2017年10月30日

相続で、遺産を明確に特定できないトラブル事例と、その解決方法について

ここ最近は、勉強会のご案内のお知らせが多くなってしまっています。。。
私のほうで複数のFP関連の勉強会を運営していますが、10月から12月にかけて、勉強会の開催が2週に1回の頻度となっています。
スケジュールの変更があったり、どうしても時期的な開催要因の理由もあったりして、このような頻度になっていまいましたが、運営する側としては、とてもあわただしいのです(笑)

なので勉強会のご案内がちょっと多めになりますが、ご容赦ください。

11/18(土)に、「遺産が確定できず分割もできないという相続トラブル解決&防止法」というテーマで勉強会を開催します。
これに関連して、今回は相続の話題をお届けしたいと思います。

 
FP試験でも「遺産分割」について学びますよね。
実際の相続事例において、必ずしも遺産をきれいに分割できるケースばかりではありません。
うまく分けられないため、遺産相続でもめるというお話は、みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。

遺産の中に金融資産が少なく、持ち家など不動産が大部分を占めている場合は、そもそもどうやって分ければよいのかで困ります。
(土地や建物は、物理的に分けることができません)
相続人が、お互いに取り分を主張して合意が取れず、やむなく家庭裁判所による調停・審判によって遺産分けを行うケースもあります。
(調停分割・審判分割は、年間1万件以上あります・・・)

遺産分けが難しくてもめるケースもありますが、一方で、遺産の存在自体でもめるケースもあります。
例えば、遺産の中に不動産が存在するものの、登記が正しく更新されていないことから調査を進めていくと、亡くなった人の土地だと思っていたのに、実はそうでない人の所有物だった、ということがわかる場合もあります。
こうなると、遺産を明確に特定できない事態になります。
その土地が遺産に含まれるのか含まれないのかで、相続人の法定相続割合の金額が変わったり、納得できる遺産分割のやり方も変わります。
なので、遺産なのかどうかを特定すること自体が、相続における最重要課題となってしまいます。

同じく遺産を特定できない事例として、亡くなった人の銀行口座が、他人の名義預金だった/いや亡くなった人の預金だ、という観点でもめるケースもあります。

別の事例では、保険金が「特別受益」に該当するのかどうかで争われるケースもあります。
受取る保険金は、原則として受取人固有の財産となりますが、特別受益とみなされると、それを持ち戻して遺産分割を行うことになります。
したがって、特別受益とみなされるかどうかで法定相続割合の金額や、分割の仕方が変わるため、やはり遺産分割の最重要事項になってしまうのです。

ここまででいろいろな事例を取り上げましたが、遺産であるのかないのかで、相続人間で利害が対立することもあります。こうなると、誰しも損はしたくありませんから、相続人の間で主張が対立し、簡単に解決できない問題へと発展することもあるわけです。

 
このように、どこまでが遺産なのかが明確でないトラブル事例を扱い、どのような解決法・防止法があるのかを考えるのが、次回11/18(土)の勉強会です。
FPの業務範囲を超えた内容を扱う、ちょっと濃い内容になりますが、相続に関する深い知見も得られますので、ご興味をお持ちになりましたら是非ご参加ください。

勉強会終了後には、懇親会も行います。
運営スタッフや参加者の皆さんと、楽しく学べる1日になればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●11/3(金・祝) 社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう(1級試験対策にも)
●11/18(土) 遺産が確定できず分割もできないという相続トラブルの解決&防止法

<姉妹勉強会のご案内>
●11/18(土) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈与・相続・事業承継

2017年10月28日

11/3(金・祝)「社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう」参加者に当日の案内メールを送りました

以前からのお知らせの通り、11/3(金・祝)にFPスキル実践活用勉強会にて、
・社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう
というテーマで、勉強会を開催します。


この勉強会に参加申し込みをされた方に、当日の案内メールをお送りしました。
申込みされた方は、ご確認をお願いします。
もしメールが届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが下記お問い合わせのページより、お知らせ下さい。

【お問い合わせのページ】
http://money-study.net/contact.htm

 

勉強会当日は、集まった皆さんで、楽しく学べる雰囲気で進めていきます。
有意義な勉強会にいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!

なお、定員までまだ余裕はあります。
参加希望の方は、下記案内をご参照の上、どうぞお申し込み下さい。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●11/3(金・祝) 社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう(1級試験対策にも)
●11/18(土) 遺産が確定できず分割もできないという相続トラブルの解決&防止法

<姉妹勉強会のご案内>
●11/18(土) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2017年10月24日

家計の見直し&保険の見直し の勉強会を開催しました!

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

先日10/22(日)に、「家計シミュレーションソフトを使った家計の見直し&保険の見直し」というテーマで勉強会を開催しました。
台風が近づく中でしたが、家計の見直しと保険の見直しに高い意識を持った多数の方にお集まりいただきました。

将来の年収、住まいの計画、加入保険の情報を元に、将来のお金の動きを把握し分析する方法をご紹介しました。
将来に貯蓄が底を尽きるなど問題点が見つかった場合には、事前にその対策を立てることで、今後に安心できる家計プランを作ることができるということも、ご紹介しました。

家計の見直しと保険の見直しを、参加者同士でのグループディスカッションも交えました。
このような取り組みの中で、楽しみながら学べる機会になったのであれば幸いです。

当勉強会はテーマを変えながら、毎回「楽しく学ぶ」というコンセプトを大切にして運営をしています。

次回は11/3(金・祝)に、「社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう」というテーマで勉強会を開催します。
社会保険制度を深く細かく学ぶためのポイントにも踏み込んで進めていきます。
1つの制度を深く掘り下げて学ぶという、新しいコンセプトの内容になりますが、ぜひ楽しみにしていただければ幸いです。

今後の勉強会の参加申し込みも、現在受付中です。
ご興味をお持ちになりましたら、下記のご案内をどうぞご覧ください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●11/3(金・祝) 社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう(1級試験対策にも)
●11/18(土) 遺産が確定できず分割もできないという相続トラブルの解決&防止法

<姉妹勉強会のご案内>
●11/18(土) 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
●12/3(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2017年10月21日

NPO法人の年収に関する皆様からのご意見のご紹介です

先日に、NPO法人の年収についての話題をお届けしました。
この話題に関心をお持ちになった何人かの方から、コメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます。


まず、NPO法人の職員の方の老後が心配だ、という声をいただきました。
NPO法人の職員の方は、正規の会社員と同じように働いていれば、厚生年金や健康保険に加入しています。
とはいえ平均年収が会社員の半分くらいですから、老後の年金も少なくなりますし、現役時代に老後資金を蓄えることもなかなか難しいかもしれません。
実際のところ、NPO法人に大卒で入社し、定年まで勤め上げる、という方は少ないと思います。
もし、NPO法人にお勤めの方がライフプラン相談に来られたとしたら、過去の職歴や今後の働き方、現在の貯蓄額などをヒアリングし、将来の生活設計について考えていくのがよいでしょう。


次に、NPO法人の職員に支払われる報酬の少なさに問題がある、という声もいただきました。
報酬の高さよりも仕事のやりがいを重視する人の判断によって、NPO法人の平均年収が低くなっている点はあるかと思います。
しかしNPO法人として収益性を高め、そこで働く人にもう少し報酬を分配できるよう、NPO法人の理事はがんばるべきだというご意見も、一理ありますね。


最後のご意見は・・・
「FP協会の年会費、値下げしろ!」です(笑)
NPO法人なのにそんなに金回りがいいなら、年会費を下げてほしい。
昔から根強くある、ご意見ですよね。
私も個人的に、そのご意見には賛成です〜(笑)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●10/22(日) 家計シミュレーションソフトで家計&保険の見直しをやってみよう
●11/3(金・祝) 社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう(1級試験対策にも)
●11/18(土) 遺産が確定できず分割もできないという相続トラブルの解決&防止法

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2017年10月18日

NPO法人の職員の平均年収

今日は、年収に関するお話です。
私はいろいろなケースのライフプランシミュレーションを行っているのですが、NPO法人の職員の方の年収について調べる機会があったので、こちらでも共有します。

会社員の平均年収は、およそ400〜450万円ほどといわれています。
(調査結果により、母集団の違いから集計金額に差異があります)

一方でNPO法人の年収は、内閣府の調査によると、常勤職員の場合で平均220万円ほどだそうです。
会社員の年収の、およそ半分ですね・・・

詳細な調査資料は、下記よりご覧いただけます。
https://www.npo-homepage.go.jp/uploads/h26_shimin_chousa_all.pdf


もう一つ気になって調べたのは、私たちの身近なNPO法人(?)である、FP協会の職員の年収。
こちらはFP協会の決算関連資料からわかりますが、平均で448.7万円だそうです。
一般的な会社員平均と同じ額であり、NPO法人平均の2倍の額です。

高額な会費収入がありますし、儲かってるNPO法人だからでしょうか?(笑)

FP協会の決算報告は、下記よりご覧いただけます。
https://www.jafp.or.jp/about_jafp/outline/report/report_h28/


働き方によっても年収に違いはあるものです。
多様な働き方に対応したライフプランニングの参考になれば幸いです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●10/22(日) 家計シミュレーションソフトで家計&保険の見直しをやってみよう
●11/3(金・祝) 社会保険を徹底理解&説明スキルも高めよう(1級試験対策にも)
●11/18(土) 遺産が確定できず分割もできないという相続トラブルの解決&防止法

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計