2017年06月20日

年金繰下げ受給に関する、ちょっと濃い話 その3

老後、誰しもお世話になる年金制度。
この年金は原則として65歳から受け取れますが、繰上げや繰下げという制度があり、それによってもらえる年金が増減し、損得に影響します。

その年金について、ちょっと濃い話題をお届けしています。
どれくらい濃いかといわれる、FP2級では出題されないけれど、FP1級やCFPであれば出題されるレベルとお考え下さい。
クイズ形式で楽しみながらも、繰下げ受給のちょっと深いところを改めて学習できるきっかけになればと思います。

 
前回から、かなり期間が開いてしまいまして、申し訳ございません。
前回までで5問出題しましたから、今回は6問目から、となります。
今回は、障害年金や遺族年金と、老齢年金繰下げの組み合わせパターンです

下記の文章を書いてて思ったのですが、今回はちょっと濃すぎるかも・・・
でもせっかく書いたので、このまま配信します(笑)
少々複雑なお話が含まれますが、どうぞお付き合いください。
各クイズの答えは、10行後に記載しています。

■第6問

繰下げ受給を選択し、66歳を過ぎてまだ年金を受け取っていない期間(待機期間)に、その本人が死亡してしまったとします。
この場合、通常なら65歳からもらえたはずの年金は、遺族も代わりに受け取ることができないので、この場合は65歳からもらうよりも損になる。
○か×か?










正解は×です。
一見すると、このような状況になると繰下げが損になるように思えます。
しかしこの場合、本人が65歳の時から死亡の時までの期間に支払われなかった年金を、遺族が請求すれば受け取ることができます。
これを、遺族による「未支給年金の請求」と言います。
この場合、65歳からの年金を一括してもらう「増額のない年金をさかのぼって受給」で計算された金額を、遺族が受け取ることになります。

では、この遺族の受取金に関して、次の問題です。

■第7問

繰下げ待期期間中に死亡した方の、未支給年金を遺族が請求して受け取った場合、この年金額は死亡した人の相続における、相続税の課税対象となる。
○か×か?










正解は×です。
この未支給年金は、相続財産とはみなされないため、相続税は課税されません。
実は、請求した遺族が国から個別に受け取った所得、とみなされるのです。
そのため、受取った遺族に対して一時所得として課税されます。

死亡と引き換えに受け取るお金なのだから、生命保険金と同じく相続税の課税対象であるべきではないのか、という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
じつは20年ほど前に、未支給の年金は相続財産に当たらないと、最高裁判所が判断をしています。未支給年金をだれが受け取るのかを規定した法律が存在するため、法定相続人間で分け合うお金ではない、というのが法律上の解釈です。
このために相続税は課税されず、受け取った遺族に所得税が課税されることになっているのです。

 
では、この年金の濃い話シリーズの、最後のクイズです。

■第8問

繰下げ待期期間中に、自身が障害者に該当したために障害年金の受給権を得た場合、繰下げ受給を選択することはできない。
そのため、まずは65歳から障害者になった時までの未支給の老齢厚生年金を受け取り、そのあと、繰上げ・繰下げのない老齢年金か、障害年金かを選択して受給することになる。
(障害年金と老齢年金は、原則として併給できないため)
○か×か?









正解は×です。
頭が痛い話になってきましたが・・・
このように繰下げ待機中に、障害年金の受給権を得た場合、
・受給権を得た障害年金か
・受給権を得た時点において繰下げを申請した場合の老齢年金か
のいずれかを受給することになります。

障害年金の受給権を得た時点で、繰下げの増額率は確定されるのです。
なので、それ以上繰り下げて老齢年金を増額させることはできませんし、繰下げを取り下げて65歳からの年金を受け取ることもできないのです。

この問題では障害年金の受給権を得た場合ですが、遺族年金の受給権を得た場合も同じです。この場合は「障害年金」を「遺族年金」に読み替えてください。

なお、以上は原則的な話であり、条件によっては障害年金(遺族年金)と老齢年金の併給が認められています。
(併給の詳細は割愛します。FP2級で学んでいるはずですから・・・笑。もし忘れた方は、FPのテキストなどをお読みのうえ、復習しておいてくださいね)
その併給においても、老齢年金は繰下げで増額された金額で受給額が計算されることになります。

 
以上、3回にわたって、年金のちょっと濃い話をお届けしてきました。
そして、年金クイズも以上となります。
8問すべて、完答できたでしょうか?

なぜこのような年金の濃い話をしてきたかということを、次回にお伝えしたいと思います。
年金の濃い話シリーズの最後は、このような年金の細かいお話とFP相談との関連がテーマとなります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、CFP/1級技能士レベル相当のオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険