2017年08月29日

リタイアメントプランニングで、隠れたる収入源や財産を探る、というお話

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次回の勉強会は、9/18(月・祝)に下記のテーマで開催します。

・FP家計診断やってみよう(1億円以上ある方の定年前リタイア編)

その予習となる情報提供も兼ねて、定期的にリタイアメントプランニングについて書いています。

 
リタイアメントプランニングにおいて、
 ・今後の収入
 ・今後の支出
 ・現在の資産額
は、リタイア後の生活を左右する重要な要素です。

FPとしては、この3つをできるだけ精度高く見積もり、相談者が望む暮らしの実現をサポートしたり、問題点を予測し解決することが大切です。

先週にもお伝えしましたが、キャッシュフロー表を作るうえでどこまでの支出を見積もるかも、重要なポイントです。


 ・今後の収入
 ・今後の支出
 ・現在の資産額
は、相談者が把握している数字をヒアリングなどで引き出します。
相談者がわかっていること、意識していることはヒアリングで容易に取得できますが、実は相談者も忘れてしまって収入や財産が存在する場合もあります。

そこで、相談者の記憶の底にあるものを呼び起こすイメージで、FPがヒアリングによって隠れたる収入や財産を掘り起こすことも重要です。
例えば、次のようなものがヒアリングによって見つかることもあります。

・昔に退職した企業の、企業年金
・もう使わなくなった預金口座(昔に勤めていた会社の給与振込口座)
・すでに払い込み終えた保険契約
・財形貯蓄、など

夫婦の一方が忘れていても、夫婦のもう一方が記憶している(期待している)ということもあります。
一般の人はあまり意識していないけれど、FP試験を経験した人ならその可能性に気づけます。

これら隠れた財産を掘り起こせれば、FPとして価値ある活動にもつながります。
リタイアメントプランニングを行うときには、「もしかしたら眠っている財産もあるのではないか」という意識で、少し突っ込んでヒアリングすることも意識していただければと思っています。

 
次回9/18(月・祝)に行う「FP家計診断やってみよう(1億円以上ある方の定年前リタイア編)」では、相談シミュレーション形式で進めます。
自分がFPとしてどう相談に臨むのかを考えながら、リタイアメントプランを立てる練習にもなります。

ご興味をお持ちになりましたら、どうぞご参加ください。
勉強会の詳細は、下記のご案内をご覧ください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●9/18(月・祝) FP家計診断やってみよう(1億円以上ある方の定年前リタイア編)
このテーマに関する2つの相談事例を使い、FPとしてどのように資産
コンサルティングを進めていけばよいかを、実践的に学びます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計