2017年11月30日

収入が増えても、「収入の壁」を超えないよう確定拠出年金を使うというアイデア

人材不足の企業が増えていることから、人材確保の動きを強化するというニュースを見かけるようになりました。
人材不足の対策として、パートの時給を上げていく企業もあるようです。

時給アップは、働く人に収入アップをもたらします。
支出を減らすのに比べ、収入を上げる方法は選択肢が限られるので、なかなか難しいです。
そんな中、収入アップにつながる話題なので、この流れに乗れるなら乗りたいと思う人は、多いのではないでしょうか。

しかし収入アップのいい機会となるはずなのですが、103万円などのいわゆる「収入の壁」を超えないよう、パートの方が働く時間を自ら減らしている実態もあるようです。
このような収入の壁を越えてしまうと、社会保険の加入が必要になったり、税制上・社会保険上の扶養から外れることによるデメリットを受ける場合があるからです。
そのため、パートの方で壁をぎりぎり超えないようにされている方は、時給が上がったら代わりに働く時間を減らす、という行動を取る人もいるようです。

これでは、働く人にとっては生涯収入を増やすことはできないですし、働く時間を減らされたら企業側の人材不足問題も解決できません。

 
以上の内容が、日経新聞で報じられていました。
ただ、この問題を解決する方法も同時に報じられていて、その中に確定給付年金や確定拠出年金を活用するという考え方が紹介されていました。
簡単に説明すると、103万円などの壁を超える部分を、会社が拠出する確定給付年金または確定拠出年金として支給する、という方法です。
具体的な方法はいくつかありますが、例えば時給を上げる代わりに、福利厚生としてこれら企業年金の金額を上積みするという方法があります。

それにより、給与の金額は据え置かれるため、税・社会保険制度上の壁を超えることもなく、生涯で見たときに収入アップになるというわけです。
給与の一部を確定拠出年金に振り替えられる「選択制確定拠出年金」という仕組みもあるので、これを活用することもできますね。

こういう制度の活用方法もあるのだな〜と、記事を読んで感心しました。

 
このように、働く人の収入アップと、「壁」を超えないことを、うまく両立した解決法ではありますが、メリットばかりでもありません。
検討すべき点もあります。

一つは、確定給付年金や確定拠出年金として受け取るお金は、60歳以後というずいぶん先にならないと受け取れません。
すぐに手元のお金を増やせるわけではなく、あくまでも老後資金が上乗せされるにすぎないのです。
したがって、直近で暮らしが楽になるというわけではありません。

もう一つは、この給与の後払いという考え方は、労働基準法に反する考え方でもあるという点です。
労働基準法第24条には「賃金は、通貨によりその全額を支払うこと」という規定があります。
したがって、「給与を老後に後払いする」という発想が前面に出てしまうと、「労働の対価は全額支払われるべき」という法の考え方に反する、という解釈ができなくもないわけです。

 
この点に注意は必要ではあるものの、確定拠出年金などを活用して、
壁を越えずに生涯年収を高める方法がある、ということを本日は
お伝えいたしました。
もちろん、壁を超えて働くことのメリットもあるわけで、それは今回は
お伝えできませんでした。この点も天秤にかけて、最終的なライフ
プランニングの判断を行ってもらえればと思っています。
貴重な収入アップの機会が、多くの方に訪れるといいですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)

<姉妹勉強会のご案内>
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2017年11月28日

来年1月に、保険の見直しをテーマにしたの勉強会を開催します

来年1/14(日)に、下記のテーマで勉強会を開催します。

・保険の見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)

今回は、保険見直しをテーマとした家計診断(FP相談シミュレーション)です。
皆さんがこのテーマで相談を受けたとして、FPとしてどのようにアドバイスするかを、事例を使って考えていただく、という内容です。

保険の見直しは、FPとして定番のテーマですね。しかし今回扱う事例は、

・自分の家計のためには保険は解約したほうが良い
・しかし家族の保障のためには保険は必要
・保険以外の費用は生活の必要性から削減しにくい

という板挟みの状況にある方から、保険の見直しを依頼されるという相談事例です。
この事例を題材にして、

・家計と保障とのバランスをどうとるか
・残す保険、解約する保険をどのように選定するか
・相談者の意向をどのようにくみとり、どのように話を組み立てるか

という観点で、アドバイス・提案に役立つノウハウを学びます。
保険の見直し相談を体験しながら、FPとしての実践力を高めていきましょう!

 
今回の講師は、FPとしてこのテーマでの相談業務経験がある、町田萌様にご担当いただきます。
講師の相談体験談もお話いただきますので、あわせてご参考にしていただければと思っています。

来年2018年から当勉強会では、実務経験がある方に講師をご担当いただく機会を積極的に作っていきたいと思っています。
講師応募に関しては、勉強会の中で詳しくご紹介しますので、皆様からのご応募をお待ちしております。

 
この勉強会の詳細と参加申し込みは、下記公式サイトでご案内しております。
詳しい内容は、こちらをご覧いただきますよう、よろしくお願いします。
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

皆様のご参加を、お待ちしております。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)

<姉妹勉強会のご案内>
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2017年11月26日

地震保険の支払いルール、自宅に損害がなくても全損になる場合

地震保険はどのような保険なのか、という基本的な概念は、FP資格を取得された方であればご存じだと思います。
しかし、万一地震が起こった場合に、
・どのような基準で、保険金がいくら支払われるのか
・全損、一部損などの判定を、どのような基準で行っているのか
などの実務的なところは、それを学ぶ機会がないと理解できないと思います。

私は先日、地震保険の支払業務に関するお勉強の機会がありました。
その中で知った、ちょっと意外だったな〜と思った点をご紹介します。


地震保険では、実質的な被害がなくても「全損」と認定される場合があるのです。

例えば、地震でがけ崩れが起こり、幸運にも自宅に直接的な被害は出なかった場合です。
崩れたがけが間近に迫り、大雨でも降れば土砂が自宅まで押し寄せる可能性が非常に高いという状況であれば、もはや安全に住み続けることは不可能です。当然、自然に解消される見込みもないですから、以後住み続けることは困難と認定されれば、その建物は全損とみなし、地震保険の支払いの対象となるのです。

もう一つの事例ですが、マンション所有者で、自分の部屋(専有部分)に直接的な被害がなかったものの、マンションの1フロアが完全につぶれてしまった(層崩壊)場合です。
このような場合は、安全性の観点から、建物全体を建て替える必要性があります。
自分の専有部分に影響がなくても、建物全体を建て替えることになる被害であれば、地震保険では全損認定となります。


この2つに共通するのは、自分の所有物(持ち分部分)に全く被害がなくとも、もはや今後に住めなくなる状況であるという点です。
自分には直接的な被害がなくても、状況によっては全損と認定される制度になっていて、それはありがたい仕組みだな〜と、感じたのでした。

この話題以外にも、被害の査定方法など細かいお話もありました。
地震保険の査定について詳しくまとめた書籍もあるとのことです。
実務上の詳細を学びたい場合は、こういった書籍を一冊読むのがよさそうですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018年1月(予定) 保険の見直し(仮)

<姉妹勉強会のご案内>
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理

2017年11月23日

段階的に金利が下がるステップダウン型住宅ローンは、お得な商品なのか

先日、段階的に金利が下がっていく住宅ローンの提供を、新生銀行が始めました。
ステップダウン金利タイプといって、年数が経過するごとに、金利が段階的に下がっていくローンです。
FPの皆さんの間でも、話題になっているかもしれません。

私はこんなローンの存在を初めて知ったので「面白いものを作ったな〜」と思いました。
でも実は、以前からこのような住宅ローンは存在していたようです。
(知っている人は知っていたローン形態、というところでしょうか!?)


面白いものを作ったな〜と思った一方で、率直に、これは顧客には不利な金融商品だと感じました。

不利となる理由ですが、
・ローン残高の多い最初の時期に、高い金利がかかり、
・ローン残高が少なくなる後半に、低い金利がかかる、
という組み合わせなので、トータルで顧客が支払う利息の額が大きくなります。

変動金利でローンを借りる場合は「これから金利が上がるかもしれないから注意しよう」などといわれますが(そうなるという確証はどこにも誰にもないけれど)、これの逆パターンですね。

変動金利の場合だと、金利が高くなる前に繰り上げ返済をするという手段で、高金利の影響を避けられます。
しかし、高金利→低金利と変化するステップダウン金利タイプだと、繰り上げ返済をしても、高金利の状態のときだけしかローン返済できないため、お得にはなりません。
損が先に、得が後に、という金融商品とも言えます。
だから、損を回避できる選択肢が、顧客には少なくなってしまうのです。


私なりにいろいろ考えてみましたが、ステップダウン金利型で得をするケースは正直、見受けられないと感じています。

変動金利型ローンと比較すると、変動金利型が有利に見えます。
なぜなら、まず最初に有利な低金利が適用されますし、あとで金利が高くなっても、繰り上げ返済をしたり別のローンに借り換えもできます。ステップダウン型だと、このような選択をしても、得になりにくいです。

全期間固定金利ローンと比較した場合、やはり固定金利ローンのほうに軍配が上がると感じます。
というのも、ステップダウン金利型は最後には金利こそ低くなるものの、トータルで支払う利息は全期間固定金利ローンのほうが少なくなる傾向があるからです。(設定金利によりますが)

このような観点で比較すると、ステップダウン金利型を積極的に推奨できるケースは見受けられないと感じます。
だからこそ、おおいに普及してこなかったのかもしれません。


逆に皆さんのほうで、このローンをお勧めできるケースがあれば、ぜひ教えてください!
金融リテラシー向上には、多用なモノの見方も欠かせませんからね。

最後に、新生銀行のステップダウン金利商品のリンクをご紹介しておきます。
http://www.shinseibank.com/powerflex/housing/stpdwn.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2018年1月(予定) 保険の見直し(仮)

<姉妹勉強会のご案内>
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産

2017年11月20日

相続トラブル対策をテーマにした勉強会を開催しました

先日11/18(土)に、FPスキル実践活用勉強会にて「遺産が確定できず分割もできないという相続トラブル解決&防止法」というテーマで勉強会を開催しました。
相続にご関心をお持ちの、16名ほどの方にお集まりいただきました。

相談事例をもとに、相談者の悩みを解決するためにどのような解決法があるか、どのように提案のお話をするか、について考えていただきました。
FP試験で出るような、すぐに答えが出るものではなく、依頼者の希望に沿ったうえで、現実的な解決につなげていくためにはどのような方法があるのかを考えていただきました。
また、こちらの提案を相手側が受け入れてくれればよいのですが、受け入れてくれなかった場合にさらにどのような方法を備えておくか、先を読んで対応の引き出しを増やしておく、という考え方もお伝えしました。

現実にあるトラブル事例から学び、自分自身の提案力を高めていただけるきっかけになれば幸いです。

 
懇親会にも、半数以上の方にご参加いただきました。
職業も様々、相続に対する取り組み度合いも様々な方が集まり、楽しく情報交換ができました。
懇親会に行きたいけれど、都合がつかず来れない方も何名かいらっしゃいましたが、可能な限り毎回、懇親会は行いたいと思っています。
また次回以降、お越しくださいね。

 
【今後の勉強会のご案内について】
勉強会の開催案内は、下記メールマガジンとfacebookでご案内いたします。
いち早く開催日を知りたい場合は、こちらにご登録をお願いいたします。
次回は来年1月の開催を予定しています。
勉強会の内容と日時が決まりましたら、改めてご連絡をいたします。

メールマガジン(無料):
https://money-study.net/life-plan/mail-magazine.htm

facebookページ:
https://www.facebook.com/fp.skill.study/
※いいねを押すと、皆様の画面に案内が表示されるようになります。

また皆様にお会いできるのを、楽しみにしています!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●11/3(金・祝) 社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう(1級試験対策にも)
●11/18(土) 遺産が確定できず分割もできないという相続トラブルの解決&防止法

<姉妹勉強会のご案内>
●11/18(土) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会