2017年06月29日

年金繰下げ受給に関する、ちょっと濃い話 最終回

前回の年金のお話から、少し期間がたってしまい、失礼しました。
今回は、年金繰下げシリーズの最終回です。

 
これまで3回にわたって、全8問のクイズ形式で年金繰下げの濃い話をお届けしてきました。
年金の基本的なことはわかっていても、ちょっと複雑な年金ルールについては即答しづらかった方も多かったのではないでしょうか。

1級FPやCFPの試験勉強の過程では、年金の深いところを勉強しますね。
でも、記事執筆やセミナー講師など、FPとしての一般的な業務の中では、年金の基本的なことを説明することが多いため、こういった年金制度の奥深い話をすることはほとんどないでしょう。

しかし、高齢者の資産相談にのる場合には、このレベルの年金の濃い知識が求められることがあります。
もうすぐ65歳になる方にとっては、年金をいつからもらい始めるかの判断と、年金収入を前提としたファイナンシャルプランニングの立案が重要になります。

 
リタイアメントプランニングの相談現場では、相談者の一人一人において、老後年金に対する状況が異なっていることを体感するでしょう。

厚生年金を含めて、年金を多くもらえる人もいます。
ずっと自営業だったために、国民年金だけという方もいます。
小規模企業共済の年金受取と組み合わせての受給、という方もいます。
老齢年金をもらえる年齢時点で、障害年金や遺族年金を受給している人もいます。
老後資金が枯渇しているため、やむなく繰上げ受給せざるを得ない人もいます。
まだまだ働けるから、年金をもらうのは70歳からにして年金も増やそう、と考えている人もいます。(注:在職老齢年金との関連で、場合によっては70歳から受給しても増額率が0%となる可能性もあり得ます。これもクイズにすればよかった・笑。時間の関係で、この詳しい説明は別途の機会にできればと思っています)

 
年金の受け取り方を決定すると、後で変更できないケースが多くあります。
そのため、最も合理的な受取方法をあらかじめ理解しておくこと、将来に損をする可能性をできるだけ排除すること、が重要となります。
しかし、一般生活者がその判断をできるほど、年金のことは詳しくないものです。

だからこそ、高齢者のライフプランに深く関わる立場のFPの方には、ぜひこのレベルで年金を語れるようになってほしいと思っています。
今回取り上げた難しいお話は、誰にでも当てはまるものではありません。
しかし特定の状況の方に対しては、より深いアドバイスにできるポイントでもあります。

私自身も、年金の受け取り方によって、どれくらい損得が違うのかをシミュレーションすることがたびたびあります。
そのたびに、年金制度の複雑さを体感します。
学ぶことが多い世界でもありますが、学んだことを発揮して、世の中のお金の困りごとを解決していけるFPが増えていくことを願っています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、FP1級/CFPレベルのオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2017年06月25日

投資のプロとサル、どちらが投資で勝利したのか、という話

「投資のプロは、サルにも負ける」という格言(?)があります。

どういう意味かというと、投資のプロであるファインドマネージャーが選んだ銘柄で資産運用をするのと、サルが適当にダーツを投げて選択された銘柄での資産運用とで、勝負するとどちらがパフォーマンスが高いか、という議論のことです。

要は、ファンドマネージャーが選んだ銘柄よりも、市場平均(サルがランダムに選んだ銘柄の組み合わせが市場平均になるという考え方による)のほうが投資パフォーマンスが良い、ということを表現した格言(?)です。

一部の投資評論家が、パッシブファンドのほうが優れていることを強調するため、またアクティブファンドを批判するため、このように表現することがあります。

 
これに関して、先日面白い話を聞きました。
この格言(?)が真実かどうか確かめてやろうじゃないか、ということで、実際にサルに銘柄を選ばせて、ファンドマネージャーと勝負させる取り組みが企画されたことがあったそうです。

個人的にも、とても興味深い対決です(笑)

ところがこの企画には、大きな難点がありました。
それは、「サルに銘柄を選ばせる」事に対して、高いコストがかかるという現実です。

 
まず、企画立案者はサルを保有していません。
そのため、サルの調達にお金がかかります。この費用が意外に高いそうです。

それと、サルにダーツを投げるということを教えなければなりません。
その期間、サルの調達コストがかかり続けます。

ダーツで銘柄を選ぶということは、人間なら簡単にできるますが、これをサルにやらせるのはとても大きなハードルがあるのです。
結果的に費用対効果の観点から、若くて人件費の安い人材(要はその企画を立てた会社の社員)にダーツを投げさせて、ファンドマネージャーと対決することになったそうです。

 
で、投資の結果はどうであったか。
結果は、ファンドマネージャーの勝利となったそうです。

サルが勝つんじゃないかと期待されていた読者の皆様には、ご期待にこたえられず申し訳ございません(笑)

この勝負ではファンドマネージャーが勝ちました。
ファンドマネージャーの実力がいかんなく発揮されたのかもしれませんし、それともダーツで選んだ銘柄がたまたま運悪かったのかもしれません。
もっと真剣に調査するなら、このような取り組みを十分に数多く実施し、調査上の誤差を小さくして判断する必要がありますが、それだけの回数をこなす機会が果たしてあるのかどうか。。。

 
さて、世間では、アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない、という様々なデータもあり、結局インデックスファンドとアクティブファンドのどちらが良いのか、という議論は尽きません。

賃貸と持家とどちらがいいのか、という議論と似たようなものでしょうか。

そこで次回は、アクティブファンドとインデックスファンドの勝負の裏側にある、いくつかの理論をお伝えしたいと思います。
私自身、いろいろな個人投資家やファンドマネージャーと話をしてきましたが、世間で言われている「インデックスファンド至上主義」のような見解とは異なる見解を持っています。
それについてもご紹介しながら、この話題を続けたいと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、FP1級/CFPレベルのオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済

2017年06月20日

年金繰下げ受給に関する、ちょっと濃い話 その3

老後、誰しもお世話になる年金制度。
この年金は原則として65歳から受け取れますが、繰上げや繰下げという制度があり、それによってもらえる年金が増減し、損得に影響します。

その年金について、ちょっと濃い話題をお届けしています。
どれくらい濃いかといわれる、FP2級では出題されないけれど、FP1級やCFPであれば出題されるレベルとお考え下さい。
クイズ形式で楽しみながらも、繰下げ受給のちょっと深いところを改めて学習できるきっかけになればと思います。

 
前回から、かなり期間が開いてしまいまして、申し訳ございません。
前回までで5問出題しましたから、今回は6問目から、となります。
今回は、障害年金や遺族年金と、老齢年金繰下げの組み合わせパターンです

下記の文章を書いてて思ったのですが、今回はちょっと濃すぎるかも・・・
でもせっかく書いたので、このまま配信します(笑)
少々複雑なお話が含まれますが、どうぞお付き合いください。
各クイズの答えは、10行後に記載しています。

■第6問

繰下げ受給を選択し、66歳を過ぎてまだ年金を受け取っていない期間(待機期間)に、その本人が死亡してしまったとします。
この場合、通常なら65歳からもらえたはずの年金は、遺族も代わりに受け取ることができないので、この場合は65歳からもらうよりも損になる。
○か×か?










正解は×です。
一見すると、このような状況になると繰下げが損になるように思えます。
しかしこの場合、本人が65歳の時から死亡の時までの期間に支払われなかった年金を、遺族が請求すれば受け取ることができます。
これを、遺族による「未支給年金の請求」と言います。
この場合、65歳からの年金を一括してもらう「増額のない年金をさかのぼって受給」で計算された金額を、遺族が受け取ることになります。

では、この遺族の受取金に関して、次の問題です。

■第7問

繰下げ待期期間中に死亡した方の、未支給年金を遺族が請求して受け取った場合、この年金額は死亡した人の相続における、相続税の課税対象となる。
○か×か?










正解は×です。
この未支給年金は、相続財産とはみなされないため、相続税は課税されません。
実は、請求した遺族が国から個別に受け取った所得、とみなされるのです。
そのため、受取った遺族に対して一時所得として課税されます。

死亡と引き換えに受け取るお金なのだから、生命保険金と同じく相続税の課税対象であるべきではないのか、という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
じつは20年ほど前に、未支給の年金は相続財産に当たらないと、最高裁判所が判断をしています。未支給年金をだれが受け取るのかを規定した法律が存在するため、法定相続人間で分け合うお金ではない、というのが法律上の解釈です。
このために相続税は課税されず、受け取った遺族に所得税が課税されることになっているのです。

 
では、この年金の濃い話シリーズの、最後のクイズです。

■第8問

繰下げ待期期間中に、自身が障害者に該当したために障害年金の受給権を得た場合、繰下げ受給を選択することはできない。
そのため、まずは65歳から障害者になった時までの未支給の老齢厚生年金を受け取り、そのあと、繰上げ・繰下げのない老齢年金か、障害年金かを選択して受給することになる。
(障害年金と老齢年金は、原則として併給できないため)
○か×か?









正解は×です。
頭が痛い話になってきましたが・・・
このように繰下げ待機中に、障害年金の受給権を得た場合、
・受給権を得た障害年金か
・受給権を得た時点において繰下げを申請した場合の老齢年金か
のいずれかを受給することになります。

障害年金の受給権を得た時点で、繰下げの増額率は確定されるのです。
なので、それ以上繰り下げて老齢年金を増額させることはできませんし、繰下げを取り下げて65歳からの年金を受け取ることもできないのです。

この問題では障害年金の受給権を得た場合ですが、遺族年金の受給権を得た場合も同じです。この場合は「障害年金」を「遺族年金」に読み替えてください。

なお、以上は原則的な話であり、条件によっては障害年金(遺族年金)と老齢年金の併給が認められています。
(併給の詳細は割愛します。FP2級で学んでいるはずですから・・・笑。もし忘れた方は、FPのテキストなどをお読みのうえ、復習しておいてくださいね)
その併給においても、老齢年金は繰下げで増額された金額で受給額が計算されることになります。

 
以上、3回にわたって、年金のちょっと濃い話をお届けしてきました。
そして、年金クイズも以上となります。
8問すべて、完答できたでしょうか?

なぜこのような年金の濃い話をしてきたかということを、次回にお伝えしたいと思います。
年金の濃い話シリーズの最後は、このような年金の細かいお話とFP相談との関連がテーマとなります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、CFP/1級技能士レベル相当のオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2017年06月17日

お金・FPをテーマにした、勉強会・メールマガジンのご案内

いろいろあわただしくて、久しぶりの配信となりました。。。

私はFP・お金に関する複数の勉強会とメールマガジンを運営しています。
皆様にとって、お金に関する専門的な情報を得られるきっかけになればと思い、これらの勉強会・メールマガジンのご案内をさせていただきます。

※月に1回程度の頻度で、このご案内を配信しています。
※複数のメールマガジンをご登録されている方には、重複してこのご案内が配信されますことを、ご了承ください。

 
■未来の家計改善FP勉強会
・お得で損をしない方法
・自分たちの家計改善につながる方法
・お金のトラブル防止・解決に関する内容
などについて、メールマガジンの配信と、勉強会の開催を行っています。
住宅ローン(住宅購入)、投資&貯蓄、保険、老後年金、相続、節税、日々の家計改善など、お金に関して多岐にわたるテーマを扱っています。
「みんなで楽しく学べる」雰囲気で運営しています。
そのため、FPではない一般生活者の方も参加されています。
FPの方にとっては、FP相談の練習場としてもご活用いただけます。

公式サイト:http://money-study.net/life-plan/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/life-plan/mail-magazine.htm

 
■FP技能士3級2級合格勉強会
FP3級と2級の合格を目指す方向けの勉強会です。
試験に役立つ情報や過去問解説を、公式サイトとメールマガジンで配信中。
メールマガジンでは最新のFP3級・2級の過去問解説も行っています。
多くの受験者が間違えやすいもの、資格取得済みのFPでも知らないこと(すっかり忘れていること)を中心に解説しています。
FP6分野の知識をさらにブラッシュアップしたい方も、ぜひご活用下さい。

公式サイト:http://money-study.net/fp/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/fp/info/mail-magazine.htm

 
■ハイレベルFP勉強会
周りより1歩優れたFPになりたい、という方の支援を目的に活動しています。
顧客の資産相談やFPビジネスなど、実務的に踏み込んだ内容を扱っています。
既存のFP向け勉強会にはない価値を、提供していきたいと思っています。

公式サイト:http://money-study.net/high/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/high/info/mail-magazine.htm

 
■FP技能士1級合格勉強会
ファイナンシャルプランナー最上級国家資格である、FP技能士1級。
その1級試験の合格をテーマにした勉強会です。
公式サイトとメールマガジンで、合格に役立つ情報を提供しています。
現在、勉強会の開催に向けて準備を進めています。
メールマガジンでは、FP1級試験に大きな関連がある、FP実務情報や法改正情報を配信しています。
(ハイレベルFP勉強会では、FP1級に関連しないFP実務情報を配信しています)
ハイレベルFP勉強会では配信しない情報も含まれているので、より広く深い学びを求める方は、こちらのメールマガジンもご登録ください。

公式サイト:http://money-study.net/1fp/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/1fp/info/mail-magazine.htm

 
■FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランシミュレーションソフト
FP業界では「ライフプランニングソフト」と呼ばれているソフトです。
世間の平均年収や平均支出額を当てはめるのではなく、一人一人の収入・支出・将来計画を的確にくみ取り、未来の家計を計算します。
そのため、類似ソフトより精度の高い家計分析&シミュレーションができます。
複雑なキャッシュフロー表も簡単に作れ、FP相談でも役立てられます。
私が開発しているソフトで、個人利用・FP業務利用とも無料でお使い頂けます。
FP利用者の要望を毎週反映し、バージョンアップを続けています。
メールアドレスの登録だけで、どなたでもご利用いただけます。

公式サイト:http://financial-teacher.net/

 
以上が、お金・FPをテーマにした勉強会・メールマガジンなどのご案内です。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひメールマガジンのご登録、勉強会へのご参加を、よろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、CFP/1級技能士レベル相当のオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2017年06月09日

7/22(土)に、金融オプションをわかりやすく&深く学べる勉強会を開催します

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

少し先になりますが、ハイレベルFP勉強会の第4回目の勉強会として、7/22(土)に「身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断」というテーマで開催をします。

今回の勉強会では、金融デリバティブのオプションを取り上げます。
オプションという言葉を見聞きしたことはあるものの、オプションとは何かをしっかり説明するのは難しい、というFPも多いのではないでしょうか。
でも実は、オプションは日常生活の中でも頻繁に触れている概念でもあるのです。

そこで今回の勉強会では、身近な事例と関連付けてオプションの基礎的概念を学ぶことはもちろん、最終的には実際のオプション商品のしくみを理解し、FP1級やCFPのオプション問題を簡単に解くコツも身につけることができます。

開催概要は下記のとおりです。
参加申込も開始していますので、ご都合つきましたらどうぞお越しください。

 
=======<開催概要>==============

■オプションとはどういう金融商品か

家電の買い物を例にとり、コールオプションについて説明します。
また不用品の売却を例にとり、プットオプションについて説明します。
このように、日常生活の事例と組み合わせることで、縁遠かったオプションの正体を明確に理解でき、なじみのある概念としてとらえることができます。

 
■金融商品のオプションと、損得判断

次に、金融商品のオプションについて説明します。
金融商品のオプションを保有しているときに、どうなれば損をするのか/得をするのか、その損得原理についても踏み込みますので、皆様もオプションの損得判断が自分でできるようになります。


■オプションの用語の解説

ここまでの分かりやすい事例で理解していただいた後に、オプションの世界で使われる用語について学びます。
一般的なオプションの解説では、いきなり用語に踏み込むためとっつきにくいものです。
しかし、ここまでの話を理解していると、現実の物事と関連付けて用語の意味をスッキリ理解できることを、ご体験していただけるはずです。


■オプションの価格形成

金融商品のオプションにも価格がつけられています。
どのような事情でオプション価格が上下するのか、実例とともにわかりやすく理解することができます。


■FP1級/CFPのオプション問題の理解

ここまでの学びを得ていれば、FP1級やCFPのオプション問題といえども、容易に回答できるようになります。
もちろん、FP3級、2級で出題される金融オプションの問題にも対応しています。
問題を見ただけでパッと答えが浮かぶ、というのを実際に体験していただきます。


■オプションの応用事例の理解

身近なファイナンシャルプランニングの世界にも、オプションが組み込まれたものは意外と多くあるものです。
今までオプションを意識していなかったものが、オプションを組み込んだものに見えてきます。
グループディスカッションをしながら、実際にオプションの原理を活用した事例について理解を深めていきます。


■最後に交流会

本編終了後に30分くらい時間をとり、交流会の時間とします。
当勉強会スタッフや他の参加者との情報交換、交流をお楽しみください。

===========================

 
この勉強会の詳細なご案内と、参加申し込みは、下記ページよりお願いいたします。
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

皆様のご参加を、お待ちしております!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会