2016年07月01日

確定拠出年金の掛金が「社会保険料控除」になり、より節税の幅が広がってほしい

みなさま、こんにちは。
FPスキル活用勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

確定拠出年金の制度改正があり、2017年1月から専業主婦や公務員の方が加入できるようになりました。
確定拠出年金は、将来の年金を自分で積み立てるという制度であり、その活用が期待されています。

確定拠出年金には、「掛金が全額所得控除になる」という特徴があります。
払う税金額が少なくなる効果もあるので、積極的に利用すべき、と説明するFPも多いです。

 
ところで、2017年1月から確定拠出年金に加入できる専業主婦は、この所得控除の恩恵を受けることができません。
なぜなら、確定拠出年金の掛金は、それを拠出した本人の所得からしか差し引くことができないからです。
夫が妻のかわりに掛け金を払っても、所得控除の恩恵を受けられないのです。

 
一方で、老後年金の代表である国民年金の保険料は、「生計を一にする者」が支払えば、その人が所得控除の恩恵を受けられます。
つまり、自分以外の人の保険料の支払いによっても、総所得を減らすことができるのです。
しかし確定拠出年金は、同じように生計を一にする者が支払っても、所得控除の恩恵を受けることができません。

 
もう少し専門的な観点て説明すると、この2つは所得控除の種類が異なるのです。
国民年金の保険料は「社会保険料控除」の対象です。社会保険料控除であると、保険料を支払うべき本人に限らず、生計一の人であっても、保険料を支払い額に対して所得控除を適用することができます。
一方、本題の確定拠出年金は「小規模企業共済等掛金控除」という所得控除の種類になります。これは、保険料を支払うべき本人が支払った場合に限って、所得控除が認められるのです。

実は「社会保険料控除」と「小規模企業共済等掛金控除」の違いには、生計一の人の支払いを控除の対象にできるかできないか、くらいの差しかありません。
なので、家族で将来の老後資金を確保するという趣旨であれば、ぜひ確定拠出年金の掛金は「社会保険料控除」にして、生計一の人が掛け金を払っても所得控除できるようになってほしいと思います。

そのように、将来に税制改正が行われることを、期待しています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回の開催日時、場所が正式に決まりましたら、こちらでご案内いたします。
次回のご案内まで、しばらくお待ちください。


【姉妹サイトの勉強会のご案内】
FPも使っているライフプランソフトに関する勉強会を、下記日程で開催します。
●2016/7/9(土) ライフプランソフトで、将来の家計分析・家計改善をしてみよう
家計分析・キャッシュフロー表作成を簡単に行えるソフトを活用する方法について学びます。
内容の詳細と参加申し込みは、下記URLからお願いいたします。
http://financial-teacher.net/session/index.htm
 
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険