2017年05月20日

フィンテックブームの裏側 その1

FP向け雑誌「きんざいファイナンシャルプラン」5月号の巻末に、「フィンテックブームの裏側」というコラムがありました。とても興味深いことが書いてあったので、私の思うところも補足して書いてみます。
そして、フィンテックビジネスとFPビジネスとで重なりがある点も指摘しながら、書いています。

 
このコラムでは、フィンテックサービスの、アメリカと日本の違いについて触れられています。
コラムによると、アメリカでは金融機関がカバーしないニッチ向けの金融サービスを「フィンテック」と呼んでいます。
一方で日本は、既存の金融機関が非常に幅広く金融ビジネスを展開しているため、新規参入者がニッチなところを責めにくい。だから日本のフィンテックベンチャーは、最終的に金融機関を顧客にすべくサービス開発を行っていると指摘しています。

非常に的を得たコメントだと思います。
日本の金融機関は、これまでの歴史の中で、きわめてしっかりとした金融サービスを作り上げてきました。他国の金融機関に比べれば、サービス品質の面では、出来過ぎています。
そのおかげもあって、幅広い年齢層が金融機関のサービスを利用していますし、金融機関と縁を切って類似サービスに切り替える、と考える人もほとんどいません。

 
例えばビットコインなどでも、これを説明できます。
最近は日本でもビットコインを知る人は多くなってきましたが、では実際に銀行の決済・送金の仕組みを使うのをやめて、ビットコインに切り替えたいと思う人は、ほとんどいないでしょう。
ビットコインのメリットも理解できますが、様々な点を比較すれば、日本の銀行間の決済・送金システムのほうが実用性も信頼性も高いです。

一方で、中央銀行が信頼できないとか、国の方針が信頼できない、自分の持っているお金が無価値になるリスクを感じている、という国にいる人にとっては、ビットコインは相対的にメリットが高まります。
しかし日本の金融機関が作り上げた仕組みのもとで生活している日本人にとっては、自国通貨にとって代わるほどのメリットを感じない、というのが実情ではないでしょうか。

 
日本にないサービスを、日本に持ち込もうとするベンチャー企業や外資系企業も多いのですが、日本の顧客が大切に考えていること、日本独自の金融文化をよく理解していなければ、成功は難しいです。

それらサービスがいつしか消えて行ったり、外資系企業が撤退したりする話もたびたび聞きます。
最近の日本のフィンテックベンチャーは、やはり既存の金融機関と提携することで、売り上げを伸ばしたりサービスを広めています。
ベンチャー企業単独で金融市場で存在感を示すことは、なかなか難しいのが実情ですね。

 
よく考えると、FPビジネスもこれに似ていますね。
FPとして単独で活動するよりも、金融機関と提携したほうが仕事がしやすいし、知名度も広めやすいし、報酬も高くなる傾向があります。
私から見た、FPビジネスで成功している人の傾向でもあります。

さて、次回も「フィンテックブームの裏側」に関して書いていきます。
次回も、フィンテックと日本の金融機関と、そしてFPビジネスを関連付けた内容でお届け予定です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
無料で誰でも使える家計シミュレーションソフトで、家計分析や家計改善の
方法について学びます(当勉強会の運営スタッフが開発したソフトです)

●6/3(土) ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会
ライフプランソフトの高度な機能も使いこなし、より相談顧客に適した
FPコンサルティングを行うための具体的ノウハウを学びます。

●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●5/13(土) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策勉強会
●5/21(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス