2018年12月11日

小規模企業共済の共済金と解約手当金の計算で使う数字は、実は約款に全部書いてある

本日は、小規模企業共済に関するお話です。

小規模企業共済に加入している方へのライフプランニングでは、次のような質問を受けることが多くあると思います。

・将来どれだけの共済金が支払われるのか知りたい。例えば、20年間掛金を払って個人事業を終了したときにいくら戻ってくるのか
・解約したときにはどれくらいの金額が返ってくるのか知りたい。例えば、10年間加入したが解約したい、いくら返ってくるのか

小規模企業共済のサイトでは、ある特定の掛金と加入期間における共済金(解約手当金)は例示されています。
しかしこれ以外のケースでは、その例示と異なる返戻率となることが説明されているので、自分の場合はいったいいくらのお金を受け取れるのかが、はっきりとわかりません。

ですので事業者からのFP相談の現場でも、小規模企業共済のサイトを参考にして、おおよその金額を見積もって(想像して?)回答されていると思います。

 
しかし実は、小規模企業共済に加入するときに配布される約款に、加入期間に応じた掛金500円当たりの共済金・解約手当金の額が一覧表として記載されているのです。

この数値を使うと、かなり精度高く戻ってくる金額を計算できます。
興味ある方は、下記URLから、約款をご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/customer/forms/index.html

掛金を一度も変更しなかった場合は、単純に「この約款の金額×月額掛金額÷500」で計算することができます。

一方で掛け金を途中で変更した場合は、もう少し複雑な計算式を使うことになりますが、この約款の数値を使って見積もることはできます。
(今回はそこまでは触れませんが、過去にこちらでその計算の仕組みをお知らせしたことがあります。覚えていますでしょうか・・・・)

金額の目安を、かなり具体的に計算できる資料が存在するということは、知っておくと役に立ちますよ!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
税や社会保険などFP6分野にわたる制度改正を、広く深く学べる内容です。
時代に合った提案ができ、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
グループワークや相談シミュレーションの形式も採用し、皆さんで楽しく
議論しながら、老後生活に関するFP提案スキルを高められる内容です。


<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■12/16(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■12/22(土) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2018年12月09日

12/16(日)FP6分野の新制度&制度改正勉強会の参加申込者に、当日の案内メールをお送りしています

以前からのお知らせの通り、12/16(日)にFPスキル実践活用勉強会にて、
・FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
というテーマで、勉強会を開催します。


この勉強会に参加申し込みをされた方に、当日の案内メールをお送りしました。

申込みされた方は、案内メールのご確認をお願いします。

 
■もし、案内メールが届いていないという場合は

申込直後に参加を受け付けた旨の自動送信メールを受け取っていれば、参加申し込みは受理されています。
当日の最新情報は下記ページでご案内しておりますので、ご確認のうえ当日は気を付けてお越しください。
https://money-study.net/schedule.htm

自動送信メールも受け取れていない場合は、お手数ですが下記お問い合わせのページより、お知らせ下さい。
https://money-study.net/contact.htm

 
勉強会当日は、集まった皆さんで、楽しく学べる雰囲気で進めていきます。
有意義な勉強会にいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!

なお、定員までまだ余裕はあります。
参加希望の方は、下記案内をご参照の上、どうぞお申し込み下さい。
皆様のお越しを、お待ちしております!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
税や社会保険などFP6分野にわたる制度改正を、広く深く学べる内容です。
時代に合った提案ができ、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
グループワークや相談シミュレーションの形式も採用し、皆さんで楽しく
議論しながら、老後生活に関するFP提案スキルを高められる内容です。


<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■12/16(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■12/22(土) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2018年12月08日

証券会社でラップ口座の利用が伸びている、というお話

先日、報道されていたのですが、ここ1,2年で、証券会社が手掛けるラップ口座の預かり資産残高が、伸びているとのことです。

証券業界はこれまで、金融商品を顧客に販売したときの手数料を主な収益源としていました。
これだと、金融商品を回転売買させれば手数料を稼ぐことができます。
株価が上昇しているときも、下落しているときも、その時流に合った理由とともに金融商品を紹介し、資産を組み替えてもらうことで手数料を稼ぐことができます。

しかしこの方法は最近、問題視されています。
というのも、回転売買によって顧客の資産から手数料がどんどん差し引かれていくので、それが本当に顧客本位のビジネスなのか、という見方が広がってきているのです。

 
そういう背景もあってか、売買の頻度に関係なく、顧客の資産の一定額を報酬として、資産運用のアドバイスを行うビジネスモデルが普及を始めています。
冒頭で述べたラップ口座もその一つで、顧客のニーズに応じて金融商品をあっせんし、ポートフォリオを組んで投資を行ってもらい、その対価として資産額の1%や2%を報酬とするビジネスモデルです。

たとえ回転売買を行ったとしても、それによる手数料は顧客には発生しません。
また、顧客の資産額が増加すれば、それに応じて金融機関側の報酬も増えることになるため、顧客と金融機関が同じ目線で向き合うことができます。

このモデルを参考にして、資産運用ビジネスを行っているFPも増えていますね。
過去に当勉強会でも、このテーマを扱いました。
 

このラップ口座が伸びているというニュースが出たときには、注意してみるべき点があります。

ラップ口座の資産額が増加したという報道があった時、その要因が、
・ラップ口座の契約者数が増加したのか
・景気が良くなったために、顧客の資産価値が増加したのか
という点を見極めるべきだからです。

景気が良くなって株価が上がり、ラップ口座の預かり資産額が増えたのであれば、ラップ口座の人気が高まったわけではありませんから。
どれだけの人が利用しているのかを分析するときに、この視点を欠かさないようにしましょう。

今回のラップ口座が伸びているという報道によると、ラップ口座の契約件数そのものが伸びているとのことでした。
ということは、証券会社の中でも、手数料ビジネスからフィービジネスに移行する動きが大きくなっているのかもしれませんね。

 
とはいえ、そのフィーが毎年資産の2%だと「割高だな〜」と個人的には思います。
信託報酬とは別に、毎年2%、資産から差し引かれていくわけですから・・・。

一方で、皆さんが資産運用アドバイスをする側であれば、このフィーの割合をいくらにするかも重要な視点ですよね。
皆さんのFP活動の対価となるわけですから。
1%にしても2%にしても、お客様がメリットと感じられるサービスに仕上げられているかどうかに、かかっていると言えるでしょう。

これは、FP試験では学べない視点です。
事業者としての視点で、考えなければいけませんね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
税や社会保険などFP6分野にわたる制度改正を、広く深く学べる内容です。
時代に合った提案ができ、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
グループワークや相談シミュレーションの形式も採用し、皆さんで楽しく
議論しながら、老後生活に関するFP提案スキルを高められる内容です。


<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■12/16(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■12/22(土) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融資産運用・経済

2018年12月05日

12月はお金の制度改正の勉強会と、老後の資産取り崩しの勉強会を開催します

本日は、12月度の勉強会のご案内になります。

12/16(日)に、下記テーマで勉強会を開催します。
・FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

毎年変化する税や社会保険制度を正しく理解することで、FPとして時代に合った提案や情報提供ができます。
そこで今回は、FP6分野にわたって最新の改正事項を学ぶのですが、他でも開催されている税制改正セミナーよりも、広く深く改正事項を学べる内容としています。
一線で活躍するFPほど求められる知識です。この勉強会で、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

 
12/20(木)は、久しぶりの平日開催となりますが、下記の勉強会を開催します。
・顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編

老後生活を迎えるお客様に対して、それまで蓄えてきた貯蓄をどのようにして取り崩して生活をしていけばよいか、という提案内容について学ぶ内容です。
グループワークや相談シミュレーションの形式も採用し、皆さんで楽しく議論しながら、提案の引き出しを増やしていけます。多様な相談に乗れるよう、FPスキルを高めていきましょう!

 
12月に開催する上記の勉強会は、ただ今参加申し込みを受け付け中です。
各勉強会の詳細と参加申し込みは、下記公式サイトからお願いいたします。
https://money-study.net/schedule.htm

今月も、多くの方のご参加をお待ちしております。
皆さんにお会いできるのを、楽しみにしています!!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
税や社会保険などFP6分野にわたる制度改正を、広く深く学べる内容です。
時代に合った提案ができ、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
グループワークや相談シミュレーションの形式も採用し、皆さんで楽しく
議論しながら、老後生活に関するFP提案スキルを高められる内容です。


<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■12/16(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■12/22(土) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2018年12月03日

保険と相続・事業承継のニーズが増えていく?

ここ最近は、保険会社から銀行へ出向する人が増えているそうです。

出向者を受け入れる金融機関の目的は、法人向け保険の販売を強化するため。
お金を貸すだけでは収益を上げづらいため、節税や相続のコンサルで収益を上げようとしているようです。

ただ、経営者相手の場合は、保険単独のトークでビジネスを成立させることは難しく、財務や事業承継に関する知識も必要になっていきます。

この領域で活躍するためには、幅広い領域でお金のことを学べるFP資格は役に立つかもしれませんね。
2級じゃなくて、1級やCFPレベルの知識まで必要には場面も、ありますから。

これから先、相続や事業承継の案件は増えていきそうです。
相続や事業承継に強いと、今後に活躍の幅が広がるかもしれませんね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
税や社会保険などFP6分野にわたる制度改正を、広く深く学べる内容です。
時代に合った提案ができ、お客様に価値を提供できるFPを目指しましょう!

■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
グループワークや相談シミュレーションの形式も採用し、皆さんで楽しく
議論しながら、老後生活に関するFP提案スキルを高められる内容です。


<FP資格取得の姉妹勉強会 ご案内>
■12/16(日) FP1級新制度&制度改正 徹底対策勉強会(CFP試験対応)
■12/22(土) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1月予定 FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈与・相続・事業承継