2018年09月20日

3年に1度発表される保険調査データ「生命保険に関する全国実態調査」が発表されました

保険に関する調査データとして有名(?)な、「生命保険に関する全国実態調査」の最新版が、先日発表されました。
3年に1度行われている調査で、今回は約4000世帯に対して調査を行っています。
保険の加入状況、支払っている保険料、どこで(誰から)契約したか、満足度はどうか、など多岐にわたっての調査結果がまとめられています。

保険の必要性を説明したり、世間一般的にはどんな保険に加入しているのかを説明するときなど、保険マーケットを説明するときに、引用されることが多いですね。

この調査データは、生命保険文化センターから発表されています。
生命保険文化センターが発表した調査結果の概略を、下記に引用します。

============================
・生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率は88.7%と前回調査とほぼ同水準
・若年層(29歳以下)の民保の世帯加入率は72.2%と前回調査から8.4ポイント増加
・医療保険の加入率は88.5%、生活障害・就業不能保障保険(今回新たに調査を実施)の加入率は12.0%
・世帯の普通死亡保険金額は平均2,255万円であり、引き続き低下傾向
・世帯年間払込保険料は平均38.2万円と前回調査とほぼ同水準
・保険加入時の情報入手経路は生命保険会社の営業職員が最も多く46.5%、保険代理店やファイナンシャル・プランナーなどは増加傾向
・実際の加入経路(加入チャネル)は生命保険会社の営業職員が53.7%、次いで保険代理店が17.8%
・直近加入契約(民保)の加入目的は「老後の生活資金のため」が10.8%と前回調査から3.1ポイント増加
・今後増やしたい生活保障準備項目は、「世帯主の老後の生活資金の準備」が27.1%、「配偶者の老後の生活資金の準備」が25.1%と上位を占める
・個人年金保険の給付開始年齢は後ろ倒し
============================

私も一通り目を通しました。
この3年で、顕著な特徴がある印象は持ちませんでした。
ただ、10年20年という期間にわたって、少しずつ保険に対する変化が読み取れるました。

以上は概略ですが、調査データ自体は、下記のURLからダウンロードできます。
http://www.jili.or.jp/research/report/zenkokujittai.html

100ページ以上の、ボリューム感満載の資料です(笑)
FPとして、いろいろな気付きがあると思いますし、これを読んで「ピンとくる」ものは、FPによって異なると思います。
ご興味ある方は、読み込んでみて下さいね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・リスク管理

2018年09月18日

年金受給開始が70歳になるのかも、と思った最近のニュース

ちょっとドキッとするタイトルですが、最近の報道を見てそう思ったのです。

まず、確定拠出年金の掛金を原則65歳までに延長する案が出ています。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34791290Q8A830C1MM8000/

現在の確定拠出年金は原則として、60歳までしか掛金を拠出できず、受給も60歳からです。
確定拠出年金を受け取れる年齢を、さらに後ろに倒す案なので、早期に年金をもらえる制度がなくなることになります。
65歳まで働くのが当たり前、がさらに推進される環境になりそうですね。


さらに別の報道で、70歳まで働きたい人は働けるように義務付ける、という案も発表されています。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018090501002095.html

もし70歳まで働けるのが当たり前になったら、いよいよ老齢年金の受給も70歳開始からになるのでは・・・と思ったのです。

老齢年金の受給開始をいきなり70歳にしても、「70歳までの収入はどうするんだ」という問題があります。
しかし70歳まで収入があるのが当たり前になれば、老齢年金を70歳から受け取るルールにしても大丈夫という方向に、話を持っていきやすいですよね。

受給年齢を引き上げても大丈夫な土壌が、徐々に出来上がりつつあるように感じた報道でした。
以上の制度改正はまだ決まったわけではなく、今時点では一つの案にすぎません。
でもライフプランを描くうえでは、年金は70歳から受け取れるという前提が重要になりそうだと、感じました。

皆さんは、いかがお考えでしょうか?
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金・社会保険

2018年09月17日

マネー・FP・ライフプランをテーマにした勉強会・メールマガジンのご案内

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

私のほうでは、マネー・FP・ライフプランに関する複数の勉強会とメールマガジンを運営しています。
皆様にとって、お金に関する専門的な情報を得られるきっかけになればと思い、これらの勉強会・メールマガジンのご案内をさせていただきます。

※定期的にこのご案内を配信しています。
※複数のメールマガジンをご登録されている方には、重複してこのご案内が配信されますことを、ご了承ください。

 

■FP技能士3級2級合格勉強会

ファイナンシャルプランナー(FP)の国家資格であるFP3級と2級を対象として、受験される皆さんの合格を応援している勉強会です。
ホームページとメールマガジンで、合格のための勉強法、FP試験の過去問解説などを、全国の受験者に情報提供しています。
さらに、合格を目指す人たちが会場に集まって合格ガイダンス会や、試験直前対策の勉強会も開催しています。
職業FPの話題など情報交換もしながら、みんなで楽しく学べるのが特長です。
資格取得後にも役立てられる知識が得られる、試験対策の勉強会です。
まわりにFP試験の受験者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください。

公式サイト:https://money-study.net/fp/
メールマガジン:https://money-study.net/fp/info/mail-magazine.htm

 

■FPスキル実践活用勉強会

FP試験で学んだ知識を実生活やお仕事で活用し、ご家族・友人・お客様のお金の課題解決に役立てることがテーマの勉強会です。
住宅ローン(住宅購入)、投資&貯蓄、保険、老後年金、相続、節税、日々の家計改善など、お金に関して多岐にわたるテーマを扱っています。
FP相談実務・FPビジネスに関する内容もたくさん取り扱っています。
事例を使った相談シミュレーションや、グループワークなども取り入れ、「みんなで楽しく学べる」雰囲気で運営しています。

知識の詰込みである試験対策とは異なり、知識を発揮して身近な人・社会に役立てていくことに重きを置いています。
FP資格合格後の次のステップに、ふさわしい勉強会ですよ!

公式サイト:https://money-study.net/life-plan/
メールマガジン:https://money-study.net/life-plan/info/mail-magazine.htm

 

■FP技能士1級合格勉強会

最上級のFP国家資格である、FP技能士1級の合格をテーマにした勉強会です。
公式サイトとメールマガジンで、合格に役立つ情報を提供しています。
メールマガジンでは、1級試験の通信添削企画も行っています。
さらに、1級学科試験の合格者の体験談を聞ける合格ガイダンス会や、試験直前の対策勉強会も開催しています。
FP1級に特化した特長ある内容なので、合格を目指す方はぜひお越しください!

なお、1級試験の出題内容であっても、
・実生活・FP業務の観点が含まれる話題は、FPスキル実践活用勉強会で
・それ以外の、純粋な試験対策となる話題は、このFP技能士1級合格勉強会で
と情報配信を分けております。
したがって、FP1級を目指す方は、この両方の勉強会への参加、メールマガジンへのご登録をお勧めいたします。

公式サイト:https://money-study.net/1fp/
メールマガジン:https://money-study.net/1fp/info/mail-magazine.htm

 

■FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト
「家計シミュレーションソフト」「ライフプランニングソフト」とも呼ばれているソフトです。
世間の平均年収や平均支出額を当てはめるのではなく、一人一人の収入・支出・人生設計を的確に考慮して、将来の収支や貯蓄額を計算できます。
家計の分析結果をまとめたレポートや、複雑なキャッシュフロー表も簡単に作れ、他の類似のソフト・サイトより高精度にシミュレーションできます。
フリーソフトなので、誰でも無料で利用できます(FP業務利用も無料です)
多くのFPの要望・ノウハウを取り込み、毎週バージョンアップしています。

公式サイト:https://financial-teacher.net/

 

以上が、お金・FP・ライフプランに関する勉強会・メールマガジンです。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひメールマガジンのご登録、勉強会へのご参加を、よろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPに関連する勉強会

2018年09月15日

「電力を20%減らそう」の難しさは「支出を20%減らそう」と似ている

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

先日の北海道の地震で、電力供給の点でも被害が出ています。
火力発電所が稼働できないことで、北海道の全域に十分な電力を供給できていません。
そこで北海道地域の方に「20%の節電を」と呼びかけています。
20%の節電ができれば、電力消費のピーク時にも何とか電力を供給し続けられるからです。

ところで、「電力を20%削減」と言われて、皆さんは自分の家庭の消費電力を20%減らすことを、確実に実行できるでしょうか?
電気機器の使用時間を減らしたり、一部の照明をOFFのままにしたり、待機電力を減らすためにコンセントから抜いたり、といったことをして対応すると思います。
しかし、本当に20%削減できたのかどうかは、確認のしようがないですよね。
「たぶん2割くらい減ってるだろう」という気分・感覚で判断するしかないでしょう。

 
これは、FPの方が家計相談で「支出を2割減らしましょう」と言って、なかなか簡単には実現できないのと似ていますね。
なぜできないかといえば、何にどれだけ支出しているかを、数値で把握できていないからです。

外食を控える、おしゃれをちょっと控える、無駄な会員制サービスを解約する、といったことで支出削減を実現しようとします。
しかし、それで本当に支出全体の2割を減らせているのか、不透明な場合も多いものです。

ですから、支出を2割減らすためには、まずは支出の内訳を理解することが欠かせません。
(家計簿をつけて、支出を見える化するのが第一歩ですね)
そのうえで、何をすればどれくらいの金額削減になるのか、という対策案を積み上げて、合計の節約金額が全支出の20%を超えることを確認し、以後はそれに沿って実行する(FPの方は実行支援)ことで、ようやく本当に支出の2割削減が実現できるわけです。

 
「電力を20%節電」もこれと同じです。
家庭内で、何にどれくらいの電力が消費されているのかを数値でつかんだ上で、節電策を検討し実行しないと、正しく実現ができません。
そのためのツールとして、コンセントに差し込んで使う電力測定機器が、最近は多くの店で売られています。
amazonで「消費電力 測定」と検索すれば、関連商品がたくさん見つかります。

ご自身の消費電力が気になった方は、利用してみて下さい。
消費電力量が正確にわかると、自分の節電策がただの思い込みだった、ということがたくさん発見できますよ。

 

消費電力と家計支出を例にとりましたが、見えないものを見えるようにすることは、正しく判断し行動するために必要です。
これは、節電や支出の削減以外にも、役に立つ発想ですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプラン・家計

2018年09月13日

FP試験合格者対象、FP試験テキストのカバー率調査プロジェクト、参加者募集中♪

姉妹サイトのFP技能士3級2級合格勉強会と、FP技能士1級合格勉強会で、日本初となるFP試験に関するプロジェクトを進行中です。

書店で売られているFP試験対策テキストの内容を調査し、過去問をどれくらいカバーできているか、また発売後の試験にどれくらい対応できていたかを調べて、今後のFP試験の受験生のために情報提供する、日本初のプロジェクトです。
過去にFP2級、またはFP1級学科試験に合格した方の中で、このプロジェクトにご参加いただける方を、募集中です。

参加費は無料ですし、ご協力いただいた方には、数か月間にわたってFPに関連する勉強会と懇親会の参加費が無料になる特典もあります。
数名の方に参加申し込みをいただきましたが、もう少し多くの方にご協力いただきたいため、引き続き参加者を募集中しています。

みんなで楽しみながら取り組める内容です。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加下さい!

プロジェクトの概要は、下記のとおりです。

 
=================
■プロジェクトの目的

書店で販売されている複数の試験対策テキストが、実際の試験問題をどれくらいカバーできているかを調査し、調査結果を当サイトで発表します。
対象となる試験は、FP2級試験と、FP1級学科試験のテキストです。
テキストには、多くの問題に解答できるだけの記述がある(=試験カバー率が高い)のが望ましいのですが、これからFP試験を受験する立場の方にはそのカバー率を知ることは極めて困難です。

みなさんも受験生だったときは、そうでしたよね。
だからこそ、試験に合格した皆さんの力を集めて、その有益な情報をお届けしていくために、このプロジェクトを行います。

 
■試験に対するカバー度合い(カバー率)を指標とした理由

1.試験合格に直結する指標だから
カバー率は、当勉強会でも重要な要素と考えています。
なぜなら、試験で出題される内容が書かれていなければ、結局受験生はその知識を学べず、試験本番で失点する確率が高くなってしまうからです。

2.複数のテキストを統一的に調査されたことがない
テキストの中には、カバー率●●%とか合格点カバー率●●%など、独自の評価方式で自書を魅力的にみせているものがあります。
しかし、一部の問題を除外して測定したり、選択肢を絞り込めない状況を点数化するなど、真に受験者にとって意味のある数値とは言えません。
また、統一的な指標で比較されていないので、受験生は複数テキストの優劣を客観的に比較できません。
ですから、皆さんのFPスキルを集めてこれを初めて実施し、FP受験の世界に有益なコンテンツを一緒に作っていきましょう!

 
■本プロジェクト参加者にお願いする業務内容

1.実際の試験問題の、選択肢一つずつに対して、テキストに記述があるかどうかをチェックしていきます。
対象とするテキストは、今年5月以降に発売された最新版のテキスト(2018年〜2019年/平成30年〜31年、と書かれたものが該当)とします。皆さんが所有するテキストを調査対象とします。
これを、複数の担当者に分かれて調査していきます。

2.自分なりのテキスト活用法、自分が使ったテキストの良かった点・悪かった点、受験で苦労した体験談などをざっくばらんに語りあいます。
せっかくの機会ですから、集まったみんなで懇親会のように楽しく進めていきましょう!
このトークの中で飛び出した皆さんの体験やアドバイスを、のちに記事にして当サイトに掲載します。
これも、以後のFP受験生のお役に立てるコンテンツとなります。

 
■参加応募の要件

後述の公式サイトにてご確認ください。

 
■本プロジェクトへの参加特典

下記のすべての勉強会において、半年以上の期間、無料で参加できる権利を参加特典とします。
・FPスキル実践活用勉強会
・FP技能士1級合格勉強会
・FP技能士3級2級合格勉強会

FPスキル実践活用勉強会では、FPとして活動していくときに役立つ学び・FP資格取得後に学んだ知識を応用する学びが、無料で得られますよ。
FP1級を目指すときの勉強会にも、無料で参加できます。
さらに、これらの勉強会後の懇親会にも、無料で参加することができます。
=================

 

以上が本プロジェクトの概要となります。
詳細なご案内と参加申込は、下記公式サイトからよろしくお願いいたします。

・FP1級テキストのカバー率を調査し、受験生に役立つ情報を提供しようプロジェクト
https://money-study.net/1fp/session/18/text-cover18.htm

・FP2級テキストのカバー率を調査し、受験生に役立つ情報を提供しようプロジェクト
https://money-study.net/fp/session/17/text-cover18.htm

※FP1級試験に対応できそうな方は、FP1級のプロジェクトのほうへご協力をお願いいたします。


それでは、皆様のご参加をお待ちしています!

ご質問等ございましたら、下記お問い合わせのページより、お気軽にご連絡下さい。
https://money-study.net/contact.htm
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/21(日) 家計シミュレーションソフトで家計と保険の見直しをやってみよう
一人一人の家計や人生設計を考慮し、家計の改善と適切な保険を選ぶ方法を
無料のFP向け専用ソフトを使いながら分かりやすく学びます。

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
若者向け金融教育を体験しながら実施のコツを学べます。それを真似すれば、
あなたも金融教育を自信をもって実施できるようになりますよ!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。
posted by FPスキル実践活用勉強会スタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士試験関連