていただければと思います。

■FP1級・CFPの試験体系と合格までの道のり
FP1級とCFPは、互いに異なる資格でありながらも、取得までの道のりに重なる点もあります。
この両FP資格を含め、FP資格体系の全体を理解し、受験に必要な要件・道のりをご紹介します。
資格取得の過程で受験することになる、FP1級学科試験またはCFP試験の、それぞれの違いもご紹介します。
人によって、どちらがとりやすいか、どちらを取るべきかの判断が分かれる点もありますので、そこにも踏み込んでご紹介していきます。

■FP1級学科試験の難易度を体感する
FP1級学科試験の体験問題にチャレンジしていただき、FP1級でどのような学びの視点が必要なのかを、体験していただきます。
その後、過去問をご紹介しながら、FP2級試験と比較してどのような出題の特徴・違いがあるのかを紹介します。
FP1級学科試験はなぜ合格率が低いのか、そして受験者が乗り越えるべきハードルは何なのかを、前もってイメージしていただけます。

■FP1級学科合格に近づく4つの学習法
FP1級学科は難関試験であり、2級までの学習法が通用しにくい特徴があります。
その1級学科試験を乗り越えるための優良な教材が、実は身近なところに存在します。高額な有料教材ばかりではなく、無料で手に入る教材もあるのです。
市販の試験対策テキストに加え、それらの教材も活用する4つの学習法をご紹介します。
この学習法で、1級学科の広く深い試験範囲をカバーでき、未知の出題に対する対応力をつけ、最新の法改正問題にも対応でき、合格につながる大きな力になります。
この点を、踏み込んでご紹介します。

■FP1級学科合格者によるパネルディスカッション
FP1級学科試験の前回の合格者を数名お招きし、合格までの過程で苦労したこと、効果的な学習法、合格の決め手、後悔したことなどをお話頂きます。
前回学科の合格者は全国に数百人しかいませんが、その合格者が何人も集まり、これから学科合格を目指す方へアドバイスもお話いただける、とても貴重な機会です!

■FP1級に関する様々な質問にお答えします!
FP1級に関する質問に、当勉強会スタッフやパネルディスカッションにお越しいただく合格者が、お答えしていきます。
1級試験に限らず、FPに関して幅広いテーマにもお答えします。
皆様の疑問・質問をガイダンス会に持ち込み、この機会に解消しましょう!

■雑談ミニ交流会もあり
参加者・合格者・運営スタッフとで、ざっくばらんに語り合う時間もあります。
受験の動機、試験対策のコツなど、楽しく情報交換ができる時間です。
同じ目標に向かって頑張る仲間と出会いたい、いろいろ有益な情報を得たい、という方にはとても貴重な機会です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

以上がご案内となります。

ガイダンス会の詳細と参加申込は、下記公式サイトよりお願いいたします。
https://money-study.net/1fp/session/
※PC、スマホ両対応のサイトです。

合格を目指す皆様とお会いできるのを、楽しみにしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●3/17(土) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●3月中旬(予定):受験前に役立つ情報満載!FP3級2級合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2018年01月25日

移住に関するライフプランニング、移住後の収支の見積もり

先週に開催した勉強会の懇親会で、移住が話題に出ました。
ライフスタイルの変化や、あこがれの暮らしを実現するために、移住を選択する方もいらっしゃいます。

その懇親会の時には、移住のメリットだけでなく、注意点や失敗談についても話題が広がりました。
そのときの内容を、こちらでも共有したいと思います。

 
移住といえば、都会から田舎へ、というイメージが強いと思います。
老後に静かなところで暮らしたいとか、子供と一緒に自然がたくさんあるところで暮らしたい、という理由で移住するする人もいます。

一方で、次のような理由で、田舎から都会へ移住する方もいます。

・車が必須の地域から、電車で気軽に移動できる環境に住み替えたい
・スーパー、病院、娯楽施設が近くにそろう便利な環境で暮らしたい

暮らしに関する希望は人によって実に様々ですね。
ですが、現実としてお金の問題が切り離せません。
移住におけるお金の心配として、例えば次のようなものが挙げられます。

・移住先での収入源をどうするか
・現地での生活費はどれくらいになるか(今とどれくらい変わるのか)
・予想外の支出として、どのような費用を見積もっておけばよいか

どこで暮らしていくにも、収入と支出のバランスは切り離せない問題ですよね。

移住を希望される方へのライフプラン相談では、単に収入と支出の金額を予想して当てはめるだけではなく、どのような暮らしをするのかをしっかり見定めたうえで、できるだけ精度高く家計のやりくりを見通しておくことが重要です。

・住まいにかかる費用を、現地の不動産屋で事前に確認する
・スーパーで売られているものの価格を確認し、生活費の変動を予想する
・日々の生活でどれくらい移動するかを予想し、ガソリン代やバス代などの交通費を予想する

といったチェックにより、移住後の生活費を精度高く予想できます。
このような観点を持って、移住の資金計画を行うとよいでしょう。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●3月中旬(予定) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●3月中旬(予定):受験前に役立つ情報満載!FP3級2級合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年01月23日

次回は、若者向け金融教育(家計管理・体重債務)がテーマの勉強会を開催します

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

2/17(土)に、下記のテーマで勉強会を開催します。

・若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう(第2回)

昨年7月にも同様の内容で開催しましたが、今回は新しいテーマの導入&さらに内容を充実させています。

 
中学生、高校生、大学生など若い世代への金融教育が重要だといわれているものの、なかなかその機会は増えてはいません。
その理由の一つに、大人側の事情もあります。若い世代への金融教育をどのように進めればよいかわからない、自分の力で実施できか不安、という大人・指導者も多くいるからです。

そこで今回の勉強会では、高校生を対象とした金融教育を、実際に皆さんに体験していただきます。
そして、体験した内容を真似していただくだけで、皆さん自身が要領を踏まえて金融教育の授業を実施できる! という内容で進めます。

今回は、次の2つの授業を実演します。

・大人になって必要となる、家計管理の考え方
・クレジットカードや奨学金を利用する子供に知ってもらいたい、借金・多重債務

グループワークをしたり、「お互いに知恵を出し合い相手の考えを尊重する」という内容も含まれます。
このような内容は「アクティブラーニング」とも呼ばれ、今後の学校教育で取り入れられることになっておりますが、それも体験していただけます。
子供たちが前向きに学べる環境の作り方も、参考にできますよ。

さらに、若者向けの内容を応用し、子育て世代や高齢者向けの金融教育への発展のさせ方にも触れていきます。

・金融教育(金銭教育)に関心をお持ちの学校の先生
・お金のアドバイザー(ファイナンシャルプランナーなど)の方
・自分の子供に金融教育をさせたいと思っている保護者の方
・若者支援の観点で、地域活動をされている方

にぴったりの内容です。
金融教育に興味をお持ちの方は、ぜひご参加下さい!

 
この勉強会の詳細と参加申し込みは、下記公式サイトでご案内しております。
詳しい内容は、こちらをご覧いただきますよう、よろしくお願いします。
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

皆様のご参加を、お待ちしております。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●3月中旬(予定) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●3月中旬(予定):受験前に役立つ情報満載!FP3級2級合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2018年01月21日

老齢年金の繰下げが70歳以降でもできるようになるかもしれない改正

ここ最近は、年金の繰下げ年齢を70歳以上に引き上げていくことが、報道されていますね。
まだ正式に決まったわけではなく、国のほうで検討されているという段階です。
実現するとしても、2020年以降と思われます。

現在は、65歳より後に年金を受け取ると、1か月につき0.7%ずつ年金が増額されて受取れます。
70歳まで待つことで、最大42%(0.7%×60ヶ月分)も年金を増額させることができます。
70歳を超えてから年金を受け取れるとなった場合には、もしかしたら50%、60%の増額された年金が受け取れるようになるかもしれません。


繰下げ受給を選択すると、その時から12〜13年ほど長生きできれば、65歳から年金をもらう(増額率なし)よりも、生涯でもらえる年金が多くなり、得になります。
例えば70歳から年金をもらったとしたら、12年後の82歳を超えて長生きできれば、70歳で繰下げしたほうが得ということになります。

長生きする世の中になってきているので、平均寿命より長生きするなら、繰下げをすることが有利であると計算上は言えるのです。


さて、70歳以降まで年金を繰り下げられるようになった場合、いつから年金をもらい始めるべきかはなかなか判断が難しくなっていきます。
70歳を超えてから年金をもらうことになれば、さらなる年金の上昇は見込めます。
しかし一方で、寿命年齢に近づくことになるため、1年あたりの年金が増えても、もらえる年数が少なければ損になってしまいます。


70歳以降も繰下げが可能になった場合、リタイアメントプランニングに幅が広がります。
いろいろな選択肢を考えたうえで、何歳から受け取るべきかを考えていくことが、重要になりそうです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)
●2018/2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2018年01月18日

「保険の見直しFP相談やってみよう」のテーマで勉強会を開催しました

先日1/14(日)に、FPスキル実践活用勉強会にて「保険の見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)」というテーマで勉強会を開催しました。

保険に関する相談事例をもとに、相談者の悩みを解決するためにどのような解決法があるか、どのように提案のお話をするか、について考えていくという内容で進めました。
今回は、このテーマで相談実績のあるFPの町田様に講師をお願いしました。
実際の経験に基づく内容は、深みが出るものだなあと、あらためて思いました。

グループワークでは、参加されたいろいろな方の提案内容、解決方法にも触れることができたのではないでしょうか。
ある課題を解決するにも、複数の解決法が見つかることもあります。
相談者にとってはどれが最も望ましいのかを考える経験を積むことで、お金の専門知識を人々の幸せに変えていく力になることでしょう。

 
終了後に、講師を交えての懇親会も行いました。
どのようにしてFPのキャリアを積んでいくか、さまざまあるFP業務をどのようにこなしていくか、移住を希望される方にどのような支援ができるか・問題点とその解決法は何か、といった話題が出ました。

また、お金の悪い話は突然沸いたように出てきますが、その予兆を知っている人は知っていた、などなど、ここに書けないお金の裏話がたくさんでて、盛り上がりました(笑)
勉強会では得られないような話題に触れられるのも、懇親会のいいところですね。都合がつかず懇親会に来られなかった方は、また今後の機会にご参加くださいね。

 
【今後の勉強会のご案内について】
勉強会の開催案内は、下記メールマガジンとfacebookでご案内いたします。
いち早く開催日を知りたい場合は、こちらにご登録をお願いいたします。

メールマガジン(無料):
 https://money-study.net/life-plan/info/mail-magazine.htm
facebookページ:
 https://www.facebook.com/fp.skill.study/
 ※いいねを押すと、皆様の画面に案内が表示されるようになります。


勉強会は定期的に開催をしております。
また皆様にお会いできるのを、楽しみにしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)
●2018/2/17(土) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

<姉妹勉強会のご案内>
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス