2016年11月17日

相続財産に負債が含まれる場合の注意点

みなさま、こんにちは。
FPスキル活用勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

先日に開催した、FPスキル活用勉強会では、「負債の相続」を取り上げました。
今日は、この負債の相続をテーマにします。

 
FP試験で、相続について学習されたと思います。
相続財産の中に、現金や不動産などプラスの価値のあるものは当然のことながら、借金や連帯保証などの債務(マイナスの価値の財産)も遺産相続の対象となり、遺産分割協議でどうするかを話し合うことになります。

ここに知られざる落とし穴があります。
負債を誰が相続するかを遺産分割協議で決めたとしても、その債権者(お金を貸した人など)には関係ないことなのです。
お金を貸した側の人は、貸した相手が亡くなった後、その法定相続人に対して、法定相続割合分をそれぞれの相続人に対して請求することができるのです。これは、遺言や遺産分割協議結果によらず、認められているのです。

これは、負債は法定相続割合で相続されたものとみなされるからなのです。
例えば4000万円を借りていた父が亡くなった場合、相続人である母は1/2の2000万円の負債を相続したとみなされます。
また子供たちは残りの1/2である2000万円を人数で割った金額の負債を相続したとみなされます。
債権者(お金を貸した人)は、この相続割合に基づき、相続人に返済を請求することができるのです。

プラスの財産であれば、相続人同士で話し合ったように分割できますが、マイナスの財産はそうではない、ということになります。
もしマイナスの財産も自由に分割できるとした場合、お金を貸した側に都合が悪い事態になります。
例えば、資金力がないある一人の相続人に借金を意図的に相続させ、そのあとで借金を相続した人が自己破産をすれば、借金をもみ消すことができてしまいます。こういう事態になるとお金を貸した側が一方的に不利になることから、負債は法定相続割合で相続したとみなされることになっているのです。

相続財産に負債が含まれる場合は、この点に注意が必要です。
相続人間での協議で、ある相続人が負債を相続しないと決めても、その人は借金の返済を免れたことにはならないのです。

こういった相続における認識違いにより、あとあと借金返済のトラブルにならないためにも、可能であれば遺産分割前に負債は解消しておくことが望ましいでしょう。
先に負債を解消してから、残りの残額を遺産分割協議をするのも一つの方法ですね。
もちろん、限定承認や放棄も、選択の一つです。

皆様におかれましても、相続財産に負債がある場合には、十分に注意の上、遺産分割を行ってほしいと思います。
相続について誰かに説明したりアドバイスをする場合にも、参考にしてください。

なお、以上の内容は概略であり、負債の相続に関するポイントは他にもたくさんあります。
負債の相続に関するルールや実務上の対応方法は、なかなか奥が深いものです。
ここではすべて説明しきれませんので、負債相続に詳しくなりたい方は、相続に関する専門書で学習するなどしてみてくださいね。
より一層の学びが得られますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2016/12/11(日) 第7回 将来の教育費をもっと正確に見積もる方法

【姉妹サイト「ライフプランソフト活用勉強会」より】
●2016/12/11(日) 老後資金のチェックと、適切な生命保険の検討方法を学ぼう

※2つの勉強会ともに、同じ会場で時間を前後しての開催です。

・FP6分野の知識を、より実践的に活用していく知識・体験を得たい
・FP知識と技能を活かし、家族・知人・お客様の悩みを解決していきたい
・FPに関連した人脈を広げたい

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。
皆様のご参加を、お待ちしています!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/life-plan/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈与・相続・事業承継