2017年05月31日

年金繰下げ受給に関する、ちょっと濃い話 その1

老後、誰しもお世話になる年金制度。
この年金は原則として65歳から受け取れますが、繰上げや繰下げという制度があり、それによってもらえる年金が増えたり減ったりします。

多くのFPは、年金を繰り下げて受け取ったほうが得だと思っています。
なぜなら、1か月繰り下げるごとに0.7%ずつ増額され、おおよそ83歳より長生きするのであれば、70歳からの繰下げ受給を選択することで、最も多くの老後年金を確保することができるからです。

もちろん、70歳まで年金なしで暮らせれば、の前提は必要ですけれども。

 
さて、今回から数回に分けて、老齢年金の繰下げ受給に関するちょっと濃い話をしていきます。
どれくらい濃いかといわれる、FP2級では出題されないけれど、FP1級やCFPであれば出題されるレベルとお考え下さい。

FP1級やCFPをお持ちの方であっても、改めて年金の試験問題を解いて全問正解できる、という人はほとんどいないのではないでしょうか。
これから数回に分けて、頭の体操も兼ねながら、クイズ形式で年金の復習をしていきましょう!

 
さて、年金繰下げの濃い話、第1回目ということで、比較的軽めのクイズからいきますね。
各クイズの答えは、10行後に表示しています。

■第1問
年金の繰下げは、65歳以降に行うことができ、65歳0か月から数えて1か月あたり0.7%ずつ増額される。
○か×か?









正解は×です。
繰下げは「65歳以降」ではなく「66歳以降」に行うことができます。
つまり、65歳11か月までの期間は、繰下げを行うことができないのです。
65歳を過ぎたらその1か月後からでも繰下げできる、と考えている方もいますが、そうではありません。

簡単でしたでしょうか?

では次の問題です。

■第2問
基礎年金と厚生年金の両方を受給できる方の場合、年金の繰下げは、基礎年金と厚生年金の両方を繰下げしなければならない。
(基礎年金だけ繰下げ、厚生年金だけ繰下げ、ということは行えない)
○か×か?









正解は×です。
繰下げを希望する場合、次の3つの中から選べます。
・基礎年金と厚生年金を共に繰下げする
・基礎年金だけを繰下げする
・厚生年金だけを繰下げする

年金を請求する用紙にも、繰下げの仕方を選択する項目がありますよね。
理論だけでなく、実務上の書類を見たことがあるなら、理解も深まります。

では次の問題はどうでしょうか?
ちょっと難しいですよ。

■第3問
繰下げを選択すると、加給年金を受け取れなくなると言われています。
しかしこれは、老齢厚生年金を繰下げした場合のことであり、「老齢基礎年金は繰下げするが、老齢厚生年金は繰下げしない」場合には、加給年金は受取れる。
(加給年金の受給要件は満たしているものとする)
○か×か?









正解は○です。
加給年金は、厚生年金を受給しているときに加算される金額です。
したがって、老齢厚生年金を受給しているならば、加給年金は加算されます。
老齢厚生年金を繰下げしていて受給していないならば、加算はされないのです。
細かいですね。

ちなみに、繰下げ受給しても、加給年金の金額は増額されません。
これはFP2級でも出題される、基礎事項ですよ♪

 
まずは頭の体操として、3問だけチャレンジしていただきました。
今後はもう少し複雑なお話をしていく予定ですが、クイズ形式で楽しく読めるようにしていきます。
ほとんどのFPは知らない(忘れている)ことも、改めて理解していただける機会になればと思っています。

年金繰下げの、ちょっと濃い話。
次回をお楽しみに!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
無料で誰でも使える家計シミュレーションソフトで、家計分析や家計改善の
方法について学びます(当勉強会の運営スタッフが開発したソフトです)

●6/3(土) ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会
ライフプランソフトの高度な機能も使いこなし、より相談顧客に適した
FPコンサルティングを行うための具体的ノウハウを学びます。

●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2017年05月29日

6/3(土) ハイレベルFP勉強会の参加者に、当日の案内メールを送りました

以前からのお知らせの通り、6/3(土)にハイレベルFP勉強会にて、
「ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会」
というテーマで、勉強会を開催します。


この勉強会に参加申し込みをされた方に、当日の案内メールをお送りしました。
申込みされた方は、ご確認をお願いします。
もしメールが届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが下記お問い合わせのページより、お知らせ下さい。

【お問い合わせのページ】
http://money-study.net/contact.htm

 

勉強会当日は、集まった皆さんで、楽しく学べる雰囲気で進めていきます。
有意義な勉強会にいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!

なお、定員までまだ余裕はあります。
参加希望の方は、下記案内をご参照の上、どうぞお申し込み下さい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
無料で誰でも使える家計シミュレーションソフトで、家計分析や家計改善の
方法について学びます(当勉強会の運営スタッフが開発したソフトです)

●6/3(土) ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会
ライフプランソフトの高度な機能も使いこなし、より相談顧客に適した
FPコンサルティングを行うための具体的ノウハウを学びます。

●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2017年05月25日

フィンテックブームの裏側(フィンテックとFPビジネスの関連) その3

FP向け雑誌「きんざいファイナンシャルプラン」5月号の巻末に、「フィンテックブームの裏側」というコラムがありました。
とても興味深いことが書いてあったので、私の思うところも補足しながら、3回に分けて書いています。
そして、フィンテックビジネスとFPビジネスとで重なりがある点も指摘しながら、書いています。
今回がその3回目、最終回となります。

 
このコラムでは、フィンテックベンチャーの弱点についても、ズバリ指摘していました。

「若いフィンテック事業者は、同世代向けにスマホ送金は作れるが、高齢者向けサービスの開発は不得手だ。」

これは私も以前から感じていることです。
金融サービスは、若い世代からお年寄りの世代まで、幅広くそのニーズを持っています。
しかしITベンチャーの多くは、スマホで使えるサービスや、スマホアプリの開発を念頭に置いています。

スマホアプリをインストールしないと受けられないサービスであれば、当然ながら利用者数は限られてしまいます。
特に高齢者は、スマートフォンで何かをする、ということを苦痛に感じたり抵抗感を持つ人も多いものです。
よくあるフィンテックベンチャー側の反論は、「そうはいっても、スマホやタブレットを使いこなすお年寄りは増えているじゃないか」というものです。
増えているのは確かですが、金融サービスを望む母集団から見れば、少数派です。

 
既存の金融機関も、いろいろなITサービスを提供していますが、「スマホアプリをインストールしないと使えない」というサービスは、あまりありません。
このシリーズの第1回目の配信でも書きましたが、金融機関は非常に幅広い顧客層を持ち、顧客の数も多数に上ります。

その顧客には、ITサービスを好む人もいれば、ITでない形態でのサービスを利用している人もいます。
インターネットバンキングやネット生保なるものも存在していますが、それらを利用している人は3分の1もいないといわれています。

既存金融機関と、フィンテックベンチャーのビジネスモデルの違いといえばそれまでですが、このような背景からも、フィンテックベンチャーのビジネスは、高齢者向けサービスの開発は不得手だという指摘はもっともだと思います。

 
金融機関は、店舗、電話、郵送を駆使しながら、高齢者向けのサービスを組み上げています。
実は同じように、高齢者向けのサービスを組み立てているFPもいますよね。

ウェブでの集客、インターネット電話を使ったFP相談、キャッシュフロー表作成などのライフプランシミュレーションなど、ITを駆使したFPビジネスも存在します。
でもそれに限らず、アナログな方法を使いながら、高齢者向けのサービスで存在感を示すFPの方も多くいらっしゃいます。
この観点では、フィンテックより人間FPのほうが優位性があると言ってよいでしょう。

それに、高齢者向けサービスのほうが、単価を高くできる一面もあります。
若い世代より、高齢者のほうが、お金を持っていますから(笑)

 
浅い知識でフィンテックを語るFPが多い中、実体をよく分析してコラムを書いていたことに、個人的に共感したのでした。
このコラムを読んで、FPビジネスと重なる点も思い浮かんだので、このテーマで3回に分けて「フィンテックブームの裏側」というコラムに関連した話題をお届けしました。

一つの気づきになりましたら幸いです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
無料で誰でも使える家計シミュレーションソフトで、家計分析や家計改善の
方法について学びます(当勉強会の運営スタッフが開発したソフトです)

●6/3(土) ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会
ライフプランソフトの高度な機能も使いこなし、より相談顧客に適した
FPコンサルティングを行うための具体的ノウハウを学びます。

●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2017年05月22日

フィンテックブームの裏側(フィンテックとFPビジネスの関連) その2

FP向け雑誌「きんざいファイナンシャルプラン」5月号の巻末に、「フィンテックブームの裏側」というコラムがありました。
とても興味深いことが書いてあったので、私の思うところも補足しながら、何回かに分けて書いていきます。
そして、フィンテックビジネスとFPビジネスとで重なりがある点も指摘しながら、書いています。

 
前回、フィンテックベンチャーは、やがて金融機関を顧客にしていくということを書きました。
このコラム中にも、「そこで新規参入者は、金融機関を顧客にすべく、サービス開発を競っている」という一文があります。

これも的を得ています。
同じサービスであっても、BtoCで得られる収益より、金融機関を相手にしたBtoBのほうが、ITサービスを遥かに高値で買ってくれます。

私はフリーソフトで、FPの方になじみがあるライフプランシミュレーションソフトを開発・提供しています。
これをお金を払って使いたい、と考える人はほとんどいないでしょう。
私のソフトを「有償化して提供してもいいくらいのサービスだよ」と言って下さる方もいて、とてもうれしいのですが、でもそういう方は極めて少数派です。

しかし、金融機関向けのライフプランシミュレーションのシステムは、ときに数千万円から数億円をかけて構築することがあるのです。
他の金融サービスでも、同じような傾向があり、IT屋さんの収益性の観点で言えば、金融機関向けのほうが金回りが良いビジネスになるのです。

 
FPビジネスも、金融機関と手を組むことで仕事がしやすく、報酬も高くなる傾向があると、前回にお伝えしました。

ファイナンシャルプランニングサービスであっても、一個人のFPが行うサービスと、大手金融機関が行うサービスとでは、当然金融機関が行うサービスに消費者は魅力を感じます。
そこでFPとして活躍の幅を広げたい場合には、金融機関が行うセミナーの講師を引き受ける、というような連携をとって、ビジネスを拡大しているFPの方もいますね。

幅広く活躍をしたいFPの方は、こういった切り口で仕事を広げられるということも、知っておいてくださいね。

 
「フィンテックブームの裏側」を、3回に分けてお伝えしています。
次回はこのテーマ3回目の配信となります。
(3回、という回数は、ここを書いている時点で決めました・笑)

次回はフィンテック企業の弱点や、フィンテック企業よりFPのほうが優位性を持っている点について、ご紹介したいと思います。
フィンテックより優れたFP、この切り口は皆さんにとってうれしいのではないでしょうか?(笑)
次回に続きます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
無料で誰でも使える家計シミュレーションソフトで、家計分析や家計改善の
方法について学びます(当勉強会の運営スタッフが開発したソフトです)

●6/3(土) ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会
ライフプランソフトの高度な機能も使いこなし、より相談顧客に適した
FPコンサルティングを行うための具体的ノウハウを学びます。

●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス

2017年05月20日

フィンテックブームの裏側 その1

FP向け雑誌「きんざいファイナンシャルプラン」5月号の巻末に、「フィンテックブームの裏側」というコラムがありました。とても興味深いことが書いてあったので、私の思うところも補足して書いてみます。
そして、フィンテックビジネスとFPビジネスとで重なりがある点も指摘しながら、書いています。

 
このコラムでは、フィンテックサービスの、アメリカと日本の違いについて触れられています。
コラムによると、アメリカでは金融機関がカバーしないニッチ向けの金融サービスを「フィンテック」と呼んでいます。
一方で日本は、既存の金融機関が非常に幅広く金融ビジネスを展開しているため、新規参入者がニッチなところを責めにくい。だから日本のフィンテックベンチャーは、最終的に金融機関を顧客にすべくサービス開発を行っていると指摘しています。

非常に的を得たコメントだと思います。
日本の金融機関は、これまでの歴史の中で、きわめてしっかりとした金融サービスを作り上げてきました。他国の金融機関に比べれば、サービス品質の面では、出来過ぎています。
そのおかげもあって、幅広い年齢層が金融機関のサービスを利用していますし、金融機関と縁を切って類似サービスに切り替える、と考える人もほとんどいません。

 
例えばビットコインなどでも、これを説明できます。
最近は日本でもビットコインを知る人は多くなってきましたが、では実際に銀行の決済・送金の仕組みを使うのをやめて、ビットコインに切り替えたいと思う人は、ほとんどいないでしょう。
ビットコインのメリットも理解できますが、様々な点を比較すれば、日本の銀行間の決済・送金システムのほうが実用性も信頼性も高いです。

一方で、中央銀行が信頼できないとか、国の方針が信頼できない、自分の持っているお金が無価値になるリスクを感じている、という国にいる人にとっては、ビットコインは相対的にメリットが高まります。
しかし日本の金融機関が作り上げた仕組みのもとで生活している日本人にとっては、自国通貨にとって代わるほどのメリットを感じない、というのが実情ではないでしょうか。

 
日本にないサービスを、日本に持ち込もうとするベンチャー企業や外資系企業も多いのですが、日本の顧客が大切に考えていること、日本独自の金融文化をよく理解していなければ、成功は難しいです。

それらサービスがいつしか消えて行ったり、外資系企業が撤退したりする話もたびたび聞きます。
最近の日本のフィンテックベンチャーは、やはり既存の金融機関と提携することで、売り上げを伸ばしたりサービスを広めています。
ベンチャー企業単独で金融市場で存在感を示すことは、なかなか難しいのが実情ですね。

 
よく考えると、FPビジネスもこれに似ていますね。
FPとして単独で活動するよりも、金融機関と提携したほうが仕事がしやすいし、知名度も広めやすいし、報酬も高くなる傾向があります。
私から見た、FPビジネスで成功している人の傾向でもあります。

さて、次回も「フィンテックブームの裏側」に関して書いていきます。
次回も、フィンテックと日本の金融機関と、そしてFPビジネスを関連付けた内容でお届け予定です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
無料で誰でも使える家計シミュレーションソフトで、家計分析や家計改善の
方法について学びます(当勉強会の運営スタッフが開発したソフトです)

●6/3(土) ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会
ライフプランソフトの高度な機能も使いこなし、より相談顧客に適した
FPコンサルティングを行うための具体的ノウハウを学びます。

●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●5/13(土) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策勉強会
●5/21(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス