2017年03月22日

金融機関に属するFPと、金融機関に属さないFP その5

FPという職業の分類として、
・金融機関に勤めている、企業系FP
・金融機関に属さない、独立系FP(公正中立なFP)
の2種類がある、というお話を、シリーズ化してしばらく書いていきます。

前回は、企業系FPと独立系FPの両者を比較しながら、その違いについてお伝えしました。
今回もこの両者の比較について書きますが、これからFPとして仕事をしていきたい方が気にするであろう内容に触れていきます。


ずばり、給与水準について見てみましょう。
企業系FPは多くの場合、個人顧客を担当する営業職(リテール営業職とも言われます)としての募集となっています。
このシリーズの第2回目くらいにお話ししましたが、転職サイトでFPといえば、個人営業です。
給与水準がどれくらいかは、転職サイトを見ればおおよそわかります。
営業実績に連動する形態をとるところも多いですが、モデル年収では400万〜800万円ほどの提示が多いようです。
もちろん、前職の給与水準や、勤務先での貢献度(面接等で測られます)によって違いはありますが、他の業界と比較しても、金融業界は給与水準が高い業界です。
企業系FPとして採用されれば、そこそこの給与水準は確保できると考えてよいでしょう。

一方で独立系FPは、このシリーズでお伝えし続けていたように、個人事業主など独立する人がほとんどです。
自分の給与がどれくらいかは、自分の営業活動次第です。
独立系FPは、頑張り次第で報酬は青天井!などという人もいます。理屈上は確かにそうですが、過去にFP協会が行った調査によると、平均年収は200万〜300万円ほどとなっています。
(注:調査対象によって、その結果に大きなばらつきがあります。しかし私の感覚でも、平均的にはおおよそこれくらいと感じています)

企業系FPの平均年収を超える独立系FPは少数派だと考えてよいでしょう。

以上の内容から、安定してそこそこ高い報酬を得たいなら、企業系FPになる方がよいといえます。
そうではなく、リスクを取ったうえで一流のFPとなって青天井の報酬を目指すなら、独立系FPを目指してもよいでしょう。


次に、仕事の裁量についてです。
企業系FPの場合、仕事で好きなことをできるわけではありません。
会社で定められた業務方針に沿って行動することが必要ですから、いわゆる「会社のために行動する」ことも大いに求められます。また、金融に関するさまざまな法律に基づいた行動も求められるため、自分が本当にやりたいことと、仕事でしなければならないことがずれることは、よくあることです。

一方で独立系FPの場合は、完全に自分の裁量で仕事ができます。企業系FPではできなかったことが、思う存分できる一面もあります。本当に顧客の立場に立った活動ができるのも、独立系FPの魅力の一つです。
とはいえ、自分で収入を上げるためには、ときに自分の意に反することを仕事でしなければならない、という場面に出くわすこともあるのですが・・・。


以上から、企業系FPと独立系FPを比較すると、
・企業系FPは、勤め先の方針に沿った行動を求められるが、報酬は高い
・独立系FPは、好きなように仕事ができる自由さはあるが、報酬は低い
と言えるでしょう。


本日は、企業系FPと独立系FPの業務内容を比較しながらご説明をしました。
次回はいよいよ、このシリーズの最終回となります。

以上の内容を踏まえて、これからFPを目指す方は、企業系FPと独立系FPのどちらを目指すべきか、私なりのメッセージを含めて締めくくりたいと思っています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

●4/22(土) 資産運用・不動産活用・相続分野でFP業務に役立つIT活用勉強会
ライフプランニング以外で、これら3つの分野でFPの皆様に役立つソフトに
関する情報提供・意見交換を行う内容です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス