2017年03月10日

金融機関に属するFPと、金融機関に属さないFP その2

FPという職業の分類として、
・金融機関に勤めている、企業系FP
・金融機関に属さない、独立系FP(公正中立なFP)
2種類があります。

この2種類のFPに関するお話を、シリーズ化してしばらく書いていきます。
今回は、「独立系FPになる」ということについてです。


FPの勉強を積んだ方の中には、お金の知識を使ってたくさんの方の役に立ちたいという思いから、独立系FPを目指そうと考える方がいらっしゃいます。
今の会社を辞めて転職してでも、FPを目指そうという意欲の高い方もいらっしゃいます。

そう思って転職サイトに登録し、FPの職業を探すと、思わぬことに気が付きます。
それは、転職サイトにあるFPの仕事は全て「企業系FP」、すなわち金融機関に勤める立場でのFPなのです。
転職サイトには、いわゆる独立系FPのお仕事はありません。
それでも独立系FPを目指すなら、転職サイトを離れ、別の切り口で探すことになります。

いろいろ情報収集をしていった結果、独立系FPの多くの方は、どこかの会社に雇われているのではなく、個人事業主であったり自分で会社をおこすなどしていることを知ります。
(注:独立系FP会社で人材募集をしているところもあります。しかし、ほとんどの人の目に触れないところで告知されているうえ、大手転職サイトに比べると開示されている情報も少なく、閉鎖的な印象も受けます)

独立系FPとなるためには、独立しなければならないのか・・・
独立系FPの「独立」って、そういう意味だったの!?

という思いに至るでしょう。


つまり、独立系FPになりたければ、安定した収入は得られないということになります。
そうとわかると、独立系FPになることをあきらめる人がどんどん出てきます。
ごく一部に、どうしてもFPとしてやっていきたいという思いが強い方が、独立したうえで独立系FPとしての活動を始めます。
こうでもしないと、独立系FPになれないという現状が、あるのです。


以上のお話から分かるように、独立系FPには、そう簡単にはなれないのです。
正確に言えば、独立系FPになるには、独立してしまえば簡単になれます。
しかし普通は、安定した生計を立てられる前提で独立系FPになると考えますので、その前提の下では「独立系FPには、そう簡単にはなれない」という結論になります。

これが、FP業界の構図なのです。
期待を持った人にとっては、ちょっとがっかりする業界構図ですよね。

では、なぜ独立系FPになるには、こうもハードルが高いのか、その裏側について次回はご紹介したいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3/18(土)午前 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
FP技能士試験の合格に役立つ、様々な情報をお伝えする内容です。

●3/18(土)午後 家計診断で学ぶ、50歳からのセカンドライフ
お金の問題を抱えた50歳ご夫婦の家計を診断をし、家計の問題点と、
その解決法を導きます。FP相談事例を模擬体験できる内容です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキルアップ・FPビジネス